gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

月経カップの原点回帰「私たちの月経カップ」をユーザー歴2年の私が読んで気づくこと

がっちゃんです。

 

ブログをやっていると、はてなブログで繋がったブロガーさんが本を出したり雑誌に掲載されることを目にすることもありまして…誇らしい気持ちで見送って来ました。

 

ただまぁ、年末に驚いたのが

「私の友人が描いたアイコンでブログを綴る私の友人のブロガーが書籍に載る」という、なんとも嬉しいことが起こりました。

そう。それがこちらでした。

www.tsumako.com

月経カップの広がりと同じタイミングで波に乗ったのがYouTube、SNSやネットの情報など。

ゆえに良くも悪くもたくさんの情報がバラバラと出ている昨今の月経カップ市場において、月経カップのイロハがぎゅーっと詰まった本でした。

 

 

月経カップを始める前の「真面目すぎる」不安

月経カップに興味を持つ方の多くは、自分の体、暮らし、環境問題、お金の価値にとても真面目な方なのではないかと思います。

 

無駄な出費やゴミや悩みを減らしたくて月経カップの情報にたどり着いたものの、初めて見る形状と使い方に戸惑う方も多いのではないかと感じています。

かくいう私もその「真面目な人」の1人でした。

 

専業主婦であり5,000円という投資は決して安いものではなく、暮らしをシンプルにして、できる限りゴミを減らしたいと思うからこそ…

失敗して土に還らないゴミを出してしまう不安がありました。

 

失敗を前提としてトライする、でOK

この本を読んで一番最初に心に残ったのが「最初からスムーズに使えた!」という方の方がラッキーであるという事実でした。

月経カップを「最初からスムーズに使えた!」という方はラッキーです。自転車と同じように、最初は少し不安で、誰でもなかなか思い通りにはいかないもの。1回目でうまく挿入できなくても、少しくらい漏れても、取り出しに時間がかかっても、大丈夫。

ほとんどの方は2〜3サイクルほど経験するとコツをつかみ、快適に使えるようになります。その先は使えば使うほど上達していきます。

引用:「私たちの月経カップ」P37

 

今の世の中って「誰でも」「簡単に」「失敗なしで」「低価格で」「生活が改善される」ことに慣れすぎていて、1回の失敗で諦めてしまうことが多いんだと思います。

 

実際に私も2年ほど月経カップを使っていますが、1年ほど経ったぐらいで、やっと季節のサイクルや自分の周期や生活環境に慣れたころなのかな?と感じています。

 

タンポンを使ったことがある私でも、最初は痛みも多少あったし、漏れてしまうこともありました。

\初回の月経カップデビュー戦/

www.gu-gu-life.com

\ラージカップを使っても漏れてしまった2回目レビュー/

www.gu-gu-life.com

でも、これらは「月経カップが失敗だった」のではなく、「自分の体と月経カップの付き合い方がまだつかめていなかった」のだと思います。

 

自分の経血量や排出のタイミングを正確に把握している方は、そんな居るわけではないし…そんなもんなんです。

 

数回の失敗はあるかもしれないけれど、それはうまく付き合っていくための過程なのだとこの本を読んであたらめて感じました。

そして、この本を読んで「あ、そう言えば」と思ったこともありました。

 

本を読んで気がつく自分の体の変化

ふりかえってみると月経カップを使用して2年経った今、「尿漏れ」と「夏のデリケートゾーンのかぶれ」から解放されていました。

産後の尿漏れから卒業

恥ずかしながら、3人目の出産後、少量ではありますがトイレに間に合わないことが数回ありました。当時は子供を公園に連れて行くのも30分が限界で、自転車以外の移動手段は考えられませんでした。

骨盤底筋が非常に弱まっていたのだと思います。トイレのない場所へのお出かけは尿漏れとの戦いでした。

 

産後のトラブルの1つだったのかな、とも思いますが…。なかなか意識することも少ない筋肉ですし、育児という体力的にもハードな日常と、月経カップの付け外しがきっとうまく作用して、トラブル解消につながったのだと感じています。(私は出す時にグッと腹圧をかけて、入れるときに場所を整えるために腹圧をかけたりします)

 

デリケートゾーンの痒みも卒業

汗かきな私は高校生くらいから夏になるとデリケートゾーンに痒みがありました。恥ずかしくて誰にも言えず、第1子の妊婦健診の時にやっと産婦人科の先生にお薬を出していただけました。

市販薬も試しましたが効き目は薄く、3人目の出産後はどう凌いでいけばいいのだろうか…と考えていました。

しかし月経カップを使い始めたところ、夏でもめちゃくちゃ快適に過ごせています。痒くないです。

痒みは使い捨てナプキンやナイロン素材の下着が引き起こしていたんだと実感しました。

 

そんな自分に気がついたからこそ…

 

始める前の自分には戻れない

f:id:gu-gu-life:20211229145427j:plain

「ゴミが減ればいい」程度に思って始めたことでしたが、この本を読んで改めて月経カップのメリットを考えると、自分は恩恵が大きいなと感じています。

手放す予定はありません。

 

失敗したらどうしようと思う人には、「うまく使えるまでには時間がかかるんだよ。でもそれは失敗じゃないんだよ。」と伝えてくれるし

何度も使い続けてきた人には「使う前はこんな悩みもあったよね。月経カップで変わった生活がたくさんあったんだね。」と思い出させてくれる本でした。

そうそう。余談ですが、この前友人に月経カップの話をしたところ、話せば話すほど自分の言葉が胡散臭かったので、この本を渡そうと思います笑 そういう本です。

 

\月経カップと合わせて使うなら吸水ショーツ!多い日もゴミが減って快適です/

スポンサーリンク