gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

カラーボックスをリメイク。DIYで子供部屋のクローゼットの棚に変身。

スポンサーリンク

5歳3歳1歳の3人育児に奮闘する「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。


安価で手に入りやすく、使い勝手もいいカラーボックス。

 

しかし、ちょっと幅や高さが変えづらく、模様替えをしたり収納の配置がをすると、少し不便さも出てきます。

 

 

そんなカラーボックスを、子供部屋のクローゼットに合わせてリメイクしてみました。

 

☑︎とにかくカラーボックスをリメイクしたい!

☑︎カラーボックスが余っているからなんか作りたい!

☑︎クローゼット内をなんとかしたい!

 

そんな方のお役に立てれば幸いです。

 

素人の手作りなので、強度はさほど高くありません。

 

 

 

 

完成写真

高さ140㎝。、横幅70㎝、奥行き30㎝(天板)の棚になりました。

f:id:gu-gu-life:20190912081651j:plain

 

棚板の間隔は上2段が40㎝、下1段が60㎝になっています。

 

カラーボックスは、オーソドックスなタイプの3段で使用した場合、1つの棚の高さが27㎝強になります。

 

このサイズだと、少し大きめのワークブックを縦に収納することができません。

 

 

子供の一番手の届きやすい場所だからこそ、少しゆったり目の高さ40㎝に設計しました。

 

 

とは言うものの、見た目は無骨で、金具の色味も揃えていないので、その辺は余裕があれば調整していきたいです。

f:id:gu-gu-life:20190912081649j:plain

 

 

ざっくりした設計図と作り方

木材として使ったのはこちらです。

f:id:gu-gu-life:20190912195013j:plain

長いネジが足りなくなって、写真ではL字の金具を使っていたりします。

 

 

作り方はいたってシンプルです。

 

①側面に来るはしごを組む

②天板を取り付ける

③下部の補強用の棒を取り付ける

④はすかいを取り付ける

 

※木材は素人採寸なので、組みながら必要になったものをカットしながらやりました。

※はすかいの真ん中は、ネジで止めています。

 

 

 

クローゼット内での使用状況

 全体像はこんな感じです。

f:id:gu-gu-life:20191008154850j:plain

 

クローゼットの壁に沿うように設置しています。

 

 

左側にかかっている衣装は、以前私が100均の材料で作った衣装です。

 

▶【100均】スター☆トゥインクルプリキュアのキュアスターの服をできる限り簡単に手作りする - gu-gu-life

100均の材料でアナと雪の女王のエルサ風のドレスを手作り - gu-gu-life

 

 

設計のポイント

この棚を作る上で、いくつか私なりの思惑がありました。

 

①長女が小学生時代の収納家具として使いやすい大きさにすること

②クローゼットに入り、扉の開閉の妨げにならないこと

③現在のおもちゃや様々なカラーボックスが入る大きさにすること

 

がんばって作ったので、その思いを少しお話させてください…

 

 

①棚の高さは長女が小学生時代を使うことを見越して

棚自体は大きく見えますが長女が小学生の間使いやすいように、サイズ感はこんな感じになっています。

f:id:gu-gu-life:20190912195058j:plain

 

棚の奥行きはクローゼットの中に収まることを考えて

右側の白い部分はクローゼットの扉です。

f:id:gu-gu-life:20191008155242j:plain

 

扉の開閉に邪魔にならないように、クローゼットの奥行きに合わせてみました。

 

 

棚板の間隔はカラーボックスより大きめ

メーカーが変わったり、カラーボックス専用の収納グッズ以外のものだと、カラーボックスの高さに合わないことが多々ありました。

f:id:gu-gu-life:20191008155448j:plain

 

そこで、上2段は約40㎝、最下段は約60㎝にして、おもちゃや収納グッズがゆとりを持って収まるように設計しています。

 

現在は、おもちゃを中心に収納していますが、今後は小学校のものを置けるように(特に長期休みの学用品の保管場所)したいなと考えています。

 

 

おまけのフック

セリアで購入した木製の3連フックがまさかジャストフィットしたので、白く塗って固定しました。

f:id:gu-gu-life:20191008155909j:plain

 

わが家のクローゼットは奥行き約75㎝です。

この棚は、それに合わせて奥行きを約60㎝にしました。

 

約15㎝の余裕が、長女のポーチ置き場になって、大活躍してくれています。

 

女の子って、こういう鞄が大好きなので、どうしても増えてしまいますね。

私も好きだな。

 

 

余った天板はここに使いみち

勘のいい読者さんはそろそろ気がつかれているはず…。

 

カラーボックス2つをリメイクしたにもかかわらず、棚板として使った側板が3枚であることに…。

 

そう、残りのもう1枚は、こちらで活用しました。

www.gu-gu-life.com

 

 

捨てない。使えなくなるまで形を変えて使い続けたい

クローゼット用の棚は、 アルミラックでも購入すれば、すっきりした収納家具が導入できます。

 

しかし、私は一度迎え入れたものは最後まで使いたい。

www.gu-gu-life.com

 

カラーボックスも、たった1,000円程度のものかもしれませんが、使わなくなったものは形を変え、わが家の収納として使い続けたい。

 

そう願っています。

 

今回は、今までお世話になったカラーボックスを最後まで使いたいと思い、リメイクしてみました。

 

 

★子供部屋収納なら合わせて読みたい★

 

わが家の子供部屋の収納は、バイキング方式を導入しています。

www.gu-gu-life.com

 

 

長女用に電子ピアノを子供部屋に設置しています。

www.gu-gu-life.com