gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

幼稚教育は奥深かった
ゆるミニマリストのプチウェイストホーム
ミニマルキッチン
ミニマルクローゼットの3コーデ

幼稚園ママと保育園ママのママ友付き合いに性格的なものはさほど関係ない

7歳4歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

長女が0歳の頃、長女を保育園(いわゆる認可外保育園です)に預け働いていました。

長男を妊娠して体調面の理由で仕事をやめ専業主婦になりました。

現在は長女が幼稚園を卒園し、長男が幼稚園に通っています。

 

長女の幼稚園入園前は「幼稚園でのママ友付き合い」に偏見があり、うまくやっていけるだろうか?という不安がありました。

 

でも、今は全くありません。

 

それは、保育園のママ友付き合いも、幼稚園のママ友付き合いも、環境は異なれど、そこにいる「人」自体に性格的な差はないと感じているからです。

f:id:gu-gu-life:20210221190308j:plain

もちろんこれも私の体験談という一面です

 

 

保育園のママたちとの交流

ママ友付き合い、といっても、保育園時代は交流する余裕がほとんどなく、同級生のお子さんはもちろん、親御さんの顔や名前はほぼ把握できていませんでした。

 

それもそのはず。

出勤時間&退勤時間がそれぞれ異なっていたので、朝こそ少し顔を合わせるタイミングがあっても、朝は忙しく会釈程度。

退勤時間時に合わせてお迎えをしていたので、一緒になる方も少なく、夕方のお迎え後も家事や育児にバタバタで、やっぱり会釈程度。

 

私がお世話になっていた施設では、大体そんな感じでした。

 

幼稚園ママたちとの交流

一方幼稚園のママももちろん忙しい。

 

所定の時間に送迎し、お迎えに行く。全園児が(延長保育を除けば)、大体同じ時間に帰宅するので、親もほぼ毎日全員集合状態。

特にお迎えの時間は所定の時間より5分前までに来るように言われていたので、自ずと子供が仲の良いお母さんとは待ち時間に「こんにちは〜寒いですね。」なんて世間話が始まる。

 

子供たちは各クラスごとに一人一人先生から引き渡しされるので、やはりここでも10分ほど待つ。

その後は園庭開放があり、子供たちがなかなか帰らない…。

 

「忙しいから帰ればいいじゃん」って思うかもしれませんが、友達にも遊具にも囲まれた状況で、「さぁ帰るよ」と言ったところで、一体何人の子がささっと帰ることができるのだろう。

と、そんな事情もあり、園庭開放が終わるまで、子供たちの安全を見守りつつ待機するので、やっぱり親同士で「今日もやっぱり帰れないですね〜」なんて会話が始まる。

 

幼稚園入園後に知った私の思い違い

私は、入園前は「幼稚園のママさんたちは群れるのが好き」「幼稚園のママさんたちには仲良しグループが存在する」という偏見がありました。

f:id:gu-gu-life:20210221193420j:plain 

でも、入園して分かったのは、

「子供が仲の良いお母さんとは、挨拶や世間話、いつもの感謝を伝える意味で交流することが多い」

「幼稚園の生活上、社交辞令でも会話する時間ができてしまう」

という事がわかりました。

 

環境が違うからこそ、行動がことなるものの、幼稚園のママたちも、保育園のママたちも、性格的に大きな差はないのだと感じるようになりました。

 

小さな枠組みの中で性格的に当てはめるのは差別と変わらない

 

何が言いたいかと言えば、幼稚園のママたちや保育園のママたちをカテゴリーのように分けて、性格的に「サバサバしてる」や「群れるのが好き」って言ってしまうのは、偏見や差別と変わらなかったんだな、という事です。

 

仕事をしている理由に家庭環境の事があったり、一方で仕事をしていない理由に体調面での事があったりする方もいる。

そもそも、選んで今の生活があるという事自体が恵まれていることなんだな…て。

私は、2人目を妊娠して仕事を辞めるまでは、「自分の意思で仕事を選べていた」事実があり、それがとても幸せであり、またその幸せに気が付けていませんでした。

 

行動が違うのは、環境が違うから。

 

私が体験する限りは、困った人はどこにいても困ったさんだし、頼りになる人はどこにいても頼りになるんだと思っています。

小さなカテゴリーでこうだと決めつけていた自分を反省するとともに、そういう偏見を1つ1つ見つけ出して行かねばな、と思う次第です。

そしてそう言う差別には「NO」と言える自分でありたいと思います…。

 

まぁ、かくいう私は、どこにいてもチキンボッチなんですがね!笑 がんばります!! 

www.gu-gu-life.com

 

★合わせて読みたい幼稚園生活記事

自分の意思で今の生活を選択できることは恵まれていると、このママ友付き合いの記事を書いてて思いました。

私はきっかけこそ体調面でしたが、今は自分の生活を選べ、恵まれていると思います。

www.gu-gu-life.com

 

保育園でも幼稚園でも開催される事が多い謝恩会。めんどくさくって休んじゃいました。

 

www.gu-gu-life.com

 

園庭開放は私にとっては久しぶりの社交場でした。いつまでもボッチでは寂しい…。と思い、ここから私のママ友活動が始まります。(大袈裟)

www.gu-gu-life.com

 

\おすすめ記事@人気カテゴリー/


ミニマルライフ
ユニクロ9割超速オシャレ
楽天マガジン
ミニ財布
RAKURA
「ミニマル」記事一覧へ


1ヶ月3コーデで暮らす
2020年9月
2021年4月
2021年2月
ミニマルクローゼットの3コーデ
「1ヶ月3コーデ」記事一覧へ


子供の学び
子供新聞比較
幼児ポピーの定期受講
子供の勉強のサポートは難しい
下の子たちのフォロー
子供の学び記事一覧へ


子育て4コマ
子供だから感じるお金の価値の大きさ
早すぎる手繋ぎ拒否
3人目の断乳
ピアノの発表会
子育て4コマ記事一覧へ


お問い合わせ&リンク

▶︎お問い合わせ
▶︎イラストのご依頼
▶︎楽天ROOM
▶︎マンガラボ掲載中「青い鳥のしっぽ」
▶︎がっちゃんの「LINEスタンプ」
▶︎がっちゃんの「LINE絵文字」
▶︎家庭菜園ブログ「gu-gu-garden」
▶︎インスタグラム(イラスト)
▶︎インスタグラム(おうち)


スポンサーリンク