gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

洗濯家事の時短術/「人別に吊るす」でめんどくさい畳む作業を減らす

がっちゃんです。

 

5人家族になり洗濯物が増えて増えて仕方ありません。

そこで「吊るす収納」を活かし、洗濯家事の負担を減らしました。

 

 

5人家族1日に畳む洗濯物の量はここまで減りました

f:id:gu-gu-life:20200607194150j:plain

畳む時間は5分もかかりません。

 

わが家の洗濯家事の動線

f:id:gu-gu-life:20200607211941j:plain

  1. 夕方、私が洗濯して干す(パジャマ5セット、服4セット、タオル、ふきん)
  2. 夜、夫が洗濯して干す(1日自分が着た服、ジョギングで使った服、タオル)
  3. 翌日の日中、大人の服はそのままクローゼットへ、それ以外は1階へ
  4. 子供服の上の服はハンガーのままキッズスペースにつるし、パジャマと下着は洗面所へ投げ込み、それ以外を畳んで戻す

 

と言う流れです。

極力吊るした状態をキープして部屋を移動するのみにしました。

わが家は年中、2階で室内干ししています。

 

しかしこれをする上で問題が2つありました。

 

洗濯動線を時短化する上での2つの問題と解決策

それは

  • 夫のパジャマとジョギングウエアの区別がつかない
  • 取り込む時に人別に仕分けするのがめんどくさい!

この2つでした。

 

パジャマとの区別は、パジャマコーナーを作ることでした。

f:id:gu-gu-life:20200607195151j:plain

 

 

さらに、片付ける時にそのまま取り込めるように、人別でエリア分けしました。

f:id:gu-gu-life:20200607195505j:plain

青ゾーンが夫、緑ゾーンが私です

こうしておけば、夫と私の服は寝室のクローゼットに移動させるだけでOK

子どもの服も上の服はリビングの収納に吊るすだけでOK

 

\わが家のキッズスペースはDIYでプチリノベ!片付け動線から朝の支度までをスムーズに/

www.gu-gu-life.com

 

家事は「できる人がやる」スタンスで考えると「誰でも」「みてわかる」「簡単にできる」というのは、とっても大事な条件でした。

 

\新しい生活用様式で増えた細かい洗濯物も時短化に成功/ 

www.gu-gu-life.com

 

子どもたちの未来のために当たり前の家事を「仕方ない」で終わらない

「畳む」作業に疑問を持たずに過ごしてきましたが、そんな当たり前を疑って、不要な労力を削っていく楽しさを子どもたち達には知ってほしい。

 

家事全てを簡単にする必要はないのです。

料理や掃除など、好きなもがあればじっくり向き合えばいい。

でも、しんどいな〜と思う家事があれば、当たり前を疑って改善していけると嬉しいなと思います。

\さらにアイリスオーヤマの室内干し道具を追加して家族5人の洗濯スペースを確保できました/

www.gu-gu-life.com

 

スポンサーリンク