gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

カウンター下のマガジンラックをDIY!ディアウォールSなら目立たずスッキリ!

スポンサーリンク

7歳4歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

以前からリビングに“ファミリーライブラリー”のような本棚が欲しいなと思っていました。

 

絵本や児童書、私の趣味の本やちょっと勉強の本。

みんなのそれぞれが好きなものを詰め込んで、趣味を共有できるスペースです。

 

それをカウンター下に設置しました。

今回はその制作記録です。

 

 

完成の様子 

before 

f:id:gu-gu-life:20201110175339j:plain

 

ファミリーライブラリーとはとても言えない、2段のカラボに、絵本や私の本を詰め込んでいました。

 

当然、この有様で乱雑。そして取り出しにくく片付けにくい。さらには掃除もしにくい。

f:id:gu-gu-life:20201110175351j:plain


after 

設置し終えた後はこうなりました。

f:id:gu-gu-life:20201110175509j:plain

カウンターテーブルで食事したり勉強しても、この出っ張り程度なら邪魔になら無い♪

 

私はイラストやデザインの本を、子供たちは各々好きな本を、そしていつか旅行できるように旅行雑誌なども。

 

こうやって表紙で並んでいると、ほんと取り出しやすいです。

f:id:gu-gu-life:20201110175521j:plain

「あ、読もう!」「これ、どうだったかな?」と思った時に、すぐ取り出せるし、表紙が読んでくれるから読むきっかけにもなる。

 

子供たちも絵本を手に取る機会が増え、片付けも上手になりました。(特に2歳の次男)

 

準備したもの

  • 2×4材 113㎝4本
  • 2×4材 62.5㎝(欲しい高さより45mm短い)
  • 3㎝の角材 113㎝4本
  • L字の金具 8個
  • ディアウォールS 3個
  • L字金具に合うネジ(4㎝より短いもの) 適量
  • ペンキ 白

 

(※)ネジを選ぶ時、2×4の厚み3.8㎝を貫通しない長さを選んでいます。

(※)カウンター下の壁の巾木があったので、棚板用の木材はその厚みをマイナスした長さにしています。

 

ヌーロはカラーがたくさんあるので、お好きな色に合わせられます。今回は壁紙とディアウォールに近い白を選びました。

 

ディアウォールはSとRのタイプがあります。

Sの方が高値ではありますが、デザインがスッキリしています。リビングに設置するのでデザインを重視しました。

予算は5,000円くらいのつもりだったのですが…。

長さが中途半端で、木材を効率よくカットできなかったので、なんと1万円もかかってしまいました。ドンマイ!

どんどん使っていこうと思います。

 

制作過程

  1. 本の滑り止め用の木材をネジで止める
  2. ペンキを塗って乾かす 
  3. ディアウォールで柱を立てる
  4. L字金具で棚板を固定していく

 

子供は本でも雑に扱うので、ストッパーは必要だなと思い、3㎝の角材を取り付けました。

f:id:gu-gu-life:20201110133913j:plain

 

みてください。4歳長男が、私を撮ってくれました〜♡顔が写っておりませんが…嬉しいぞ、コノヤロー!

f:id:gu-gu-life:20201110134040j:plain

ネジ止めは、7歳の長女と4歳の長男も私のサポートとともにチャレンジしました。

 

家族みんなで使うものなので、夫と子供たちにペンキ塗りをお願いしました。

f:id:gu-gu-life:20201110134106j:plain

2度塗りの方が綺麗だけど、子供ってついつい厚塗りしてしまので、1回塗りでね。

まぁそこは家庭用ですからね笑

 

先に柱をたてておき、棚板を設置しました。

f:id:gu-gu-life:20201110134305j:plain

 

1点、計算不足だったのが、巾木の分だけ、壁側に隙間ができてしまったこと。

 

子供の絵本がたまにすり抜けたりもします…てへ。

 

と、こんな感じで約1日で出来上がりました。

 

交差する趣味と時間

おけるスペースはたったこれだけ。

f:id:gu-gu-life:20201110175804j:plain

でも、家族の好きなものが同じ収納に一緒に置けるってすごくいいですよね。

 

今興味のあること、今勉強していることが、交わっている様子があって、私は好きです。

 

収納って、ついカテゴリー分けしたくなるのですが、こういう使い方も有意義だなと感じています。

 

今回使用したのは、 若井産業さんのツーバイフォーです。

 

★合わせて読みたい我が家の本棚

寝室には無印のパイン材収納の安定感のある絵本棚にしています。 

www.gu-gu-life.com

 

廊下には壁面収納をDIYして、背表紙が見える壁面収納を。

www.gu-gu-life.com