gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

小学校入学準備。子供と親にとっての子供部屋の役割とあり方について。

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

わが家の長女も4月からいよいよ小学生になります。

家の整理をする前に、子供部屋の役割について考えて見ました。

 

しかし、1人で考えるよりも、ここはいつもの彼女と一緒に考えてみたいと思います。

 

がっちゃん

お〜い!つ〜ま〜ちゃ〜ん!!

 

つま子

はーあーいー!

 

ということで、「明日も暮らす。」 の梅つま子ちゃんと久しぶりの共同記事です。

 

f:id:gu-gu-life:20191121211458j:plain

 

つま子ちゃんは、かつてはワーママであったものの、第2子妊娠中に体調を崩し退職。

専業主婦としてシンプルライフを目指す中で、生理カップに出会い、現在はインテグロさんのアンバサダーとして生理カップを広く知ってもらう活動をしています。 

 

かつて何度か対談記事をやっていますが、「意図せず専業主婦になったものの、自分の人生のあり方」についてお互いもがき続ける仲間として、同じベクトルで話せる相手です。 

 

▶︎【対談】ワーママ離脱組の本音~「仕事辞められない!!」と思っていた私が専業主婦になって~ - gu-gu-life

▶︎「しょぼい起業で生きていく」は専業主婦にも当てはまる。起業も経営ももはやもっと簡単でいい。 - gu-gu-life

 

私たちは、お互いの人生を重きに生活を考える習性があります。

だからこそ、「どっぷり育児に専念しきれない主婦族」だったりします。

 

そんな私達ですが、4月から第1子が小学校入学を控えています。

そこで

 

・子供部屋の役割ってなんだろう?

・自分の家にその考えを落とし込むとどうなる?

 

を考えてみました。

 

その中で、まずは子供部屋の役割について9この質問に答えることで、お互いの子供部屋への考え方を整理しました。

  

 

 

子供部屋の役割を考えるための9この質問

 

 

①そもそも子ども部屋って必要?

②親が考える子ども部屋の役割って何?

③自分たちの小学校入学のとき、実家ではどういう対応だったか?

④実家でのやり方や自分の親の方針を、自分も子どもにしたいと思うか?

⑤下の子どもの進学時にも、上の子同様にしたいと思うか?

⑥下の子どもの進学時、上の子と変えてもいいと思うか?

⑦子どものために、我慢したいこと(譲ってもいいと思えること)はあるか?

⑧子どものためでも、我慢したくないこと(譲れないこと)はあるか?

⑨我が家にとっての子ども部屋とは?

 

もし良かったら、皆さんも「自分の家ならどうだろう?」と考えながら読んでみてくださいね。

 

それでは、対談スタートです。

 

*以下、「が:」はがっちゃんの発言、「つ:」はつまちゃんの発言です。

 

 

①そもそも子供部屋って必要ですか?

が:「いずれは必要だと思うし、そのスペースを確保しておきたい」と私は思ってる。

長女はすごく欲しがってるのよ。

春くらいからずっと自分の部屋を意識してて、ニトリに行っても学習机やベッドを見ては触ったり座ったりしてる・・・。

でも、長女の様子を見ていると、わたしとしては「今」はまだ早いかなぁって思ったりもしてる。

 

つ:物理的に荷物を分けたいっていうのもあるよね。娘ちゃん、自分だけの部屋にあこがれてるんだね。

 

が:そうそう。

我が家は3人きょうだいで、長女は一番上の子。

下2人は男の子で、成長面でも趣味の面でも、相容れない部分もあるのよね。

f:id:gu-gu-life:20191126081314j:plain

できれば、性別で部屋を分けることができればいいなと私個人としては思ってる。

 

あと、幼稚園のお友達のお話とか聞いてるから、憧ればかりが広がっている感じもあるね。

 

つ:お友達からの影響もあるね。習い事とかと一緒でね。親が思っているよりも一歩も二歩も先を行っているのかもしれないなあ。

 

 

が:うん、そうだね。

「子供部屋は、今すぐには必要ないけれど、いずれ必要。特に長女には個室があればいいな。」それが私の思いかな。 

 

 

②親が考える子供部屋の役割って何?

