gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

おむつのゴミ袋として使っている「臭いにくい資源ごみ」/おむつの臭い対策

がっちゃんです。

 

おむつゴミの袋。毎回結構たくさん量を使うし、ポリ袋を使っていても臭いが漏れやすくて困っていました。

そこで資源ゴミを再利用したところ、ゴミ部くりの使用枚数も減り、臭い漏れの軽減につながっています。

 

 

わが家がおむつのゴミで活用している資源ごみ 

それが、ファミリーパックのおやつの外袋です。

f:id:gu-gu-life:20210520081311j:plain 

わが家はおやつ箱を1人1箱作って、各自で選んで食べてもらっています。

 

\おやつ箱の100均のおしゃれプラ箱です。収納はDIYラックを使っています/

www.gu-gu-life.com

 

週末に大袋でおやつを買ってきて、そこに平等になるようにおやつを分けています。

そのため、わが家は毎週おやつの大袋が2〜3枚発生します。

 

これまでは資源ゴミとして捨てていたのですが、我家にとってはこれもまた立派な資源…!!!

しかもこれまでのポリ袋よりも厚手で、サイズもオムツにはちょうど良い物ばかり。

使わない手はなかったです…!!!

ケチじゃない…!有効活用です…!

 

ちなみに…。

他にも包装で使われている袋を活用してきましたが、割と質に差があるので臭い漏れに貢献したりしなかったりでした。

右のポリ袋は100均で購入しているおむつ用のゴミ袋です。

f:id:gu-gu-life:20210217152120j:plain

もちろん、全てのおむつのゴミをまかなえるほど大袋がたくさんあるわけではなく、ポリ袋を使うことも多々あります。

でも、この方法のおかげで、わざわざゴミ袋を買うこともぐっと少なくなりました。

 

おやつの外袋をゴミ箱に入れる代わりに、おむつ収納に入れるだけなので、さほど手間もありません。

むしろ、次男がおむつ交換を嫌がるときにおやつのパッケージが気持ちを紛らわせてくれることの方が多いので、すごく助かっています。

 

まさに一石二鳥

こんな記事を書くと「わざわざ手間をかけてまで」「なんだかケチくさい」と思われないかと思う部分もありましたが…。

個人的には節約よりも臭い問題が大幅に解決されたことや、ゴミになるはずだったものがもう一役買ってくれることにすごく「嬉しい!」と思っています。

 

 \きっかけはこちらの本を読んでやってみようと思えました/

 

スポンサーリンク