gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

6歳長女の小学校入学前の子供部屋のリセット!片付けで感じる子供の成長

スポンサーリンク

6歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。b

 

次の春から小学校入学する長女。

本人も子供部屋への憧れがあるようで、特に勉強机や2段ベッドをお店で見かけるたびに、「ちょっと見てもいい?」と立ち止まることも多々。

 

でも、ちょっと待って。

f:id:gu-gu-life:20191209195946j:plain

 

今の長女のおもちゃの状況じゃ、子供部屋はおろか、勉強机も2段ベッドも入りゃしないわよ。

 

と言うことで、入学前にじっくり自分のおもちゃと向き合ってもらいました。


 

小学校入学前に手放すことができたおもちゃ

3時間、どっぷりおもちゃと向き合ってもらいました。

 

結果、ダンボール3箱分のおもちゃとさようならすることができました。

f:id:gu-gu-life:20191209191111j:plain



・・・すごい。

 

「おもちゃを減らさないと、部屋がゴミ屋敷になっちゃうよ!!」と私が背中を押しまくったのはもちろん大きいのでしょうが、私がさようならすると選んだものは1つもありません。

 

3時間ものと向き合っていく中で、長女がどんどん「要・不要」の判断が鋭くなっていくのが近くで作業していて実感することができました。

 

▼1年前にバイキング式の子供部屋にしました

www.gu-gu-life.com

 

 

長女の中に見たおもちゃに対しいての変化

 

今回長女とおもちゃを選別するにあたり、事前にすり合わせしたのはこんなところでした。

 

①自分の部屋に本当に欲しいものをしっかり選ぶこと

②小さい頃に買ってもらったおもちゃでも、今遊んでないものはしっかりさよならして、次に入ってくる場所を開けておこうと言うこと

 

この2点でした。

 

【1】自分の部屋に本当に欲しい物の選別の仕方

わが家は要不要の選別がしやすそうなおもちゃから始めました。

その上で、一定のルールをすり合わせ(もちろん細かい部分で例外も出ましたが)、その上で要不要を識別していきました。

 

長女の中で

 

☑︎今期のプリキュアグッズ

☑︎アナ雪

☑︎読み返したいお手紙

☑︎ハンドメイドのおもちゃ

 

これが無条件で残したいと思えるもので、それ以外は手放して大丈夫と言う認識でした。

 

f:id:gu-gu-life:20191209201025j:plain

ハッピーセットやあきらかに小さい子向けのおもちゃから始めていき、じょじょに最近のおもちゃや思い入れのありそうなおもちゃへ着手していきました。

 

 

【2】小さい頃に買ってもらったおもちゃとの、さようならの仕方

思い入れのあるものはもちろん残しています。

 

しかし昔懐かしんだおもちゃをズルズルと残し続けていては、やっぱり場所はいくらあっても足りません。

子供との成長は常に成長と向かい合い、変化と隣り合わせ。

 

☑︎新しいおもちゃや生活のためにスペースを開けていくこと

☑︎長女が成長して楽しいと思えるおもちゃが変わったことを肯定的に捉えてもらう

 

ということを、何度も何度も伝えました。

 

「娘ちゃんは、最近おもちゃで遊ばないね。何でだと思う?」

「このおもちゃとこのおもちゃで遊んでいる時、どっちが楽しい?」

 

この自分の「楽しいものの変化」を、子供にも感じてもらい、自分が成長したんだと自覚して欲しいな・・・と。

f:id:gu-gu-life:20191209202632j:plain


 

そしてその今の楽しみのために、大切な場所を作っておこう、と。


すべてのことが得意で上手で得る必要は全くない。

自分が好きなことを自覚することは、自信を持ってそれに取り組めることにもつながるな、と長女を見て感じます。


たくさんの不要なおもちゃを整理できたことは片付けの面でもちろん良かった。

でもそれ以上に、これからの楽しみに目を向けて、自分の好きに熱中できる環境を自分で作れたことが、なにより大き収穫です。

 

 

子供部屋の片付けは親にとっても成長のタイミング

もうね・・・。

 

この作業を一緒にやっていく中、子供が小さかった頃楽しそうに遊んでいる姿が思い出され、子供の成長をまざまざと見させられる瞬間でした。

 

▼日に日に成長を感じています。 

www.gu-gu-life.com

 

 

さらに、どんどん判断が鋭くなって作業する手が早まる長女の様子に、今この瞬間成長している感じがビンビンと感じらました。

 

早く、このたくさんのおもちゃがなくなればもっとスッキリした生活ができるのに・・・

なーんて思っていましたが、そういう日が決して遠くはないことを、感じる片付けでした。

 

今日ばかりは、子育てが駆け足で過ぎ去っていくような気持ちでした。

 

 

★関連記事

子供部屋は3つの要素があると思っています。 

www.gu-gu-life.com

 

「残すものを考える」を教えてくれた本

www.gu-gu-life.com