gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

幼稚教育は奥深かった
ゆるミニマリストのプチウェイストホーム
ミニマルキッチン
ミニマルクローゼットの3コーデ

「専業主婦の時に何してた?」って聞かれても怖くはなくなった

7歳5歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

継続の有無に関わらず、最近は思い切っていろんなことにチャレンジできている自分がいます。

一番上の子が生まれた時は、いつ泣くかわからない赤ちゃんを横目に「何をしていいかわからない時間」をずっと1人で過ごしていました。

 

だからでしょうか。

例えばふと「専業主婦の時に何してたの?」なんて聞かれたらどうしようか…と思うこともありました。

f:id:gu-gu-life:20210622161158j:plain

 

でも、最近は結構スッキリしている気がします。 

足跡

足跡

  • 19
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

何もしていなくても専業主婦時代は有益なはずなのに

専業主婦とはその言葉通りで、子育てや主婦業を専業としているわけで、その背景は家庭により様々です。

ただ「家にいる」という事実が「働いていない」とされてがちで、とても肩身が狭かったです。

 

だって現に、身近に頼れる親戚がいなくても、フルで共働きをしているご家庭はあるわけで、「できないわけではない」じゃないですか。

過去に諦めたきっかけがあったとしても、それでも…比べてしまう自分がいました。

 

人に振り回されるばかりの期間に自分を見失うことも多かった

さらに専業主婦って、家にいたら単なる便利屋みたいなところもあって、いつも誰かの世話をしている感じでした。

直接ではなくとも、家事として間接的にでも…。

 

気がつけば、みんなで金ローのジブリを見るために買ったニトリの大きなソファも、私が寝るのは子供の看病の時くらい。

f:id:gu-gu-life:20210621202209j:plain

加えて社会的な輪も狭いので、どうしても閉鎖的で家庭に依存してしまいがちで…。

家にいると何かしていないといけない気がして、家にいるとゆっくりできない時期がありました。

 

だからね、最近そんな自分を克服するためにも、家で1人でいる時間は「家事しない」って決めているんです。

\末っ子の幼稚園プレの時。久々の1人時間に何する問題/ 

www.gu-gu-life.com

 

そうやって積み重ねている間に好きなことに夢中になっている自分がいる

こんな自分をなんとか脱したいと思ったのもあって、私はこのブログを始めたんです。

何か新しい一歩を踏み出さないと家庭に食い潰されてしまうんじゃないかって。

 

ブログを始めるなら、前から触ってみたかったデジタルの絵もやってみよう!となって、子供の頃も図工程度しかやっていなかった絵を始めました。

最初はアウトレット版のお絵かき用の板タブレットを、そして現在ではiPadをメインに絵を描くようになりました。

幸いにも、お声をかけてくださる方がいて、絵を描かせていただくことも有りました。

 

ここで絵に関する看板を上げてから、さらに夢中になって、今は気がつくと毎日隙間時間も使いつつ、2時間くらいは絵に時間を割いています。

わけわかんないですよね、育児してるのに毎日2時間って。私もどうして2時間を捻出してるのか聞かれても、わからないです。気がついたらiPadを開いて描いています。

 

\秋野スミレでイラストACにイラスト投稿中です。無料で素材を載せているので良かったら使ってください♪/

www.ac-illust.com

 

色々チャレンジしてはいるものの、稼いでいるわけでは全くなくて。

それでも「専業主婦の時に何してた?」って聞かれたら、私は迷わず「絵を描いていました」って答える気がします。

 

私(絵に)恋をしている…恋に落ちてる…

Squall

Squall

  • 福山 雅治
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

ありがたいことに、キャリアの浅い私の絵をバカにする人もいません。

応援してくれている方のおかげで、いつも声をかけてくれる方のおかげで、描き続けられているのだと思っています。

ありがとうございます。

 

有益ではなくても夢中になれることに出会えてよかった

本当ならここで、「月収〇〇万円になりました」「法人化しました」「雑誌に掲載されました」なんて、見栄えの良い話があればいいのでしょうが…。

果たしてたった一度きりの人生で、そればかりが有益なのか?とも思うんです。

負け犬思考ですが…笑

 

きれいごとかもしれませんが、私は育児やお金以外で夢中になれるものができたことは、人生の中で大きな収穫だったなと思います。

しかも、私の場合はブログという場があって皆さんにもその成長を見てもらえることもまた幸せなことだと思っています。

 

それぞれの事情があり、それぞれの生活があり、それが外から見えにくいのが「専業主婦」。

それでも自分が夢中になれるものは、私の心の支えになってくれているなと感じています。