が:子供の生活の場であり、アイデンティティを成形する練習の場だと思ってる。

 

まずは子供が子供部屋で、ある程度の生活を完結させる力を持って過ごす場であってほしいし、それを身につける場所であってほしいと思ってる。

 

今の長女は「子供部屋は遊ぶ場所」って思ってて、もちろんそれで正解だと思うの。

でも単に遊ぶだけでなく、「安全に遊び、片付けまで行うことを学ぶ場」でもあってほしいと思ってるよ。

 

今も、ほぼこのバイキング式の収納でやっているよ。

www.gu-gu-life.com

このバイキング式は2階の子供部屋だからこその「安全性」と「遊びやすさと片付けやすさ」を考えた配置しにしてるよ。

 

でもまだ寝るのもまだみんなと一緒がいいし、自ずと着替えもリビングだしね。

 

つ:結局はまださびしくて、みんなのいる空間にいたがるよね!

 

が:そうなのー!子供部屋は子どもたちの生活の一部が移行していくための棚卸しのスペースだと思うのね。

 

例えば着替えをする、布団の上げ下げも込みで子供だけで寝るようになる、お友達が来たときに一緒に遊ぶ、とかね。

 

唯一該当するのは「お友達が来たときに一緒に遊ぶ」くらいかな。

だから、そのために独立したスペースを設けるのはちょっと難しいなぁ・・・。管理の面でも。

 

つ:そのときだけのためなのに個室を用意するのはすごく効率が悪いもんね。せっかくなら有効に使いたいよね。

 

が:ほんと!お友達が来てくれるのも、年に何回かしかないからね。

 

つ:カーテンとか仕切りとかを使って、「そのときだけの個室」でしのげるものならしのぎたい

 

が:うんうん。あと、「自分の好きを選ぶ場所」っていう意味でも、いずれ個室化は大事だと思ってる。

長女は今、その日に着る服や新しく買う服は自分で選ぶようにしてるんだけど、そういう自分で自分の好きを選ぶことって、部屋作りにもつながるかもしれないね。

 

私自身小学生の頃はキャラクターが好きだったけれど今はシンプルが好き!自分の好きを見つけられることの方が大事だなと思います。

 引用:小学生のおかたづけ育 子どもも私もラクになる暮らしのヒント (OURHOME) [ Emi ]

 

確かに、今の私はあれこれ失敗や成功して今の「好き」がある。

 

「ここにこれ飾ってみようかな?」

「クッションはこの色にしようかな?」

f:id:gu-gu-life:20191126082633j:plain
 

と、長女にも好きなものを選ぶ楽しさを積み重ねられる場所が子供部屋であってほしいなとも思う!

是非ともリビングはご遠慮いただきたい笑

 

 

③自分たちの小学校入学のとき、実家ではどういう対応だったか?

が:私は兄と2才差の2人兄弟なのね。

私が小学校に入学したときに、3畳部屋に学習机を3つ並べて、寝るのは家族の寝室で寝てたよ。

私が3年生に上がるときに、兄と私に6畳の部屋がそれぞれもらえたよ。

すごく嬉しかったなぁ。

 

つ:うんうん。個室をもらえると、個人として認められた感じがするよね。

 

が:ホクホクしたよね〜気持ちも。だから長女が自分の子供部屋に憧れる気持ちもわかる!わかるけど〜笑

 

つ:自分が与えてもらっていたものを、子どもに与えられないかな~と思うとちょっと「ごめん!」って感じもやっぱりあるわ。部屋数って大事だったんだなあ…。

 

が:そうだね。大事だね。

そして部屋をどう仕切って、何をどう与えるかも大事なのかも。私は最初に兄と同じ部屋で机から与えてもらって、その次にベッドと机のある個室をもらったよ。そういう与え方はありだなぁって思う!

でも、これを我が家でやるのは3人きょうだいってのもあるし、部屋数も違うし、難しいな。

どうにか我が家に合う方法を模索したいな。 

 

 

④実家のやり方や自分の親の方針を、自分の子どもにもしたいと思うか?

が:少しずつ個室化していきたいけど・・・。

う〜ん。わが家の環境で現実的かと言われたら難しそう!

 

でも、できれば1人1つの部屋があればいいなと思う。

3学年差だし、遊びや生活のペースが結構上下で差が開くこともあるし。

 

我が家には子供用の部屋が2つ分しかないから、これはもう頭をひねるしかない状況です!!!爆

 

つ:うちもそうだよ。完全に独立した部屋はひとつしかない。知恵を出そう…!

