gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

抹茶の茶筅の代用に100均のミニ泡立て器は?初心者抹茶時間のススメ

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

この長引くおうち時間の中で、「兎徒然」の月来子さんのお茶時間に憧れて、抹茶時間を楽しむようになりました。

 

しかしわが家には茶筅はない。

ということで100均で子供用に買っていた小さめの泡立て器でお茶の練習をしました。 

流儀や作法は全く分かりませんが、自分のためにお茶をたてる時間はすごく新鮮で神秘的です。

 

 

茶筅の代用で購入した100均のミニ泡立て器

購入したのがこちらの泡立て器です。

f:id:gu-gu-life:20200506052359j:plain

右に写っているものですね。セリアで購入しました。

 

他にはこんな道具を使っています。

  • 抹茶の粉
  • スプーン
  • 抹茶碗がわりの器
  • キッチンペーパー
  • ステンレスなどのボウル

 

購入した抹茶はこちらです。 

 

おうち時間の抹茶方法

  1. お湯を沸かす
  2. ステンレスのボウルと抹茶碗にお湯を注いで温める
  3. ステンレスのボウルのお湯を捨てキッチンペーパーでしっかり水気を拭き取る
  4. ステンレスのボウルに抹茶の粉をスプーン半分ほどいれる
  5. 沸騰したお湯をボウルいちょこっと入れて練る(濃茶)
  6. 抹茶の粉が全部混ざったらお湯をボウルの鍋肌に沿わせるようにして注いでいく
  7. 泡立てる
  8. 温めておいた抹茶碗のお湯を捨てキッチンペーペーでしっかり水気を拭き取る
  9. 抹茶碗にボウルのお茶をゆっくり移し替える

 

初めて抹茶をたてる方は、こちらの動画の5分くらいのところがおすすめです。


【初心者向】美味しい抹茶の点て方 -ポイントは3つ

  

100均の泡立て器で作る抹茶

出来上がったのがこちらです。

f:id:gu-gu-life:20200504184945j:plain

…まぁ、こんなもんですよね!

 

お茶をたてるのも初心者ですから。

でも、お茶はすごくおいしいお抹茶でした。

 

さらに何度か練習をし、ご経験者の方々にご助言をいただき、こうなりましたヽ(;▽;)ノヤター

f:id:gu-gu-life:20200504185845j:plain

何度か練習すると、泡も上手に立つようになってきますね。

 

泡立て器でお茶を立てる時に素人がやってみたこと

  • 濃茶から少しずつお湯を足していく
  • 泡立て器の持ち方を変える

 

濃茶から少しずつお湯を足していく

ダマにならないように、濃茶(こいちゃ)から少しずつ伸ばしていく方法です。

 

濃茶とは最初はお茶の粉を湿らせるくらいにお湯を入れて混ぜる(というよりも練る感じでした。)

f:id:gu-gu-life:20200506045736j:plain

 

泡立て器で混ぜていくとこんな感じ。

f:id:gu-gu-life:20200506050106j:plain

濃茶をする前は、混ざり切っていないダマが下に沈澱していたのですが、濃茶から始めると素人の私でも混ざりやすいです。

 

泡立て器の持ち方を変える

動かすときに茶筅を持つイメージで持って動かすようにしたところ、M字に動かしやすかったです。

そして泡立ちもかなり良くなりました。 

 

 

最初の持ち方がこちらです。茶碗への角度が斜めになっています。

f:id:gu-gu-life:20200506050843j:plain

 

改めた持ち方がこちら。茶碗に対して垂直に持ちます。

f:id:gu-gu-life:20200506053434j:plain

 

さらにお茶の水面で縦に小さく振動させるように肘から動かしました。

f:id:gu-gu-life:20200506053458j:plain

腕全体を電動泡立て器のように見立てた気持ちで無心にパチャパチャさせていました。

 

出来上がった泡がこちらです。

f:id:gu-gu-life:20200506053623j:plain

 

茶筅と泡立て器の大きな違い

茶筅と違うと感じたのが、泡の大きさです。

 

茶筅でたてられた泡は淡い鶯色をして、細かい泡がずっと残っています。

しかし、私が泡立て器でたてたお茶は、粒が大きく色と認識できるほどの泡ではなく、大きめの泡だからか、比較的短時間で泡も消えてしまいがちです。

口に入れた時に泡感はあるものの、カプチーノのようなクリーミーさには到底及びません。

 

茶筅と泡立て器の構造の違いの原因

泡立て器は10〜12本程度のワイヤーが円上に組み合わせっているところ、茶筅は16〜120本もの穂が棒状に組まれています。

構造が全く違う道具なので、泡立ちかたにも当然差が出ます。

  

お茶時間を楽しみたい

それでも、いざお茶を楽しもうと思った時に、続くかわからないことに、全ての道具を揃えるのは、かなりハードルが高いです。

ましてや茶筅は他に代用しにくいもの。

 

家にある身近なもので、手軽に始めまれる良さが泡立て器のいいところですね。

 

\今回使用した抹茶の粉はこちらです/

 

★合わせて読みたい抹茶時間

「いやいやいや!」もっとお手軽に抹茶を、ということであれば作業時間5分のまっっちゃプリンがおいしかったです。 

www.gu-gu-life.com

 

抹茶パンからラスクへの軌道修正!あんことの相性もバッチリでした。

www.gu-gu-life.com