gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

f:id:gu-gu-life:20200507090606p:plain

f:id:gu-gu-life:20200508062919p:plain

休校中の小学1年生の家庭学習。学習計画に基づいて勉強を進める上でのポイント

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

緊急事態宣言の延長に伴い、ゴールデンウィーク明けから解除されるはずだった休校も、引き続き継続され、今年度小学校一年生である長女はどっさりと新しい課題を受け取ってきました。

 

おやおや?小学校さん。

前回の宿題とはちょっと質が違うじゃないの?とその内容に慄いております。

f:id:gu-gu-life:20200513104114j:plain

家庭学習を進める上で、色々迷うこともありまして…。

参考になりそうなサイトがあったのでそれを確認しながら進めています。

 

スポンサーリンク
 

 

休校延長に伴い文科省から各都道府県の教育委員長にあった通知 

明かにこれまでとは違う様子の課題に、何かあったんだろうなと勘繰ってしまう嫌な私。

 

文科省のトップページのお知らせに「新型コロナウイルス感染症対策のために小学校、中学校、高等学校等において臨時休業を行う場合の学習の保障等について(通知)(PDF)」というものが出ていたようです。

 

そこによると

ア.学校が課す家庭学習の充実 学校において、児童生徒が自宅等にいる状況であっても、規則正しい生活習慣を身に付け学習を継続するとともに、学校の再開後も見据え、学校と児童生徒との関係を継続することができるよう、学習指導通知に記載の 家庭学習の内容の例や学習状況及び成果の把握の例なども参考にしながら、指導計画等を踏まえ、各教科等において、主たる教材である教科書及 びそれと併用できる教材等に基づく家庭学習を課すこと。その際、別紙の「学習計画表」なども参考に計画性を持った家庭学習を課すなどの工夫を講じること。

引用:新型コロナウイルス感染症対策のために小学校、中学校、高等学校等において臨時休業を行う場合の学習の保障等について(通知)(PDF)

 

文科省から各教育委員会の長に対しての通知があったのかぁ…。納得。

 

今回課題の質がグンと上がった要因としては

  • 学校再会を見据えた上で家庭学習を進めようね
  • 指導計画があっての教育だから、教科書や教材に基づいて家庭学習が進められるようにしてね
  • 学習計画表も付けて進めやすくしようね

という部分があったからでしょうね…。

 

実際に長女も学習計画表をもらい、教科書や教材を使って勉強できるように予定が組まれていました。

それまでは「いつどこまで進めればいいかわからなかった各教科の学習」について、小学校から学習計画表を提示されたことで、そのゴールとスピードを確認することができました。

 

▼ちなみに文科省の学習指導要領はこちらです。

小学校学習指導要領(平成29年告示)(PDF)

 

 

 

実際に学習計画表に基づいて家庭学習をしてみて思うこと

実際に学習計画表に基づいて長女と家庭学習をして感じたことです。

f:id:gu-gu-life:20200513154425j:plain


 

親の補助教材として教科書の出版社の学習指導計画例が参考になる

小学校の頃に、先生だけは赤ペンでカンニングのような文字がびっしり書き込まれた教科書を使っているのを見た記憶があります。

そう。先生の教科書は児童に教育指導がしやすいよう、「この部分はこう言う質問をしてみましょうね」的なことが書かれてあるんです。

それがまっさらな教科書を見るだけでは私にはさっぱりわからないです。 

 

そこで参考になったのが教科書を出版している会社からの年間指導計画の提示資料でした。 

下記はあくまで一例(わが家の長女の教科書とも異なります)ですが、お手持ちの教科書の出版社のサイトで確認してみると、学習のヒントが得られそうです。

 

 

ちなみに、私の地域の教育委員会のサイトを開いてみましたが、参考になる情報はほとんどありませんでした。残念すぎる(´;ω;`)

 

褒めて褒めて褒めちぎるだけの幼児教育からステップアップしていかに技術や思考を習得していくか?と言う点を考えると、 今の自分では力量不足…。

 

