gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

フードプロセッサー(DLC191J)の収納場所とお手入れ/食洗機OKなクイジナートだから出番も多い

7歳5歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

クイジナートのフードプロセッサーを購入してはや1年。

大きくて重たいキッチン家電なので、使用頻度が下がらないよう、ざっくり収納にしています。

食洗機OKなお手入れ簡単なキッチン家電だったので、気軽に使えています。

 

 

クイジナートのフードプロセッサーの収納

キッチンに置いてある無印良品のユニットシェルフに、自作のカゴを置き、そこにざっくり収納しています。

f:id:gu-gu-life:20210902122805j:plain

左側のかごがクイジナートです

カッターやブレードなど刃があるものが多く、キッチン奥側の子供が触りにくい場所に置いています。

 

付属品や説明書などはダイソーの収納ケースを使って収納しています。

f:id:gu-gu-life:20210902122901j:plain

 

使う時にはユニットシェルフの上においています。

f:id:gu-gu-life:20210902123128j:plain

炊飯器を電子レンジ上に一時避難させています

コンセントの長さが1.5mなので、調理するときは電源の場所も確保が必要です。

 

クイジナートのサイズ

わが家のクイジナートはDLC191Jのタイプです。

f:id:gu-gu-life:20210902122924j:plain

  • 容量:1.9L
  • サイズ:幅177×奥行248×高350mm
  • 重さ:約5.1kg

本体自体も大きいですが、使用する時にはさらに高さが必要になります。

千切り用などで使うプッシャースリーブを一番上の高さでセットした状態で、高さは42㎝でした。

 

収納場所と調理場所、合わせて考えておくと良さそうです。

 

お手入れ

モーターベース以外は食洗機で洗えるというのが、クイジナートの大きな魅力でした。

結構大きいので、クイジナートだけで回すこともあります。

 

モーターベースは水濡れNGなのでさっとフキンで拭いたり、アルコールで拭く程度です。

 

ワークボールやプッシャースリーブは凹凸が多いので、食洗機では乾きづらく、食洗機からだしてからも自然乾燥やキッチンペーパーで拭くことが多いです。

f:id:gu-gu-life:20210902123521j:plain

 

活用例

小さい子供が多いわが家では、とにかくたくさんの野菜を一瞬で刻んでくれるというのがすごく楽です。

餃子やハンバーグは材料を入れて、フープロをガーッと回すだけ。

f:id:gu-gu-life:20210902110400j:plain

餃子ならハサミでニラを刻んで入れるだけでOKでした。

 

これはプッシャースリーブを使って千切りにしたにんじん。

f:id:gu-gu-life:20210902110556j:plain

なかり細めですが、ここまで細いと火の通りが早いのでかなり時短です。

 

たらこにんじんやじゃがいものガレットを作るときはすごく便利。

副菜は多めに作っておけば常備菜にもなるし、細かく刻んだりスライスしたものって、後々にアレンジしやすいので便利でした。

 

人気のホットクックも電圧鍋も、刻みまではやってくれないわけで…。

こうやってキッチン家電を組み合わせていけば、これからの料理スタイルって変わっていきそうですよね。

 

そうそう。

色々使いこなすのは苦手な私も、「こねる」を使ってパンを作るほどになりました。

すごい手軽でした。

www.gu-gu-life.com

 

こういったキッチン家電は、最初は「良さそう!」と思って飛びつくのですが、意外と使わなくなるものも多いですね…。

 

でも、使いやすい環境を整え、お手入れが自分の生活にあう機能を選べば、長く生活をアシストしてくれるパートナーになってくれるのでは?と思っています。

 

\フープロ選び記事。種類豊富な中で何を重視に選ぶかで絞れますね/

www.gu-gu-life.com