gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

プリキュアの映画を2020年初めて見た腐った親の改心

スポンサーリンク

5歳3歳1歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

5歳の長女はプリキュアが大好き。

3歳の頃からプリキュアの映画を見るようになり、この秋も漏れなく見に行くことになっていました。

 

とは言うものの、私は下の子たちのお世話で一緒に見に行ったことがなく、今回初めてプリキュアの映画を見に行くことになりました。

 

結果から申しまして、すごく感動しました。

f:id:gu-gu-life:20191027181659j:plain


 

 

以下、プリキュアについて熱く熱く語っています。

申し訳ないので「プリキュア見てるよ」と言う方のみ、下にお進みください…。

 

 

 

 

「スタプリ」はここ数年で1番盛り上がりに欠けるプリキュアかもしれない

実は去年の「ハグッとプリキュア(以下、ハグプリ)」は内容が非常に濃く、道徳的な面が強いシリーズでした。


それに対して、今年の「スタートゥインクルプリキュア(以下、スタプリ)」は少し内容が薄く感じてしまう部分がありました。

 

ハグプリは、雑に言うと「多様性を理解し、受け止めること」がテーマであり、悪役の背景ですら「ハグっ」としてしまう内容でした。

 

全ての個性に愛を、全ての闇に理解を。

そう言った強いメッセージが1話ごとと全体のストーリーに含まれるストーリーでした。

 

 

しかし、今年のスタプリは「想像力」がテーマのようでキャッチフレーズも「宇宙に描こう、私だけのイマジネーション」と言うものでした。

 

どの話をとっても、敵と戦って、ちょっとやばくなって、愛だの友情だの言いながら、パワーアップして敵を倒していく繰り返しです。

メッセージ性が弱く、いい意味で裏切りがなく、かわいいアニメだなって思っていました。

 

そして、春のスタプリの映画。

Twitterでは「いまいちだった」という声を聞き、やっぱり前作は越えられないのか…と私も少し肩を落としていました。 

f:id:gu-gu-life:20191027183454j:plain


 

 

そうは言っても、娘はプリキュアを楽しみにしているので、連れていかないわけにはいかないし…と、

なんだかんだ言いつつ、プリキュア映画を観てきました

 

最初のうちはけっこう退屈なんですよ(←コラ)。

戦いのシーンも少なく、話が進むテンポものんびりで、間延びした印象がありました。

 

しかし、最後はきっちり前半部分が回収されており、「あぁ、そうだよね、そりゃそうだよね!!」と納得いく仕上がりでした(誰目線)

 

でも、もっと私の心にズドーンときたのは、このスタプリの映画に込められたメッセージ性でした。

 

 

自己肯定感が下がっている人は見たほうがいい、うん、見たほうがいい

 

ここ最近、わたしがずっと腐っていました。

自分以外の何かと自分を比べては「ダメだダメだ」と悲観的に。

 

どうやっても、何やっても、うまく行っていない気がする。

 

だからこそ、「どうせ私なんて」と腐っていました。

f:id:gu-gu-life:20191027184452j:plain


 

しかし、今回のスタプリが想定外にも私を救ってくれました。

 

 

腐った私がスタプリの秋の映画から受け取ったメッセージ

前作のハグプリは、社会や他者への共感や理解みたいなものがテーマでした。

だからこそ、主人公がチアガールの衣装を着ている。

 

でも今回は、完全にみんなが主役。

そして

 

「一人一人が宇宙で輝くスターであって、その為に想像力を働かせて個の未来を描く。そして輝ける未来のために、魂を燃やす。尽力する。」

 

これが、今回映画をじっくり観て受け取ったメッセージでした。

 

あぁ、だから宇宙がテーマなんだ。

 

もちろん色々と伏線や感動部分は人によって違うところでしょう。

 

でも、このメッセージは今の私にとって1番まっすぐに入ってきたもので、1番必要なメッセージでした。

 

私は自分のことを信じているのか

信じ切れるほど未来を想像し

その像に向かって走り続けているのか

 

結局のところ、いつもそれが不十分だからこそ、ほかの何かと比べては腐っているんだと改めて思いました。


浄化された気分で、不覚にも2回泣いてしまいました。 


 

この単純でありながらも、当たり前のメッセージをまだ私は真っ直ぐ受け止めることができている。

 

そう思うと、まだまだ腐りきってはいないようです。

f:id:gu-gu-life:20191027190335j:plain


 

さぁ。

もう一度リスタートです。

尽力しない理由なんて、私にはありません。

 

 

 

★関連記事

ハロウィンですし、こんなの如何でしょうか? 

www.gu-gu-life.com