 

が:リフォームの時には相談に乗ってよ♡

 

つ:おう!がんばってお金ためないとだな。一回リフォームの相談するのもいいのかもね。いざとなったらこういう手段がある、という引き出しを持っておくと心が楽になりそうだよ。

 

が:そか!それは言えてる。

あ、部屋とは少し違うけど、親がしてくれたことで継続したいことといえば、勉強する習慣は私が主導で整えられたらいいなと思うよ。

私が思う環境っていうのは「勉強時間の確保と習慣化」かな。 

 

人生は常に勉強、勉強です。

何か勉強しようと思った時に、机に向かう習慣や集中力があるのはとってもいい事だと大人になって実感しています。 

 

www.gu-gu-life.com

 

長女は小学生入学後にポピーを辞めようと思ってるから、最初は短い時間から始めて、宿題の量や集中力に合わせてゆっくり習慣化していければいいなと思ってる。

 

 

下の子どもの進学時にも、上の子同様にしたいと思うか?

が:私ずっと、「2人目にできないことは1人目にもしない」って決めて育児してきたのね。自分の肩の力を抜くためにも。

でも、結果、逆よね。

2人目にしてあげて、1人目にできてないこともたくさん出てきてる。

甘えさせてあげれるとか、おもちゃ買ってあげるとか、そんなことだけどさ。

f:id:gu-gu-life:20191017082749j:plain
 

個人の特徴による差はあるかもしれないけど、気持ちは全て一緒にしてあげたいと思ってる。

でもできない!って思ってるから、それはもう、その時々に考えることにしてる。

 

つ:うー、よくわかる。片方にやるくらいなら、両方にやらない、なんて意固地になったりしたこともあったわ…!

 

が:とりあえず、女子部屋と男子部屋では分けようと思う。

男子部屋・・・臭くなりそうだなぁ・・・。

 

つ:部室化待ったなし?!笑

  

が:それで言えば、最近は「IEBIYORI」のサチさんにひどく共感しているし、教科書のように拝読しています・・・。

特にこれ→子育て初期から子育て中期へ、わが家の子供部屋の変化は : IEbiyori 鹿児島 整理収納アドバイザー

 

つ:サチさんちも、「男の子部屋」だよね!男前インテリア取り入れていて憧れるー!

 

が:サチさんも、男部屋と女部屋で分けてて、お子さんが大きくなったのを機に男部屋がまたリニューアルしててさ。

きっと子供と一緒に子供部屋のあり方や姿も成長していくんだなぁって感慨深いよ。

 

そういえば、OUR HOME のEmiさんの「小学生のおかたづけ育」でも、個室化のタイミングにも触れてたな。

 

実はこのごろ娘がひとり部屋を欲しがっています。

ひとりで寝られるようになったら個室、と思ってはいるのですが、娘と息子のタイミングが違うようで悩ましいところ・・・。

引用:小学生のおかたづけ育 子どもも私もラクになる暮らしのヒント (OURHOME) [ Emi ]

 

子供によっても物事を進めるタイミングは変わりそうだね。

 

 

下の子どもの進学時、上の子と変えてもいいと思うか?

 

が:もっと力を抜いていいっていうことかな。

今は長女を一人で小学校まで行かせることで緊張しているけど、今度2人目が進学する時には、長女も一緒に手伝ってくれる。

都合がいいかもしれないけど、「上の子だから我慢していること」が、決してマイナスな面だけではなく、プラスにもなっていると信じて、それぞれのポジションから糧にしてほしい・・・。

あ、話が逸れた。

正直、まだ下の子の進学の時まで頭が追いついていない感じよ。

 

つ:うんうん。

いつも、上の子ばかりが割を食ってるわけじゃないはずだと私も思いたい。

 

が:下の子と呼ばれるポジションだって割りを食ってるし、どこかだけが極端に偏っているとは思えないなぁ・・・。

 

つ:そこはあまり気にしすぎてもしょうがないよね…。

 

が:下の子と上の子は必ずしも環境が一緒じゃないもんね。上の子は最初は1人で小学校に行くけど、下の子は上の子についていける。

なんでもそうだけど、近くに真似できる教科書があるから、下の子の時には自ずとやらなくていいことがありそう。

 

 

⑦子どものために、我慢したいこと(譲ってもいいと思えること)はあるか? 

が:最悪の場合、寝室を長女に譲ってもいいかなと思ってる。

大人はどこでも寝れるし、個室が必要なわけではないからね。

そうか、我慢してることは「プライベートスペース」かな!

自分のための時間はどれだけあっても足りないけれど、個室はそこまで必要としていないかもしれない。

 

つ:!!!それだ!

