gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

プレに行かなかった私立の幼稚園。入園後の1週間。

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

3歳の長男が、今年度から年少さんとして幼稚園に入園しました。

しかし、皆さんもご承知のように、新型コロナウイルスの影響があり、形だけの入園はあったものの、実際に長男が幼稚園に通う日は2ヶ月も遅れることになりました。

 

そして5月下旬。

分散登園かつ短時間保育で、登園がスタートしました。

 

そんな中、私が不安に思っていたことは「2歳児の時にプレに行っていない幼稚園でも仲良くやっていけるのか」ということでした。

 

まずはスタートして1週間。

母の不安を超えて、すこぶる元気に楽しそうに毎日を過ごしております。

 

スポンサーリンク
 

 慣れ親しんだ長女の通った幼稚園と別の園を希望した理由

完全に私の都合です。

 

長女の幼稚園はPTAの活動や幼稚園の行事参加が多く、地域の中でも親の出番が多い園であると入園後に知りました。

また年少児は短縮保育がかなり変則的に実施されています。それに伴い送迎の時間や行事の把握、お弁当の調理食材管理など、自分の管理能力を超えてしまうのではと言う不安がありました。

 

この2点が理由で、「このまま長男が入園すれば、自ずと次男もこの幼稚園になる。在園中は就業が難しそう。私、あと何年家にいることになるんだろう?」と考えるようになりました。

 

できれば次男の手が離れた頃には、社会復帰をしたいと思っていた私にとって、「あと5年以上働けない」というのは大きな機会損失に感じました。

 

そこで、長女が通った幼稚園以外を模索することにしました。

www.gu-gu-life.com

 

長男の幼稚園選びで新たに決めたポイントは2つ

これも完全に私の都合です。

  • PTAや行事など親の出番が少ない(と評判)
  • 学区内

この2つをポイントに幼稚園選びを再スタートさせました。

そして現在、長男が通い始めている田舎の私立の幼稚園に決まりました。

www.gu-gu-life.com

 

しかし、入園が決まって気がついたことは、ここに入園する子の多くがここプレに通っていたと言うこと。

 

プレというプレッシャー

そう。私が幼稚園選びを始めたのが去年の6月ごろでした。

プレが始まるのは去年の4月からで、申し込みはもっと前。

 

幼稚園選びに必要なタイミングはとっくに過ぎていたわけです。

 

幼稚園に慣れる為のプレに行っていないことが、私にプレッシャーを与えてくる…。

園庭開放もほぼ開催していない園だったので、入園前の1日入園が唯一の慣れ親しむ機会となりました。

お母さん方はすでに打ち解けているけれど…私と長男、果たしてうまくやっていけるのだろうか。

そんな不安を私だけが感じながら、新年度がスタートしました。

 

入園して1週間

長男は1日入園がとてもたのしかったようで、「お姉ちゃんとは違う僕の幼稚園!」とすごく喜びを感じているようです。

毎日の登園もワクワクしているようで、登園初日の前夜には自ら早めに就寝したり、いつもはなかなか朝の着替えをしないのに、ささっと着替えたり、幼稚園バッグの片付けを率先してやろうとしたり。

とにかく毎日が楽しくて、幼稚園が大好きな様子。

f:id:gu-gu-life:20200604075647j:plain

洗濯物から、はちきれんばかりのワンパク感が伝わってきます

 

初日から違和感なくなじめているようです。ホッ。

 

プレは誰のため?

私がプレがあることで良いなと思う点は2つあります。

f:id:gu-gu-life:20200604082412j:plain


 

1つめは、子供たちが自分がこの先通う幼稚園として慣れ親しみ、少し内気な子でも「知った顔」がいることで楽しみにして幼稚園に足が向かうこと。

2つめは、親である私たちが、幼稚園の教育環境を知り、親同士のコミュニケーションができることで入園前の不安を解消させること。

 

教育的指導が入園前の2歳児から得られる、と言うよりかは、親も子供も場や人になれることができる、ということ。(あくまでも私の感覚です。)

 

1つめ、子供の慣れ

長男が通う年少クラスを見ていると、友達の輪というほど強固な関係性はできていないように感じていました。

点と点同士が大体似たような方向性をもって過ごし、たまにぶつかり合う、そんな感じでした。

プレと言っても、月に1回でたった1時間だったので、2歳児にとって友人関係に大きなアドバンテージがあったわけではなさそうでした。

そして、幼稚園という環境は本当に優れていて、文字を読めない子どもたちが視覚で物事や行動がわかるようにしっかりデザインされているんですね。

 

自分専用のシールがあり他の子と場所や持ち物を分けたり

水道前には洗う子と待つ子の足跡マークが付いていたり

トイレットペーパーの引き出す長さの目安が描かれていたり

 

プレの差を感じさせない配慮が沢山あり、長男もすぐに馴染んでくれ、在園中の親のサポートの手も少ないなと感じています。

 

2つ目、親の慣れ

難しいけれどここは頑張ります!!全ては自分の数年後の未来のために、幼稚園を選んだのだから。

お母さんが皆さんひとまわり若くて、すでにコミュニティが出来上がっていますが…。

長女の幼稚園で「適当さ」と「恥を忘れる厚かましさ」を培ったので、でしゃばりすぎず、極度に避けることなく、適度にやり過ごして行こうと思います。

 

「上の子は近所の違う園だったらしい変わってる人」的な視線をどことなく感じていますが…。

ま、まぁ、2人目になるとあまりそれも気にならないのがいいところですね。

とにかく爽やかな挨拶だけは頑張って、余分なコミュニケーションは控えて行こうと思います。

 

▼挨拶マンに変わった私の1年

www.gu-gu-life.com

  

無い無い無いの新学期、無事に終えて欲しいです

先日、長男のお便りを見てびっくりしました。

当初予定されていた1学期のイベントがほぼ中止になっていたことに。

 

スケジュールを詳しく把握していなかったけど、5月には遠足の予定もあったんですよね。当たり前のように休園として過ぎて行ってしまいました。

なんて言うか…誰のせいでもないし、誰を責めるつもりもないけど。なんだか悲しい気持ちになってしまいますね。

 

血の気が多い方では決してありませんが、それなりにヤンチャな長男。

今は新しい環境に楽しさを感じつつも、2人目らしく周りを結構見ている感じがあります。

 

無い無い無いで始まった幼稚園生活。

ゆっくりゆっくりなれる機会だと思って、まずは無事に1学期を終えて欲しいです。