gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

f:id:gu-gu-life:20200507090606p:plain

f:id:gu-gu-life:20200508062919p:plain

【初心者】抹茶を楽しむために茶筅の代用に100均のミニ泡立て器使用

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

この長引くおうち時間の中で、「兎徒然」の月来子さんのお茶時間に憧れて、抹茶時間を楽しむようになりました。

 

しかしわが家には茶筅はない。

ということで100均で子供用に買っていた小さめの泡立て器でお茶の練習をしました。

 

流儀や作法は全く分かりませんが、自分のためにお茶をたてる時間はすごく新鮮で神秘的です。

 

 

茶筅の代用で使っているお茶時間の道具

f:id:gu-gu-life:20200506052359j:plain

  • 抹茶の粉
  • 100均の小さな泡立て器
  • スプーン
  • 抹茶碗がわりの器
  • キッチンペーパー
  • ステンレスなどのボウル

 

私が購入したのはこちらの抹茶です。初めての方にも手に取りやすい手頃な抹茶でした。 

一般的なサイズの泡立て器を使用する場合は、混ぜる際に大きめのボウルを使うとこぼれにくい…です(←すでにこぼした人)

茶こしがあればそれを使って抹茶の粉をふるうとダマができにくくてよく混ざりやすいです。 

  

初めての方はお茶をたてている時の様子は動画で見た方がイメージがしやすいです。この動画の5分くらいのとこから見れます。


【初心者向】美味しい抹茶の点て方 -ポイントは3つ

 

 

家にあるもので始めるお茶の立て方

  1. お湯を沸かす
  2. ステンレスのボウルと抹茶碗にお湯を注いで温める
  3. ステンレスのボウルのお湯を捨てキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取る
  4. ステンレスのボウルに抹茶の粉をスプーン半分ほどいれる
  5. 沸騰したお湯をボウルいちょこっと入れて練る(濃茶)
  6. 抹茶の粉が全部混ざったらお湯をボウルの鍋肌に沿わせるようにして注いでいく
  7. 泡立てる
  8. 温めておいた抹茶碗のお湯を捨てキッチンペーペーでしっかり水気を拭き取る
  9. 抹茶碗にボウルのお茶をゆっくり移し替える

 

最初は器でそのまま泡だてていたのですが、 泡立て器が器に当たってかちゃかちゃ言う音が気になっていました。

「器にも傷がつくことを防ぐため」と、月来子さんにアドバイスをもらって、ボウルに移し替えて作業をすることに落ちつきました。

 

 

素人の抹茶時間

人生で初めてたてたお茶がこちらです。

f:id:gu-gu-life:20200504184945j:plain

…まぁ、こんなもんですよね!

まぁ最初ですしね…。

見た目は洗剤を流し損ねた時の泡みたいで残念だけど、味はちゃんとお茶でした。

 

お供には頂き物の田舎とうふの黒ごま味を。

 

何度か練習をし、ご経験者の方々にご助言をいただき、こうなりましたヽ(;▽;)ノヤター

f:id:gu-gu-life:20200504185845j:plain

ど素人です。道具も持っていないど素人ですが楽しいです。

 

 

泡立て器でお茶を立てる時に素人がやってみたこと

濃茶から少しずつお湯を足していく

泡立てる以前に、お茶の粉が全体的に混ざっていない感じがありました。

そしてうまく泡立たない…。

そこでまたまた月来子さんにアドバイスをもらって濃茶(こいちゃ)からチャレンジすることに。

 

写真はちょっと入れすぎみたいですが、最初はお茶の粉を湿らせるくらいにお湯を入れて混ぜる(というよりも練る感じでした。)

f:id:gu-gu-life:20200506045736j:plain

 

泡立て器で混ぜていくとこんな感じ。

f:id:gu-gu-life:20200506050106j:plain

濃茶をする前は、混ざり切っていないダマが下に沈澱していたのですが、濃茶から始めると素人の私でも混ざりやすい…!ありがとうございます!!

 

泡立て器の持ち方を変える

お茶を立てる時はM字に茶筅を動かす!と聞くものの、なかなか上手にM字に動かせませんでした。

これは鍛錬なるものなのか…と思っていたのですが、茶筅と泡立て器って持ち方が違うのかな?と思い、茶筅に近い持ち方で泡立て器を持って動かすようにしたところ、泡がたくさんできるようになりました。

 

私の泡立て器の持ち方だと泡立て器は斜めにしていることが多かったり

f:id:gu-gu-life:20200506050843j:plain

 

手が疲れたからと言って、鉛筆持ちにしてやっぱり斜めに持っていたりしました。

f:id:gu-gu-life:20200506050701j:plain

 

 

でもお茶をたてる時って、正座して抹茶碗の上から混ぜているイメージがありました。

それと同様に泡立て器を垂直に軽〜く持ち

f:id:gu-gu-life:20200506053434j:plain

 

お茶の水面で縦に小さく振動させるように肘から動かしました。

f:id:gu-gu-life:20200506053458j:plain

なんて言うんでしょうか…

腕全体を電動泡立て器のように見立てた気持ちで無心にパチャパチャさせていました。

 

するとこんな感じの大きめの泡になります。

f:id:gu-gu-life:20200506053623j:plain

 

 

茶筅と泡立て器の大きな違い

茶筅と違うと感じたのが、泡の大きさです。

 

お茶は泡があることで、見た目が良くなったり、クリーミーで苦味が和らいだりするためにたてるそうです。


泡に固執する必要は無いものの、やっぱりきめ細かい泡をたててみたい初心者な私。

 

茶筅と泡立て器の構造の違い

泡立て器は10〜12本程度のワイヤーが円上に組み合わせっているところ、茶筅は16〜120本もの穂が棒状に組まれています。

構造が全く違う道具なので、泡立ちかたにも当然差が出ます。

 

茶筅と泡立て器の出来栄えの違い

茶筅でたてられた泡は淡い鶯色をして、細かい泡がずっと残っています。

しかし、私が泡立て器でたてたお茶は、粒が大きく色と認識できるほどの泡ではなく、大きめの泡だからか、比較的短時間で泡も消えてしまいがちです。

口に入れた時に泡感はあるものの、カプチーノのようなクリーミーさには到底及びません。

 

月来子さんがたてたお茶と見比べていただくとその差が分かり易いです。

flemy.hatenablog.jp

 

 

 

それでも、いざお茶を楽しもうと思った時に、続くかわからないことに、全ての道具を揃えるのは、かなりハードルが高いです。

ましてや茶筅は他に代用しにくいもの。

 

家にある身近なもので、手軽に始めまれる良さが泡立て器のいいところですね。

 

 

お茶時間を楽しみたい

私が生まれた時にはもう亡くなっていた祖母が、実はお茶の先生だったそうです。

茶筅や着物があるのは知っていましたが、日の目を浴びることがなく、ずっと眠ったまま。

私は母のお茶も飲んだことがありませんし、私もお茶をたてたのはこれが初めてです。

 

今、お茶をたてている自分の姿を客観的に見ると、なんだか何かに招かれているようで感慨深いです。

せっかく始めたお茶時間。 

眠っている実家のお茶の道具を少し分けてもらって、これからはお茶の時間を楽しみたいです。

 

▼今回使用した抹茶の粉です

▼食洗機対応で分解sてあらえる樹脂タイプの茶筅もあります

▼一般的な茶筅