時間のほうが空間より大事だよね。

いや、空間も必要だけども…独立じゃなくてもいいかな。そこは子どもに譲れるな。

私、キッチンで寝てもいいよ。笑 

割と本気で。ワンルームならそうだもんね。

 

が:わかる!私リビングに寝袋敷いて寝たいもん。

 

つ:「寝室で寝なきゃいけない」とかさ、「子ども部屋をつくらなきゃいけない」というのも、思い込みなのかもしれないよね。もっと自由に!がっちゃんのブログの副題のように…!

 

 

⑧子どものためでも、我慢したくないこと(譲れないこと)はあるか? 

が:自分の時間、だね。

 

うちの子供ってたくさんのものに囲まれていると多分安心するんだね。

「もう使わないおもちゃはサヨナラしなよ」って言っても全然サヨナラしないしさ。

 

だから、子供部屋は必要なのかもしれない。

私も子供の頃、おもちゃっていくつあっても足りなかったし、使わないおもちゃもゴミではなかった。

 

そういう子供達が安心できるものを(無駄だとわかっていながらも)置いてあげることで、パーソナルスペースができて、自分の安心できる場所が作れるのかな。

もちろん、子供部屋であり、もっと大枠が家であると信じてるけどね。

 

でも今の私にとっては、それは逆。

ものよりも時間の方が大切なんだろうな。

自分を大切にしている時間を、きちんと区切って尊重されていたい。

f:id:gu-gu-life:20191126083448j:plain

早くても遅くてもマイペースに生きていきたい

 

あ、だからといって、家がめちゃくちゃになっては嫌だし、おしゃれな家ではありたいのよ。

いやね、強欲って笑

 

つ:それ聞いて、はっとしたんだけど、私、自分の時間を、子どものモノとトレードにしてる感じがあるんだ。

ほんとだったら、子どものモノも管理したいけど、そこまで徹底できないし、しなくてもいいとも感じてる。私もモノが好きだし。

それに、モノを与えることで、自分が少しラクになっている。モノへの甘え…というと言葉が悪いけど、信頼があるかな。

おもちゃに代わりに育児させているのか!って怒られちゃいそうだけども、そこまで極端なものではなくてね。

 

が:おぉ、また面白い話してるねぇ。

 

つ:その反面、うちは、ほうっておいたらおもちゃが増えすぎて、子どもが快適そうじゃなかった感じがしてる。

だからちょっとこの前、まとめて捨てたの。今もちょっとずつ捨ててる。

 

が:そうなんだ!少し前は「おもちゃは増やしても大丈夫」な感じだったから、またある種のターニングポイントがあったんだね。

子どもたちが快適そうじゃない感じって、どんな感じだった〜?

 

つ:少し前に、子ども部屋のおもちゃ、私が一人でちょっと片付けたのね。明らかに不要なものを取り除いたの。

そしたら娘が幼稚園から帰ってきて子ども部屋を見るなり、「うわあ、キレイ…!」って言ったの。

それを聞いたときに、「あ、やはり根本的な片付けは、私が舵をとるべきなんだ」と思ったんだ。

部屋がキレイになってきたら、部屋の使い方にも変化があってね。一回遊ぶごとの片付けがしやすくなってきた。以前は、遊んでも片付けなくて、おもちゃが至るところに散乱したままもとの場所に戻らなかったのにさ。

そんなことがあったから、子ども部屋であっても、今はまだ私が実権を握っていたいと思うようになった。もちろん、今後は段階的に子どもに委ねるとしても。

 

が:赤ちゃんから子供を見ているから、どうしても今の状態がすごくお姉さんに思えて、どこか期待の方が大きくなってしまうかも・・・。

ちょっとずつ、だね。

 

 

⑨がつ家が考える子供部屋とは?

が:子供の安心できる場所であり、子供の生活をサポートしてくれる場所。

 

お友達を呼んで遊べる場所

お気に入りの絵や写真を飾って自分の満足がいく表現ができる場所

規律を設けて毎日繰り返していく場所

 

子供と一緒に子供部屋を介して子供の生活を考え、より良い状態をアップデートしていきたいな

 

つ:そう考えると、子どもの成長のために必要なものだね。

 

 

つづきます

長らくのご清聴をありがとうごさいました。
 

次回は、今回の質問と回答を踏まえ、わが家ならどう入学準備を進めるか?を子供の動線を中心に落とし込んでいます。

 

 

そして今回同じ質問をつま子ちゃんも考えてくれています。

こちらから読めます。あわせて読んでいただけると嬉しいです。

www.tsumako.com

アイキャッチは研究しながらおしゃべりしてる私たちです!

 

 

★今回記事の中で紹介した本