gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

ピアノの発表会のゴールはどこか。実は発表会直前ですが一曲流しで弾けていません。

7歳5歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

もうすぐ小学2年生の長女にとって、2回目のピアノの発表会があります。

1回目は先生が決めた曲を2曲弾きました。

初めてのピアノの発表会ということもあり、かなりレベルを落とした曲を選んでいただけ(ほぼ指慣らし、くらいの1曲も…。)、余裕を持って発表会に向かうことができました。

 

そして2回目の発表会。

選んだのは鬼滅の刃の無限列車編のテーマソングとしても人気の高い「炎」です。


www.youtube.com

 

が、しかし… 

発表会の数週間前ですが、実はまだ一曲流しで弾けていません…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

f:id:gu-gu-life:20210709230034j:plain

イラストAC:

家事中に絶望して腰が抜けるお母さんイラスト - No: 2655775/無料イラストなら「イラストAC」

 

 

ピアノを仕事にする子は限られた子である

ピアノは末端の指先を使うため脳に良いとか、音感が育ったり、想像力を養ったり…いいところはたくさんあるんです。

でも、ピアノを仕事にする子供は、実際にピアノを習っている子供の中でも限られた数の子で、ほとんどは趣味で終わり違う分野の仕事につきます。

かく言う、私がその1人です。

 

おそらく長女も、現状の状況を見ると、練習量から見ても上達スピードはゆっくりめで、とてもピアノを仕事にするようには見えません…。

 

私も親として手厚い支援ができるわけではなく、好きなことの1つであり、ピアノを通じて学びとれるものがあればいいな、くらいに思っています。

 

ゆっくりペースの長女にいまいち大人の危機感が伝わらない

発表会前1ヶ月の時点で、未だに弾けないパートがある長女を見て、正直どうしようか…と焦っているのは私とピアノの先生だけ。

いまいちこの危機感が長女には伝わっていませんでした。

f:id:gu-gu-life:20210709230357j:plain

イラストAC:

ショックでめまいと立ちくらみする母イラスト - No: 2656512/無料イラストなら「イラストAC」


 

上記の通り、のんびりペースのレッスンだったので、いくら自分が選んだ曲と言っても、練習ペースは今まで通り。

そんな背景もあってイヤホンを導入したのですが、私からすると「全然練習時間が足りていない」と思うところです。

そもそも曲を選んだ時点で、難曲だから発表会1ヶ月前までには通しで弾けるようにはしたほうがいいと、長女とはすり合わせたはずだったのに…。

 

ずっと好きなことが好きでいて欲しいから、できる限り余計な口出しはしたく無いんです。

www.gu-gu-life.com

 

どうしたものかと思う反面、ふと思うこともあるんです。

 

ピアノの発表会のゴールや目標ってなんだろう?

f:id:gu-gu-life:20210709224206j:plain

イラストAC:

桜が咲く公園の並木道/幸せな背景イラスト - No: 22022699/無料イラストなら「イラストAC」

初めてのピアノの発表会(前回)は、大舞台の経験を積むことだと思っていました。

だからこそ、難易度の低い選曲にも大納得で、余裕を持って発表会を迎えられたことは、親子ともどもありがたかったです。

 

しかし2回目。

大舞台で経験を積むことはもちろんそうだけど、今回は何だろう…?

 

選んだ曲は自分の力量よりも遥かに難しいはずの曲にもかかわらず、練習不足が否めない…。

このまま発表会に出れば、舞台上で真っ白になることも…あると思う。

 

失敗も経験できるうちにやって置けばいいのですが、私もまぁそこまで鬼では無いので、とりあえず長女には伝えましたよ…。

人間って経験がまっすぐ糧になるような経験になるとは限らないですからね。

 

「発表会の曲は難しいとわかっていても、弾きたいと思ったんだよね?今のままでは発表会までに練習が足らない。この『炎』は発表会に来るこの誰もが知ってる曲で、やっ子の曲を楽しみにしてくれる子もいる。みんなが知っている曲を選ぶと言うことは、そう言うこと。このままだと『もっと練習しておけばよかった』と思うよ。せめて1日10回はやったほうがいい。」

 

と、弾きたい曲が自分が思っている以上に期待値が高い曲であること、発表会に向けて練習量が圧倒的に不足していること、練習回数を「10回」という具体的な数で示し伝えました。

 

少し危機感が伝わったようです 

結構、コンコンと伝えて、何割かは伝わったようで、その日から練習を多めにする姿が見えました。

 

今までは「できないところをやるのってしんどい〜」とボヤボヤ嘆いていました。

しかし最近では「ねぇ、ちょっとできてる??聞いてよ!」と難しいところも聞かせてくれるようになりました。

 

うーん。何とか間に合うのか…どうなのか…。

こんなに前向きに私の言葉を受け入れてくれるなら、もう少し早く伝えればよかったな…なんて思ったりもしています。

f:id:gu-gu-life:20210709224418j:plain

イラストAC:

悲しみに暮れ泣き崩れる母イラスト - No: 2660746/無料イラストなら「イラストAC」

 

 2回目の発表会の目標はこれにします

「できないことをクリアにしていくことの難しさと楽しさを体感する」 

と言うスタンスでいこうと思います。

 

今現在できていない部分は、おそらく曲の中でも難易度が高く後回しにしてきたところだと思います。

今はここの部分にひたすら向き合って、何度もくり返し練習をしています。

 

日進月歩で亀の歩みですが、1日1日上達が見えていき、本人もバラバラだった音が合うようになってきたり、指がうまく捌けなかったところがサッと動くようになってきたのを実感しているようです。

 

できない部分と向き合うのはすごく苦しい。

でもできるようになっていく体感は快感でもあり、病みつきにもなる。そこを抜けてできた時の達成感がもし感じられるのであれば、難しい曲に挑戦した大きな収穫になると思っています。

ピアノも学びの1つであり、学ぶことの醍醐味は「できないことや知らないことを得ること」ですもんね。

 

そして今回はそのチャンス。

あまり口酸っぱく言いたくは無いのですが、「もう1回聞かせて」と今回ばかりは練習に付き合っている次第です。

 

ハァ〜〜〜。

間に合うのかしら。ほんと心配です。

 

★合わせて読みたいピアノの習い事記事

人生初の大舞台。1回目のピアノの発表会レポです。身内から学ぶ「反面教師像」。 

www.gu-gu-life.com

 

今回も素敵な夏ワンピースを購入済みです!冬の発表会はこちらの制服系フォーマルにしました♡付き添いボーイたちの服も載せています。

www.gu-gu-life.com

 

「口を出さない」代わりに

www.gu-gu-life.com

スポンサーリンク