gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

どの油性ペンが滲まず書きやすいか?名前書き用の油性ペンの書き比べレビュー

がっちゃんです。

 

今まではなんとなく買っていた油性ペン。

長女が小学校にも持って行くというので100均に行ったところ、色々と売っていました。

どれがいいのだろうか迷った結果、取りあえず買ってみて、書き比べをすることにしました。

f:id:gu-gu-life:20210302184954j:plain 

私がいちばん良いと思ったのは、滲みにくさの点でZEBRAの「おなまえマッキー」でした。

 

 

比較した油性ペン

今回、セリアの文房具コーナーで有名どころの油性ペンを3本購入してきました。

f:id:gu-gu-life:20210302184954j:plain

  • サクラ マイネーム ツイン
  • ZEBRA おなまえマッキー 両用
  • トンボ なまえ専科 ツインマーカー

油性ペンは名前付けだけでなく、家庭菜園でも使うので、いつも何本かストックしています。

今回いまいちだった油性ペンは、外用に使う予定です。

 

ペン先と書き心地の比較

今回購入した油性ペンは、どれも両用になっています。

しかし、どちらも名前を書くことに特化しているため細めです。

そのため、ペン先の区分は「細」と「極細」になっています。

 

使っている布は、綿100%の白でゼッケンなどに使われる布です。

 

【細】の書き比べ

まずは「細」の方で書いてみます。青色で囲った部分が、「細」で書いた文字です。

f:id:gu-gu-life:20210302185450j:plain

ペン先が硬く、滲みにくさを感じたのがZEBRAの「おなまえマッキー」でした。

 サクラの「マイネーム」は圧倒的に滲みやすかったです。

トンボも「なまえ専科」は、書いているときに「止め」をすると、滲むことがありました。

 

書き心地としては、ZEBRA「おなまえマッキー」が少し硬い印象ですが、ペン先の様子はさほど変わりません。

f:id:gu-gu-life:20210302190802j:plain

 

【極細】の書き比べ

続いて「極細」です。私はマスクや靴下など、細かい部分の名前付けでこのペン先をよく使っています。

f:id:gu-gu-life:20210302190210j:plain

ここでも、ZERBAの「おなまえマッキー」の滲みにくさを感じます。

サクラの「マイネーム」も滲みにくかったです。

トンボの「なまえ専科」は少し滲みやすかったです。

 

ペン先だけをアップしてみると、おなまえマッキーだけは、少し異なる形状でした。

f:id:gu-gu-life:20210302190503j:plain

このペン先も、好みが分かれるところですね。

 

3回洗った後の状態

洗濯機でネットに入れて3回洗いました。

f:id:gu-gu-life:20210302191112j:plain

今更ですが字が汚くて恐縮です…。

洗った後も、どのペンも滲みの広がりはありませんでした。

何度か洗っていく中で、色が薄くなってくることはあると思います。

 

名前書きならZEBRA「おなまえマッキー」

このプチ実験、やってみて自分でも納得できたので、すごく良かったです。

今後リピートするならZEBRAの「おなまえマッキー」です。

 

私は細かい場所もつい太いペンで描いてしまう癖があるので、滲みやすいペンだと文字がつぶれてしまいます。

ZEBRAの「おなまえマッキー」ならどちらで書いても滲みが少なく、ペン先が細いので筆圧が強めな私でも相性が良さそう♪

 

今までは100均で見かけることがなく、油性ペンだけのために書店や文房具屋さんに行くのは面倒で、つい指名買いはしていませんでした。

今後は、ZEBRAの「おなまえマッキー」を指名買いしようと思います!

 

\クレヨンケースの汚れの落とし方はこちらで紹介しています/

www.gu-gu-life.com

スポンサーリンク