gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

ブログ続けてて良かった

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

私がこのブログを開設したのは2017年1月でした。

現在3歳の長男はまだ生後7ヶ月。

3人目も考える中で、まだまだ長く続く専業主婦の間に、何か自分も楽しいことを始めたいと思い、はてなブログでこのブログを始めました。

 

3年間、細々と続けてきて、最近になってやっと「これからも続けよう」って思えることができました。

 

そのきっかけがこれです

 コロナウイルスが世界的にパンデミックと宣言されましたね。

日本でも変わらず不要不急の外出を控え、子ども達の遊び場や学び場が減る中…。

 

大人も子供も少しでも楽しい時間が過ごせることができればと思い、こちらの記事を公開しました。

www.gu-gu-life.com

 

最初は滑ると思っていました。

 

ドキドキしながらはてなブログの画面を見つめていると、最初にコメントをくださったのが、まさか読者さんからでした。

 

正直、びっくりしました。

もちろん嬉しい方のびっくりです。

 

そのあと、あれよあれよと背中を押してくれる声が続きました。

 

 

私は自分の思いの丈を綴っている

私は人にわかりやすく伝えるのが苦手で、学生時代からノートも人にかせないほど汚い状態でした。

どちらかといえば考えてあーだこーだ言うよりも、ぶつかって「ダメだったじゃん笑」みたいなタイプです。

 

このブログでも

 

「これ使ってみて良かった!!」

「だぁぁぁ!失敗したぞー!」

「こうやって生きてみたい」

 

と思いの丈を綴っているだけで、レビューだって全てのメリットデメリットを拾えているわけではないし、その正確性も個人的なものにとどまり、100%だとはいえないものだと思っています。

 

だから正直、自己満足で続けている部分が大きくて、このブログを毎日誰かが読んでいるという事を想像できていなかったです。

f:id:gu-gu-life:20200312135238j:plain

壁打ちという表現、Twitterで見たのですが元ネタが思い出せず…。



 

ブログをしている人達の中では

「自分の体験談を誰かのもとへ」

「誰かの役に立つことを記事に」

と言う意味合いでブログを書かれている方もたくさんいらっしゃって

そんな言葉を見る限り

「私には読んでくださる方のイメージが全くついていないから、到底、その境地に至っていないなぁ」

と思うばかりでした。

 

はてなブログという環境のもと、ブロガーさんとの繋がりは広く作ることができたものの…

ブログをされていない方がどうやってこのブログにたどり着くのかすら、私にとってはもはや謎なのです。

まさか漂流…(´゚д゚`)!? 


そんなんだから、初めて今回の記事で読んでくださっている方の顔が見えたような気がしたんです。

すごく嬉しかったし、すごく励みになったし、すごく感動しました。

f:id:gu-gu-life:20200312135404j:plain

 

コメントを寄せてくださった皆様、

いつも懇意にして下さっているブロガーのみなさん。

 

このたびは、ありがとうございました。