gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

電動アシスト式自転車のパンク修理にかかった費用や時間

5歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

自動車の比べて家計に優しく、普通の自転車に比べて体に優しい電動アシスト自転車。

しかし、パンクは急にやってきます…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

わが家も、長女を幼稚園に送迎するバタバタした朝にパンクして修理に走りました。

f:id:gu-gu-life:20191017131909j:plain

 

今回は、同時期に自転車のタイヤがパンクした広く浅くまるく」のマルちゃんとコラボしています。

f:id:gu-gu-life:20191018130144j:plain

マルちゃんの修理方法はとっても画期的でした。

最後に載せていますので、ぜひご覧くださいね♪

 

 

電動アシスト自転車の修理

f:id:gu-gu-life:20191017180907j:plain

※あくまでも私がお世話になったお店の話です

 

電動アシスト自転車のパンク修理にかかった費用

電動アシスト自転車のパンクの修理は700円でした。

普通の自転車の場合は、500円で済むようです。

 

ちなみにパンクしている状態で自転車に乗るとさらに費用がかかります。

www.gu-gu-life.com

 

電動アシスト自転車のパンク修理にかかった時間

作業時間は30分ほどでしたが、すでに修理注文が立て込んでいたため、午前中丸っとかかってしまいました。

 

電動アシスト付き自転車のパンク対策

パンクを防ぐために自宅でやっておきたいことは…

  1. こまめな空気入れ(2〜3週間に1回)
  2. 空気が抜けやすくなったら虫ゴムの交換

 

①こまめな空気入れ

パンクの8割はタイヤの中のチューブ内の空気圧が下がり負荷がかかりることが原因だそうです。

f:id:gu-gu-life:20191018135228j:plain

最低でも月1回、2週間に1回は入れて欲しいとのことでした。

 

②虫ゴムの交換

空気を入れても空気が抜けやすくなったと感じた時に交換するのが虫ゴムです。

 

ダイソーでもパンク修理の簡易セットが販売されていました。

f:id:gu-gu-life:20191017131832j:plain

中には、虫ゴム2つ、タイヤレバー2つ、パッチラバー小丸2つ、パッチラバー楕円1つ、ゴムのり1つが入っていました。

実際にこのセットで虫ゴムを交換しましたが、簡単に交換することができました。

 

裏面を見る限り、電動アシスト自転車のパンク修理は流石に難しそうですが、むすゴム交換としてはコスパの良い商品だな〜と思います。

f:id:gu-gu-life:20191017131837j:plain

 

虫ゴムは劣化しやすく交換も簡単です。

空気が抜けやすいと感じた時は、まずは虫ゴムの交換から考えるのが良さそうです。

 

自転車屋さんに持って行けない時は?

広く浅くまるく」のマルちゃんは出張修理でパンクを直したようです。

 

その修理の内容や、費用、時間などを紹介してくれています。

www.nakanomaruko.com

電動アシスト自転車の修理は対応していない自転車屋さんもあります。

ネットで購入して、近場に修理先が見つからない時は良さそうですね♪

 

★合わせて読みたい電動アシスト自転車記事

家計に優しく電動アシスト自転車。実際、自動車と比べてどれくらいのコストダウンになっているのか?を自分の体験から集計してみました。

www.gu-gu-life.com