gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

キャッシュレス生活3ヶ月目。食費が予算内に収まるようになってきた

スポンサーリンク

6歳4歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

キャッシュレス生活を始めて3ヶ月。

 緊急事態宣言が解除され日常が戻りつつある今、やっと家計も落ち着きを見せるようになりました。


 

キャッシュレス生活3ヶ月目の結果

やっと6月分の食費が4万円ほどになってきました。

5人家族でおむつなどの消耗品や日用品も含め、食生活費は41,699円でした。

f:id:gu-gu-life:20200629083831j:plain


 

長女の小学校がお弁当であったり、長男がまだ午前保育であることを考えると、通常の予算の3万5千円から少しはみ出してしまうのも、許容範囲内です。

www.gu-gu-life.com

 

 

緊急事態宣言後の変化

緊急事態宣言が開けて変わったことといえば

  • 「食」以外の楽しみが日常に戻って来たこと
  • 外出自粛も軽減されほぼ自由に買い物に行けるようになったことで不用意な買い溜めが減ったこと

大きくはこの2つです。

 

それでも、地震が頻発しているので、ストック食材はしっかりと備えておきたいところ。

 

マスク、アルコール消毒に加え、ラップや洗剤、石鹸などはプラス1ヶ月分をストックするようにしています。

 

 

ハイブリッド式キャッシュレス生活の変化

①クレジットカード非対応のスーパーに行かなくなった

2番目に行くスーパーがクレジット非対応で、キャッシュレス生活前までは「ちょっと困るなぁ」と思っていました。

なんとなく近所で、なんとなく安い気がして行ったスーパーですが、キャッシュレス生活にとってはあまり利点がないスーパーだったので、次第に足が遠のくようになりました。

 

「ここじゃないと」と固執していたものも、いざ手放してみると思い込みだったことがわかる経験はいつも価値が大きいと実感します。

 

②地産地消を楽しむ

道の駅や農協の野菜売り場で食材を買う楽しみが戻ってきました。

 

新型コロナウイルスで多くの業界が大打撃を受けたはず…。

www.gu-gu-life.com

 

国産を買うようにするのと同様、野菜も出来る限り地産地消を心がけるようにしています。

 

外出自粛中はスーパーをハシゴすることはできず、こういったお店からも足が遠のいていました。

しかし、今後はさらに活用し、地域の美味しいものに目をむけていきたいです。

 

 

キャッシュレス還元が終了。代わるものは?

キャッシュレス生活で今後困るのが、キャッシュレス還元が2020年6月30日で終了すること。

今後は2020年9月から導入予定のマイナンバーカードに付随されるマイナポイントをうまく活用していければいいいなと思っています。

mynumbercard.point.soumu.go.jp

私も流れに乗ってマイナンバーカードを取得してきました。

 

ただ、私は専業主婦で稼ぎ頭ではありません。

この辺はマイナンバーカードの取得も家族で足並み揃えて行かないといけないので、ちょっとこの夏に準備しておこうと思います。

 

 

少しずつ日常が戻りつつあるわが家。

キャッシュレス生活の管理についても買い物についても、今後も課題を持って改善していければいいなと思います。

 

子供服やレジャー費はこちらから捻出しています