gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

自転車で顔が濡れないレインコートに簡単リメイク!100均のフェイスシールドを装着

スポンサーリンク

6歳4歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

長男の幼稚園がちょっと距離があり、雨の日に3歳の長男を歩かせるには忍びなく、自転車で超低速運転をしながら送迎をしています。

できればしたくないのですが…こればかりは仕方がない…

 

しかし私が持っているレインコートは普通のフードになっており、顔の部分にカバーがついていません。

そこで、100均のフェイスシールドを使って、顔が濡れないようにリメイクしました。

f:id:gu-gu-life:20200731090658j:plain

菅田将暉くんは鬼ちゃんが好き

 

 

完成の様子

全体の様子はこんな感じです。

f:id:gu-gu-life:20200731081705j:plain

入っているのは高知県の廃校水族館のぶりちゃん

 

フード部分はこんな感じ。

f:id:gu-gu-life:20200731081746j:plain

入っているのは高知県の廃校水族館のぶりちゃんです

ちょっとフードがヨレるのでコックさんみたいな帽子になりました笑

 

準備するもの

  • フェイスシールド
  • リメイクしたいレインコート
  • 目打ち(フェイスシールドに系用の穴を開けるため)
  • レインコートの色味に合わせた系
  • 両面テープ

 

私はキャンドゥで無色透明なフェイスシールドを使用しました。

可動式のサンバイザーのようになっているので、シールドが湿気で曇った時などに角度を調整できるのが便利です。

 

 

リメイク方法

10分あればできる作業なので、手持ちのレインコートにフェイスシールドがついていない場合はおすすめです。

  1. 両面テープをフェイスシールドの上部に貼る(図1参照)
  2. フェイスシールドをフードの上部に貼り付ける(図1参照)
  3. 目打ちでフェイスシールドに糸を通す用の穴を1㎝間隔で開ける(図2参照)
  4. 穴に沿って糸を本返し縫いで縫っていく。負荷がかかりやすい両端は3回ほど縫い返して補強。(図2参照)

 

*レインコートのフードの縁にゴムや紐がなく萎めないタイプ場合は、風でフード毎後ろに持っていかれるので、このリメイク方法は不向きです。

 

フェイスシールドにいきなり穴を開けてもいいのですが、貼り付けてからの方が幅のイメージが掴みやすかったので、貼り付けました。縫い合わせる時も滑るので、貼っておいた方が作業しやすいです。

f:id:gu-gu-life:20200731082027j:plain

図1:仮留め用の両面テープ

 

f:id:gu-gu-life:20200731081944j:plain

図2:端の処理、目打ちの幅、本返し縫い

最後に 

余談ですが、ポンチョタイプのレインコートだとレインコートの内側に風が入り込んでレインコートがすごくなびきます。

安全確認する際に邪魔になることもあるので、下側を100均のプラスナップで止めています。

f:id:gu-gu-life:20200731082429j:plain

通常のレインコートよりはなびいてしまいますが、だいぶマシになりました。

 

雨の日は手荷物も身軽にしたいと思うとリュックが便利ですしね。

子供をおんぶして歩いて外出する時もあるので、ポンチョやリュックタイプだと便利ですよね。

 

ただ…まぁ。

このリメイクにより母としての防御力と機動力は100上がりましたが、女としての自己肯定感は1000下がりました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

ただ、あくまでも簡易的なリメイクなので、使用頻度が高い場合は、さくっとカバー付きのレインコートを買うのをおすすめしたいです。

そして、レインコートが必須な場合は、出来る限り可愛いレインコートを選んでいただくのがおすすめです…。