時間で区切らず学習内容で区切る

休校になったばかりの2020年3月の頃は、時間割を設けて1日を過ごしている小学生の児童をニュースなどで見かけました。

それに付き合うご両親も、粛々とその時間割を過ごす児童もとてもすごいなぁと感じていました。

しかし、わが家の長女は年度の区切りとして入学を経ただけで、学校生活を体験したことがほぼない状態です。

特に学習のスピードがゆっくりで内容も濃くはない(語弊がある言い方ですみません)低学年の今の時期って、クラス全員で同じ物事を進めていくことに意味があり、それ故にゆっくりカリキュラムが組まれているようにも感じています。

 

例えば、朝顔の成長観察でも、みんなで校庭に出て、みんなで水やりや種まきをして、みんなで帰ってくる。

家ですれば5分でできるけれど、集団でやると(水道や下駄箱の順番待ち、集合や教室と校庭への移動など)20分はかかる作業。

 

小学校の学習内容を家でやる場合、必ずしも小学校と同じ45分単位の時間割で進めるのは、特に今のうちはあまり意味はないのかなと感じました。

もちろん、集団で学べることが学べない学習の機会ロスは大きいですけどね涙。

 

ということで、わが家は朝にガーっとその日の課題を済ませたらひたすら遊んでいます。

 

オンライン授業は難しい

オンライン授業、すごくいい。すごくいいよ。

でも、小学校低学年のわが家の長女が小さな端末の前で何十分も座って授業を聞いているとは思えない。

 

45分の授業は、集団でかつ小学校の教室という特別な環境だからこそなんとか成り立つ訳で…。

下の子は好き放題遊んでいて、お菓子やおもちゃの誘惑もある家の中で、いったいどのくらいの児童が45分を座って授業に参加できるのだろうか。

果たして長女が授業を受けている間、下の子たちは静かにしていられるのだろうか。

正直、一コマ学習を終えるのに、1日分の精魂を使い果たしそうです。

 

もし始まるとなれば、時間の区切りや手法は様々で私が思っている安易なやり方ではないのでしょうが、それにつきそうであろう親としては、若干心配もあったりします。

 

ただ、オンラインで平等に学習できる環境が整うこと自体はとても賛成です。

 

なぜかって、たまにふと考えるんです。

「緊急事態宣言で休校中だから家にいて、それが非日常だと思い込んでいるけど、学校に行かないことがあるのは、意外と普通のことなのかもしれない。」

わが家の子供達がクラスに馴染めなかったり、長期治療の怪我をしたり、学習環境やスピードに追いつけなくなった時…。

今の非日常は、限りなく日常に近いものになっていくのでしょう。

 

そう考えた時に、オンラインで学習できる環境は、親としては心強い環境です。

だからこそ、どんどんできるべきだし、その活用方法に私も順応していかないといけないなと感じています。

 

まぁ、わが家が1番活用しやすいのは受動的ですが「NHK for School」ですかね!

しのごの言ってないでせっかくあるツールをどんどん活用していかねば損ですね。

 

 

プラスαだけに意欲を燃やさない

もうほんと、私の悪い癖なんです。

すぐに自分で調べてきて自分でやってしまおうとする悪しき自己流の自己満足。

 

でも、まずは小学校が提示している学習計画表を粛々と進めること、そのために親である私が必要な知識を知っておくことを進めていこうと思います。

 

休校になり家庭学習用のドリルがすごく売れていたようで、ネット販売では「品切れ」の文字をとてもよく目にしました。

私も家庭学習用のドリルを買った親の一人です。

3月の休校当初は宿題があるかもわからなかったし、4月以降に学校からもらった宿題も場つなぎ程度のクオリティで焦ったというのも本音です。

 

でもその時と今の宿題では明らかに質が変わりました。

 

まずはここを信じて進めていきたいなと思います。

 

私は専業主婦だから、まだ時間がありますけど…これ働いてる人もいるわけだから、もう少し咀嚼やサポート教材があった方がいいのでは…と長女のもらってきた課題を見て思っていたりも…します…ボソッ

 

★合わせて読みたい家庭学習

偉そうに語っていますが、これまでのわが家の家庭学習なんて無いに等しいようなものです。 

www.gu-gu-life.com

 

それでもあおどりはコスパの良い教材だったと思っています。

www.gu-gu-life.com

 

スポンサーリンク