gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

がんばる舎をやって2ヶ月(小学2年生)。教科書に沿った教材を選ぶメリットとデメリット

7歳4歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

小学2年生の長女が、「教科書に沿った勉強がコスパよくできる」が強みのがんばる舎を家庭学習に取り入れています。

 

始めてから2ヶ月ほど経ちましたが、なんとなくメリットデメリットも見えてきました。

f:id:gu-gu-life:20210601081631j:plain

がんばる舎のように教科書に沿った教材は、特に進め方の点で「合う・合わない」がありそうだな〜と感じています。 

 

 

「がんばる舎」のよかったところ

がんばる舎の教材は学校の教科書に沿った内容でできているため、同じ内容を復習することで、学校の勉強をより身につきやすい教材だと感じています。

 

余談ですが、学生の頃の家庭教師仲間と話していて…

実際に小学校のテストの点数が20点以上UPした子を担当している友人に「何をしたの?」と聞くと、「学校の学習をしっかりと復習してもらった」と言っていました。

 

その他にも…

  • 英語が毎月4Pほどある
  • QRコードで読み取れば英語のリスニングもついている
  • 習った教材なので「できた」が多い
  • 教科書に沿った内容なので間違えた内容を自分で復習できる
  • 月毎に毎月のおさらいの小テストがある

 

学校の勉強だけでなく、英語も少しずつ含まれています。苦手意識を持つ前から始められるのは良いですね。

 

特にありがたいなと思うのがリスニング。

f:id:gu-gu-life:20210601083151j:plain

量は少ないですが、教材のQRコードを読み取れば英語のリスニングができます。

その横で下の子たちも真似していているので、一石二鳥だな~と感じています。

 

間違えた問題は、自分の学校のノートや教科書を見ながら答えを確認することができます。

 

この「直し」が勉強の中では一番大事なところだと思っています。

自分で調べて正しい答えを導き出せば、次に間違える可能性もグッと低くなりますしね。

 

1ページずつ着実に勉強を身につけ、毎月最後におさらいの小テストがあるので、この流れはなかなか良いな〜と感じています。

 

\期日までに解約連絡すれば、各家庭初回のみ初月無料でした/ 

www.gu-gu-life.com

  

「がんばる舎」の工夫が必要なところ

  • 学校の学習ペースと教材が届くペースが合わず進めにくい時がある
  • 1枚ずつ切り取れないので子供に「今日の分」を渡しにくい
  • 難易度が低めなので中学受験の子には不十分

 

受講して一番「あれ?まずったかな?」と思ったのが、長女の学校の学習スピードが遅く、なかなか毎日何ページと定期で進められなかったところです。

特に低学年の4月は違う勉強が多いので、5月号をはじめたのも6月に入ってからです…。

f:id:gu-gu-life:20210601083704j:plain

 

あと、通常の教材と異なり切り取り線がないので、「今日は、こことここ」と付箋をつけて冊子ごと渡していました。結果、1ヶ月でなかなかボロボロに…。

f:id:gu-gu-life:20210601083927j:plain

 

次月号からは、ホッチキスを外してクリップで止めて使っています。

f:id:gu-gu-life:20210601084039j:plain

また、メリットでも挙げたように、内容はあくまでも教科書に沿ったもので、難易度は低めです。

中学受験を目指す子には、かなり物足りないと思います。

ただまぁ…地方勢からすると、中学受験ってあまり身近なものではないのですが、あまり難易度が低くて微妙な場合は、他の教材に変えるかも…?

 

各学年でパワーアップ版もあるので、物足りない場合はそれもいいなと思っています

www.gamba.co.jp

 

 教科書に沿った教材の場合は…

がんばる舎のように、それぞれの教科書に沿った内容は、今回のようにわりとデメリットがはっきり出たなと感じています。

 

おそらく継続していけば学校の学習においては、「演習量が増える」「見直しがしやすく理解しやすい」という点で、履修しやすいと思います。

結果、テストでもそれなりの実績が出やすいのかな…と。

 

しかし、1学期単位で試してみないと、それぞれの学校の学習ペース(たまに学級閉鎖や諸々の事情で学期末でペース上がるじゃないですか…)とどのように帳尻合わせするか?で、合う・合わないがあるのかな?と感じました。

 

わが家は4月に始めたので、正直そのペース配分が合わせづらかったです。

ただ、最近になってようやく、市販の教材を混ぜながら、うまく帳尻合わせできるようになってきました。

長女も、私のわけのわからない説明を聞くよりも、手持ちの教科書とノートで見直しができるので、お互いストレスにならなくて…それはめちゃくちゃいいところだと思っています。


こんな感じで良し悪しも見えて、つきあい方も何となくできてきたので、もう少し継続して見たいなと思っています。

 

6月21日までは、各ご家庭で初回のみ無料(ただし継続しない場合は期日までに退会連絡が必要)です。

きょうだいがすでに受講している場合は対象外です…。

 

家庭学習でのどこに重き多くか?にもよりますし、「合う合わないがある教材」ですが、ためにし受講するのもいいかな?と思います。

 

\6月21日までなら「継続受講」すればオンラインショップで使える500円のクーポン付き/

www.gamba.co.jp

 

★合わせて読みたいそれ以外の家庭学習

このペースの帳尻合わせのために取り組み始めたのがプログラミングです。

 

まずは紙教材から始めて、自分の手と頭で空想しながら動かす練習をしました。「初めからタブレットを渡すのは気が引ける…」という場合は紙でも十分いいかなと思います。 

www.gu-gu-life.com

 

紙での勉強後に、無料アプリを使って実際に動かしながら遊び感覚で学んでいます。

www.gu-gu-life.com