gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

【告知】仕事を辞められないと思っていた私が専業主婦になって早3年。

スポンサーリンク

ぐずる0歳の次男をあやしながら、おやつをほおばる2歳の長男と一緒にバス停でバスを待っていた時。

50~60代位のおばちゃまが私に相反する2つの言葉をかけました。

 

「お母さんも今が大変な時期やねぇ」

「今が一番幸せだねぇ」

 

矛盾して見える2つの言葉。

 

それでも今の私は「ほんとそうですね」と心から思えた。

 

2015年の秋に退職して専業主婦になり…。

気がつけば早3年が経っていた。

 

 

【告知】ワーママを離脱組対談!専業主婦になった今、本音を語ります

対談相手は、同じくはてなブロガーで明日も暮らす。の梅つま子ちゃん。

当ブログにもちょこちょこ出てきていますが、つま子ちゃんとの付き合いもかれこれ1年になりました。

 

正直な話。

ここまで仕事への価値観が合う人と出会ったことがないです。

 

私と同じ時期に第1子を迎え、第2子の妊娠期間にトラブルを抱え、また同じ時期に第2子を迎えた。

 

さらに一番の共通点と言えば、私たちが「仕事にやりがいや未来を描きながらも、退職してワーママを離脱し、専業主婦をしているっと言う点」です。

 

そんな積もる話を今回は「対談」と言う形で赤裸々にお話しできたらいいなと思います。

f:id:gu-gu-life:20181202203449j:plain

 

 

対談に向かう私の気持ちは「専業主婦でよかった」で終わりたくはない

私はね。

専業主婦になることを絶対無理だと思っていたんです。

家計的にも、性格的にも。

想像ができなかった。

 

だから、急に専業主婦になった当初は「いったいどうなってしまうんだろう?」って不安な気持ちがすごーーくあった。

 

でも気がつけば今の生活は楽しい。

 

「無理だと思っていたことが1つ1つクリアになっていく」

「ただの趣味だったブログが形を変えて私の人生を広げてくれた」

「気がつけば、自宅で保育することも3年の月日が流れ、ありがたいことに3人目の子を迎えることができた」

 

そんな3年でした。

 

だから仕事を辞めることは挫折でもあったけれど、決して悪いことばかりではなかったと思っています。

 

 

でもね。

「ワーママを離脱して人生ハッピー」では終わりたくないとも思っています。

私の母は共働きで定年まで同じ仕事を勤め上げてきました。

私は母の仕事を、そして仕事をする母を尊敬している。

 

 

そんな私だから、決して専業主婦でよかったとは一概には言えないと思っています。

 

「人生における選択」の答え合わせを「今」することは難しいと思っています。

だから、今、仕事を続ける判断をしているお母さんの邪魔をしたくはないし、前を向いている限り、応援したいのです。

 

そんな気持ちで、つま子ちゃんとお話しています。

 

 

つま子ちゃんからの質問だけ先に置いておきます

1.やっぱり辞めるって大きな決断だと思うんだけど、それを決意した具体的な出来事があった?何きっかけで決意した?

 

2.2馬力が1馬力になるわけで。保育園も退園になるわけで。自分ひとりのことではないと思うんだけど、家族の反応はどうだった?反対された?それとも賛成?

 

3.がっちゃんは優秀な社員だったと思うのよ。がっちゃんが辞めるって言って、上司や同僚など、職場の反応はどうだった?引き留められなかった?


4.ぶっちゃけ、世帯収入が激減するわけじゃない?どう乗り越えた??

 

5.それでもわれわれ、「お金」じゃないものを選んだんだよね。
ぶっちゃけ、これって、費用対効果のある選択だったのかなあ。(そうやって考えること自体、間違ってるのかもしれないけど、あえて考えてみたいよ)

 

うんうん。

私だって他のお母さんたちにこの質問ぶつけてみたいよ!!

みんなどう歩んできて何を思っていたのかな。

一筋縄じゃないよね。 

 

「大変な毎日だけれど、今とっても幸せだ」と思える私の理由。

色々語らせてもらっております。

 

私の話ばかりになってしまうのですが…

明日、またお時間ある時にのぞいてくださいな。

ではまた明日ここで。

 

つま子ちゃんブログでも絶賛告知中です。

告知だけで終わらない記事なので、良かったらこちらも覗いてみてくださいね。

ワーママ辞めるつもりのなかった私が、専業主婦になった。想定外だったけど、今が幸せだと思える理由。

 

 

続きを読む ※こちらは明日公開予定です

>>【対談】ワーママ離脱組の本音~「仕事辞められない!!」と思っていた私が専業主婦になって~