gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

習い事で身につく「技術以外」のこと

がっちゃんです。

 

お絵かき教室に通い始めて半年。

子供たちにとっても、私にとっても絵の具で絵を描くことがとっても身近なものになりました。

f:id:gu-gu-life:20210905205604j:plain絵を描く技術を教わるだけでなく、それ以外でも習い事の恩恵を大きく感じています。

 

 

「習い事」で教わる技術以外の学び

それは学びに至るまでの、準備や片付けまで身についたことでした。

f:id:gu-gu-life:20210905205550j:plain

お絵描きは集団で先生のレクチャーを聞きながら、学年に合わせた絵を習います。

 

下の子は習い事の時は周囲に合わせて自分で進めていかなくてはいけません。

絵の具や筆洗いの純美や片付けも、学年によって先生が手伝ってくれることも違うので、かなり準備&片付けの流れが身につきます。

どうしても家にいると、「こぼされたら後が面倒…」と思って、私がやってしまいがちですが、失敗も含めて準備片付けまで学べるのがすごくありがたかったなと感じています。

 

幼少期の習い事は技術の周りにある学びが貴重

幼少期の習い事は、実際に身につく技術よりもそれ以外の部分がかなり大きいなと感じています。

ピアノであれば「毎日練習する習慣や、楽譜を読む集中力」

体操教室であれば「先生の指導に耳を傾け、順番や安全を守ること」

そして習い事全般に言えることが「人から物を学ぶ姿勢」

 

さまざまな習い事は、その周辺の動作や作法などから、技術以外のことを学ぶことができます。

私は、未就学児までは技術的な要素よりも、その分野が好きで親しみを持っていられる環境を習い事選びで大事にしたいと思っています。

 

ただ、小学校以上はそういった下地を大事にしつつも、技術的にレベルアップできる環境が望ましいなと。

 

習い事も様々ありますが、その分野から派生する学びも、すごくありがたいなと最近は感じています。

\タイトルはきついですがピアノを習うことで得られることがしっかり書かれてありました/

スポンサーリンク