gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

子供の頃にしか感じられないお金の価値

スポンサーリンク

6歳4歳2歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

先月、初めてのお小遣いを手にした長女でした。

 

そんな長女が今回は、リサイクルショップに使わなくなった鞄を売って30円に換金してきました。

f:id:gu-gu-life:20200918081631j:plain

 

30円って駄菓子1つ買うのもやっとな金額。

でも、子供にとって自分の自由に使えるだから、金額以上のものがあるんだろうなと思いました。

 

30円の重み

f:id:gu-gu-life:20200918081925j:plain

 

はじめてお小遣いをもらった日も、ずっと10円玉を手に握りしめて眺めていました。 

www.gu-gu-life.com

 

1ヶ月ほど経った今でも、お出かけの時には必ずお財布を持って、車で大事そうにそのお金を見つめていたりします。

 

こんなに幸せな100円玉って他にはいないんじゃない?って思うほどです。

 

長女が感じる30円の重みを、今の私は感じることはできないし、きっと長女が大人になれば私と同じような価値観になる。

だから、この日に感じた30円の重みやワクワクは覚えていて欲しいなぁっと思っていたりします。

 

子供の頃のリサイクルショップとの付き合い方

以前も赤ちゃんのころのおもちゃを大片付けしてリサイクルショップで換金し、それを資金におもちゃを買ったことがありました。

www.gu-gu-life.com

 

リサイクルショップで換金することは、「簡単にお金が得られる」ようで、自分の切り売りの用になっては欲しくないと思っていて。

できれば、不要になったものを適時循環させていく大切さを学んでほしいと思っています。

 

だからこそ手放す時に「次に使う人」のこともイメージさせながら手伝っています。

 

例えば

「自分がいらないものは人にとってもいらないことが多い」

「汚れた状態のものをお金を出して買いたいと思う?」

「大事に使って、それが次の人にも使うだけの価値があれば、リサイクルに回そう」

という感じです。

 

なんでもかんでもリサイクルに出すのは、幼いうちはちょっと怖さもあって、その辺も正しく知って欲しいなと思っています。

 

だからわが家はものを買う時にはだいたいリサイクルショップも候補に入れて購入を検討しています。

 

わが家のはじめてのお金の勉強は絵本からでした。

 

そうそう。

昨晩からスタートしているお買い物マラソン。ポチッとエントリーとスロットだけ回して参加検討中です♫

 

 

★合わせて読みたい子供とお金

不要になったおもちゃは片付けと処分まで一緒にやると次に芽生えるものがあるのかも?  

www.gu-gu-life.com

 

お金の教育ならベリーさんの本もすごく土台があって共感できます。

www.gu-gu-life.com

 

子供のお小遣い、小学1年生からはじめました。

www.gu-gu-life.com