gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

おままごと用に手作りした段ボールキッチン/サブ的おもちゃは廃材でDIY

7歳5歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

3人目の次男ですが、児童館などにいくと意外にもおままごとで遊んでいます。

 

おままごとセットは、真ん中の長男がほとんど遊ばなかったので、ほぼ売ってしまいもうわが家にはありません。

来年には次男も幼稚園に入園するわけで、一軍おもちゃではないものをあらためて購入するのも気が引けるし…

 

ということで、ダンボールでおままごと用キッチンを作りました。

 

 

完成品

f:id:gu-gu-life:20210614111011j:plain

 え!?これ?「きっちん」のプレート歪んでるよ?と思うじゃないですか。

それは後程ご説明いたします。


キッチンには、コンロ、手洗い場、電子レンジをつけています。

f:id:gu-gu-life:20210614111047j:plain

 

ダンボールキッチンの良さは、廃棄しやすい点です。

おままごとキッチンは綺麗に使い続ければ、遊ばなくなった後もリサイクルショップで売れるかもしれませんが、大体壊れたり落書きされたりシールを貼られたりします。

f:id:gu-gu-life:20210614111123j:plain

 

乳児さんだと誤飲や破壊の可能性が大きいですが、上手に遊べる時期になれば、ダンボールキッチンでも楽しいですね♪ 

 

使った材料は、2L飲料水用のダンボール2つ、水性ペン、ガムテープ、ビニールテープ、セロハンテープです。

どれも家にあったものです。

 

ビニールテープは工作だけでなく、ちょっとした手直しにも使えるので「白」は100均で購入して常備しています。

 

\セロハンテープの芯が壊れたので芯を手作り!まだまだ現役です/

www.gu-gu-life.com

  

\廃材ならコースも自由自在!作って遊べるミニカーのロードマップ/

www.gu-gu-life.com

 

キッチンで好評だったもの

①電子レンジ

冷蔵庫代わりにも電子レンジがわりにもなり、片付けるときは細々としたアイテムを収納するスペースにもなる電子レンジ。

f:id:gu-gu-life:20210614111215j:plain

平成生まれ&令和育ちのわが家のキッズ達も、「チン!」って言って取り出しています笑!

 

ひとまわり小さくカットした四角のダンボールをテープでギチギチに固定しているだけです。

f:id:gu-gu-life:20210614111254j:plain

 

②手軽に作れる食べ物

長女がせっせと食材を折り紙で作ってくれています。

f:id:gu-gu-life:20210614111123j:plain


以前は完成度を求めて凝ったものを作ろうとしては断念していましたが、「ダンボールに絵を描いただけ」で、ごっこ遊びには十分でした。

 

このエプロンを取り出してきて、完全に気分は料理人です♪

\大人用エプロンを100均グッズで調節可能にする方法を紹介しています/

www.gu-gu-life.com

 

作るハードルがぐっと下がったことで、子供達も追加で作る楽しみがあり、良かったなと思っています。

 

③鍋・フライパン・皿

お菓子の空き箱や幼稚園で作った工作の残骸が、生まれ変わったのが、この廃材調理器具です。

f:id:gu-gu-life:20210614111341j:plain

 

火を使った料理はしない子供達でも、普段の大人の真似をする「遅延模倣」が、ごっこ遊びには詰まっているんですよね。

ごっこ遊びってほんと奥深いです。

 

兄弟での違いもしみじみ感じます

「おままごとキッチンなんて、小さい子供の遊び」と思っていたので、まさか小2の長女や年中の長男まで関わってくれると思っていませんでしたが…

結構、喧嘩しながら奪い合うように遊んでくれます。

 

兄弟で遊ぶ中でも顕著だったのが、長男の遊びを真似する次男の動作が「自己中心性」が微妙に差が見られたことでした。

f:id:gu-gu-life:20210614111741j:plain

子供の自己中心性は成長により変化すると言われています

普段は「小さいもの達」でひとまとめにしている子供達も、段階を経て成長しているんだな…としみじみ感じています

 

すみません。最近は自分が資格の勉強をしているので、子供達の様子を見ているだけで自然と復習になって、ついつい目で追ってしまいます笑!!

 

雑でOK!「自分も作れそう」が幼児〜児童には刺激になる

さて、歪んだ「きっちん」のプレートのご説明ですが…


友人に私のブログは「リアルクローズ」だと言われたことがあるのですが、子供たちの工作はまさにそれだと思いました。

 

私も、正直こんな雑なものをブログで紹介するなんて…とも思いました。

でも、子供と幅広く遊ぶのであれば「自分も作ってみよう!」「こうすれば作れるのか」と感化するクオリティって、実はかなり有効なのでは?と思っています。

f:id:gu-gu-life:20210614112035j:plain

作りが雑で、テープもつなぎ目も見えているし、カットしたところもそのままで、食材には立体感もまるでない。

 

それでも、つくった痕跡が見えるのは、次につながるきっかけになるなと子供たちの様子を見て思いました。

f:id:gu-gu-life:20210614112254j:plain

左の鍋は5歳の長男と7歳の長女の合作です

まぁ、今は見慣れないおもちゃだから手にとって遊んでくれるのだとは思いますが…。

段ボールならすぐに廃棄もできるし、またバージョンアップして作り替えることもできます。 

しばらくはこのダンボールキッチンで、創作&ごっこ遊びを楽しんでほしいな〜と思います。

 

\スーパーでダンボールを見るとキラキラした目でこちらを見る小2女児がいるので、次はこれを読もうかと思います/

 

★合わせて読みたい「実際に使える」廃材工作 

お絵描きだけで終わらず、作ったものも飾りたい長女には廃材で作る展示スペースが良かったです。場所が限定されることで、自分でカスタマイズしながら飾れました。

www.gu-gu-life.com

 

「表紙が見える収納」は乳幼児さんにとっては、選びやすく取り出しやすい収納です。絵本から「読んで♡」って言わせるなら表紙は見せたほうがいいかなと思っています笑!

www.gu-gu-life.com

 

レジャーシートタイプもありますが、自由自在にコースが組める&情景が追加できる良さがありました。帰省の時にも車の二台にスルッと挟んで持っていっています。 

www.gu-gu-life.com

スポンサーリンク