gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

中学受験しないわが家が全国統一小学生テストを受けて感じるメリットとデメリット

7歳5歳3歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

四谷大塚が開催する全国統一小学生テスト。

CMでもお馴染みですすが、47都道府県の約2500ヶ所で開催され、2021年6月には152,105人が受験した大規模なテストです。

 

「無料だし良い刺激になるかもしれない!」とゆるい気持ちで今年もまた受けてきました。

わが家は地域的にも経済的にも、なかなか中学受験をすると言うのは現実的ではなく、本人も全くそんな気持ちはない様子。

それでも小学1年生の頃から受けています。

 

今回もまた、2021年11月3日(水)に受けてきました。

f:id:gu-gu-life:20211103183627j:plain

 

長女も「前回より国語はいい点が取れる気がする〜」「半分は取れるといいなぁ」と前回より高い得点を目指して、前向きに考えているようです。

 

中学受験をしないわが家にとっても適度に良い刺激となっているな〜と実感しています。

そんなわが家にとって、これからも全統小を受験する良し悪しを振り返ってみました。

 

 

「中受しない」わが家が全国統一小学生テストを受けて感じるメリット

f:id:gu-gu-life:20211104095058j:plain

経験して感じたメリット

実際に子供が受験して「これは良かったな」と感じているのは以下の3点です。

  • 子供にとって試験を受ける機会になっている
  • 猛者たちの中で自分の学力を知ることができている
  • 「勉強」について考えるきっかけになっている

 

試験の後は、決まっていつも長女と勉強についての話になります。

勉強だけが全てではないこと、得意不得意な教科での向き合いかたなど。

 

なかなか勉強のことって、改めて話すのは難しいですが、子どもにも「ここ難しかった!」「これはできた」と言う実感があるからこそ、家庭学習で取り組む教材など、振り替えるきっかけになっています。

 

また、テストは回数をある程度こなすことで、対処できるものも多く、場慣れは大事だなと感じました。

1回目は入り口で親とはなれて子どもだけで会場入りしたので、長女の表情も一瞬で雲って、緊張が大きかったのですが…

今回はかなりリラックスして受験できたようです。

難易度が高いテストだからこそ、いずれ迎えるテストの場でも「難問に当たっても気持ちを切り替える」経験値にも繋がっています。

 

\初めての受験はすごく緊張した様子でした/

www.gu-gu-life.com

 

今後期待しているメリット

今はまだ「良かった」と経験はしていないものの、今後はこういった効果も期待しています。

  • 学校以外に視野が広がるきっかけになる
  • 学校以外の「よく考える」問題を経験することができる
  • 地域の塾の受講費や体験等のイベントを知ることができる

中受は環境や本人の意志的にも現実味がないものの、高校受験や大学受験などで進学を考えれば、いずれ近隣の塾を検討します。

受講費やイベント、サポート体制、先生の方の様子など、子どもに合ったところをイメージしやすいなと思います。

 

学校が生活の中心である小学生にとって、学校以外での場を感じる1つになって欲しいなと思っています。

勉強であっても、得意なことであっても、どんな分野でも「井の中の蛙」で終わってしまわない柔軟さを知るきっかけになってくれたら嬉しいなと思っています。

 

\長女はおそらく勉強よりも絵が好きで絵が得意なんだと思います。だからこそ技術を身につけ同じ年齢の子の刺激を受けられるよう、習い事として外で学ぶ機会を作っています/

www.gu-gu-life.com

 

「中受しない」わが家が全国統一小学生テストを受けて感じるデメリット

f:id:gu-gu-life:20211104095116j:plain

実際に子供が受験して「フォローが必要」と感じているのは以下の点です。

  • 休みがつぶれる
  • 要らぬショックを受けることもある
  • 現実的ではない「中受」が近づく恐れもある
  • 受験会場によっては様々なDMが来る

全国統一小学生テストを受験する子は、比較的勉強への意欲が高い子が多いのかな?と思っています。

実際、中受を意識した問題も多く難易度も高いので「学校ではだいたいの問題が解けているのに、全統小では解ける問題が少ない…」と、ショックを受けることあります。

そんなハイレベルな中で、偏差値や順位がはっきり出るわけですから…

 

子どもによっては受け止めるのに時間がかかることもあるかも知れません。

お子さんにとって、どの環境が一番伸びるか(一般的に良いと言われるモノだけが子どもにとってベストではないこと)…これは受験前に考えておきたいところかなと思いました。

 

\初めての受験では「学校では楽しく勉強できてできていると思っていたのに、半分も取れなかった」というショックを経験しました(もちろん問題難し過ぎだから仕方ないわけですが…汗)/

www.gu-gu-life.com

 

\中受をしなくても勉強以外でも、子どもにとってどういう環境や未来を親としてサポートできるのか?を考えさせられます/

また、勧誘について。

これまで違う会場を選んで受けてきましたが、それぞれ勧誘の頻度や方法は異なる印象でした。

電話連絡がゼロのところもあれば、数は多くないものの電話やDMが届くところも…。

当たり外れは多少あるのかな?とも思います。


そして休日にテストに出掛けるので、子どもの負担を考えて、昼は美味しいものを食べ、昼からはゆっくり過ごす(もしくは好きなことをして過ごす)ことにしています。

大人の私だって頑張ったらご褒美ほしい!テストのあとは少しでも楽しいことが待っていると思えるようにしています。

 

「中受」してもしなくても

休日にわざわざ時間を割いて行くわけなので、できるならポジティブな経験にしてあげたいなと思います。

長女を見ていると「まぁめんどくさいけど、前回より点数とれたらええな~」くらいで行っているので、定期で受験することに意味がある気がしています。

 

親としての下心はなかなかヘビーですけどね…笑

一緒に考えて希望する未来に向かえるよう、さまざまな形で支えてやりたいなと思います。

 

\興味の幅を伸ばす読売KODOMO新聞。びっくり雑学もあるところが好きです/

 

\全国統一小学生テスト…当日欠席するとどうなる?/

www.gu-gu-life.com

 

\二桁計算は指を使ったり計算ミスが多めな長女…100マス計算をやって正確性と計算則だがぐっと伸びました/

www.gu-gu-life.com

スポンサーリンク