gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

保育士試験の申し込み。本人確認書類の準備が大変!結婚後の試験申し込みは戸籍抄本の取り寄せが必要でした。

7歳5歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

春頃から少しずつ勉強を始めた保育士試験。

 

いざ申し込み用紙を取り寄せたら必要書類にめちゃくちゃつまづいています(´༎ຶོρ༎ຶོ`)!

 

f:id:gu-gu-life:20210714100516j:plain

大学も卒業後10年以上経っているし、結婚して苗字も変わっているし本籍も変わってる…。

でも、書類をかき集めて申し込みするには期限はたったの約1ヶ月!

叫びながら準備している今日この頃です。

間に合え…間に合え…(願掛け)

 

※あくまでも個人の体験談です。確実なことは、申し込み書類を確認してください。

 

 

保育士試験準備リスト

試験申し込みの流れ

受験申し込みまで約1ヶ月の間にいろいろ手続きをしなくてはいけません。

  1. 受験の手引きの請求(申し込み締め切り約1ヶ月前に請求方法が開示されます)
  2. 受験の手引きの到着(申し込み後1週間ほどで到着)
  3. 必要書類の準備
  4. 受験の申し込み(申し込み期間は約3週間)

 

詳細はこちらをご確認ください。

www.hoyokyo.or.jp

 

はじめて受験する私が申し込みに必要だった書類

  • 受験申請書
  • 証明写真(3.5×3㎝)
  • 本人確認書類(本籍地から取り寄せた戸籍抄本)
  • 受験資格証明書(大学の卒業証明書)
  • 受験費用の振込受付証明書

 

私にとって大変だったのは「大学の卒業証明書」と「本人確認書類」でした。

ただ2回目以降の受験は、ID管理となりどちらの書類も再提出は不要とのことで安心しています。

 

本人確認書類 

私の場合、結婚して苗字が変わっているため「旧姓と新姓の確認が取れる戸籍抄本」が必要でした。

また今の住居が本籍地ではないため、本籍地の市役所に戸籍抄本の取り寄せが必要になります。

 

戸籍抄本取り寄せの流れ

  1. 市役所HPより戸籍抄本取り寄せの申込用紙を取得
  2. 申込用紙を記入(本籍の住所や筆頭人の名前、生年月日が必要でした)
  3. 必要書類と手数料を同封して本籍地の市役所の担当課へ郵送
  4. 数日〜1週間ほどで戸籍抄本が届く

取得方法や受け取りまでの期間は各自治体によって変わるかと思います。

本籍地がある役所の担当課でご確認ください。

 

週の半ばでこちらから郵送したので、土日を挟まないよう速達で郵送しました。

 

戸籍抄本取り寄せで必要にあった書類

  • 申し込み用紙
  • 定額小為替
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証)
  • 返信用封筒と切手

私が取り寄せた自治体では手数料を定額小為替で支払う方法でした。

定額小為替は担当課の方に問い合わせ、無記入で同封しました。

 

大学の卒業証明書

大学証明書は卒業大学から取り寄せします。方法は卒業大学で確認が必要です。

 

卒業証明書取得の流れ

私の卒業校では、卒業証明書は「郵送」と「窓口で申請&受け取る」2つの方法ができました。取りに行ける距離で急ぎだったので、直接申請&受け取りに行きました。

  1. 申込用紙を記入する
  2. 本人確認をする(旧姓と生年月日を口頭伝え運転免許証のコピーでOKでした)
  3. 申請後1〜2日後に発行完了

事前に、名字が変わっているため本人確認書類が運転免許書で良いか確認の電話をしました。

その場で口頭で受付をしてもらえたので、当日窓口で申込用紙を記入し、免許書のコピーを渡して、すでに発行してもらっていた卒業証明書をいただくことができました。

 

なお、原本提出になり返却はないそうです。

卒業証書とは別のものです。

 

証明書

スナップ写真はNGですが、採用試験ではないので、駅前などにある簡易証明写真機で済ませました。

履歴書用の4×3㎝サイズのものを、自分で0.5mmカットしました。

 

以上です。

あとは受験費用の振り込み受付証明書を受験申請書に添付して所定の封筒で郵送するのみです。

 

勉強はもちろんですが、申し込みもかなり大変…。

2回目以降は本人確認書類と卒業証明書の提出は無いそうでで、そこが救いです。

 

1回では取得できないであろう難関試験だと思っていますが、保育士試験のいいところは3年以内に合格した科目の受験が免除されるところです。

はい、ぼちぼち頑張ります。

何度か受験することで合格を目指していければいいなと思っています。