gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

幼児ポピー受講前に検討しておきたいこと/デメリットと相性

7歳5歳3歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

現在、幼稚園年中の長男は幼児向けのポピーを受講しています。

 

「ワクワクする楽しい内容」「数・文字・言葉などの習得に向けた多彩なアプローチ」「季節や発達にあった教材」がコスパよく受講できる

という点で長男も楽しく進めています。

 

しかし、どの教材においても、一長一短はあるものです。

受講前に「教材の特徴」として知っておくことで、受講後の「思っていたのとちょっと違う?」が防げるといいなと思います。

 

そんなわが家が感じた「ポピーの購読前に知っておきたいこと」をまとめてみました。

 

 

ポピー受講前に知っておきたいこと

私が長男との家庭学習を受講して、ポピーの特徴として感じる点はこちらです。

  1. 付録はクラフト中心で、豪華なものはない
  2. 先取り教育は少ない
  3. 「文字や数の習得」を確立するには演習量が少ない
  4. 「わぁくん」では親のフォロー部分が大きい

 

①付録はクラフト中心で豪華なものはない

ポピーの付録は、工作の延長が中心で、形として長く残るものはありませんでした。

f:id:gu-gu-life:20211005134519j:plain

兄弟喧嘩が勃発したわが家で人気最強の付録

 

過去に資料請求したDMに含まれるサンプル付録の方が豪華なものもあり、子供たちの目を引いてしまうのも現実です。

 

特に幼稚園・保育園時代から通信教材を受講しようと思うと、それなりに調べたり資料請求される方が多いかと思います。

ポピーを受講する場合は、早めに他のDM提出手続きをするのが良いなと感じました。

f:id:gu-gu-life:20211005141908j:plain

情報は削除されませんが、DMは意外と簡単に停止できたりします

 

②先取り教育は少ない

あくまでも発達に合わせて毎月教材が進行していくので、早くから文字を書かせたり計算させるような先取り教育は見られません。

f:id:gu-gu-life:20211005134711j:plain

かくれた動物を探すらしいです。楽しそう…!

文字や数の勉強もありますが、年中の現時点でもシールを使ったものが多く、「数量・文字認識などの感覚を育てる」ことに重点を置いている印象です。

じっくり考えたり、創造力を深める教材も多くはなく、ページ数も1日1頁程度なので、小学校受験に向けての教材としてもかなりライトかなと思います。

 

③「文字や数の習得」を確立するには演習量が少ない

幼稚園年中の現時点で、文字や数字を書かせるワークは少なく、シールや迷路が多い印象です。

f:id:gu-gu-life:20211005134635j:plain

教材通り進めていると、なかなか長男のひらがなの識字力が進まなくて他のきょうだいからも「不公平だ」と不満が大きくなっていたので、わが家はこの夏に別ドリルで進めました。

 

\夏休みに楽天のバーゲン本で5冊セットをきょうだいで分け合って進めました/

www.gu-gu-life.com

 

幼児期の家庭学習なので「自分で進んで楽しく学ぶ」ことが一番大切だと思います。

しかし、量を積みたい時には、演習量が不足するので、別教材でカバーすることも大事かなと。

 

④「わぁくん」では親のフォロー部分が大きい

幼児向けポピー「あかどり」では、かず&文字&言葉の演習重視の「ドリるん」と、生活習慣や運動・季節に触れながら思考力や感性を育む「わぁくん」の2冊が1ヶ月分として届きます。

f:id:gu-gu-life:20211005134711j:plain

いつも先に「ドリるん」をやって、ご褒美で「わぁくん」をやっています

この「わぁくん」がなかなか親の比重が大きいなと感じています。

 

「わぁくん」の半分は、クラフト工作、季節や運動に関すること、読み聞かせの構成になっているので、大人の声かけや進行、フォローが必須になってきます。

f:id:gu-gu-life:20211005133532j:plain

9月はコーヒーフィルターに模様をつけて水につけて乾かして蝶を作る工作でした

座学だけを重視すれば、「ドリるん」だけをやって「わぁくん」は時間があればやる、程度でもいいかなと思うのですが…。

 

結構、工作の内容も良かったりするので、時間調整して他のきょうだいも巻き込んで不公平感がないようにやっています。

f:id:gu-gu-life:20211005134852j:plain

やりすぎだと思いましたが、10月号が「秋みつけ」だったので「どんぐり検索表」をダウンロードして公園に持ち歩けるどんぐりシートを作りました

 

手をかけてやりたいけど、手をかけすぎる教材は、バランスを取るのがなかなか難しいです。

 

わが家では「わぁくん」の運動のページが結構好評で、机を移動させて私が声かけすると、3人が競い合ってやってくれます。

個人的には「座学だけで終わらない」という点は、親は大変だけど「楽しい!」と思えるきっかけになるので、嬉しいなとも思っています。

 

全部わかった上で受講することは難しい

受講してみて「やっぱりか!」と思うことも

「ウヘ〜。こんな面もあったのか」と思うことも、色々ありました。

 

でも、自分の子供あっているか?はやっぱりやってみないとわからないのが本音。

 

ポピーのおかげで家庭学習の習慣づけができたり、文字や数量の認識も深まりました。

何より子どもが楽しいと思って教材に取り組んでくれる姿が、「親の自己満でやらせていない」と思えている何よりなところです笑

工夫しつつ、うまく子どもの教育環境の1つとして活用していきたいなと思っています。

 

\資料請求&見本は無料。1ヶ月だけのお試し受講(有料)もあります/

 

★合わせて読みたいポピーと家庭学習

ポピーを受講したのは年少さんの冬からです。1ヶ月試してみて「良かった!」と思って進められました。

www.gu-gu-life.com

 

全然識字が進まなくて「こりゃ〜大丈夫かいな」と不安に思っていましたが、多彩なアプローチのおかげで、楽しく粘り強く学習を進められました。

www.gu-gu-life.com

 

リビングの環境を整えることも大事にしています。一度整えたらしばらく手間がないから笑!!図鑑はほんと好きになってくれて、買って良かったです。

www.gu-gu-life.com