gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

2人目の幼稚園選びに罪悪感を感じる私を救ってくれた言葉

スポンサーリンク

5歳3歳1歳の3人育児に奮闘する「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

現在、私は2人目である3歳の長男の幼稚園選びの真っ最中です。

 

私は、1人目の長女が通う幼稚園も含め、いろんな選択肢の中から2人目の長男の幼稚園選びを進めています。

 

下の子がすでにいた1人目の長女の幼稚園選びと異なる点は「私の社会復帰のための環境整備」というポイントがあるところです。

 

 

周りの2人目の子たちは「当たり前のように上の子と同じ園」を選んでいる

私は、長女が通う幼稚園のお母さん方に、別の園も検討している話は、あまり相談していません。

 

「PTAが忙しそうで、社会復帰できないかもしれないし…」

 

なんて話は、現在PTAを担ってれているお母さん方の耳に入ったら、いい気はしないはずですし…。

ましてや現在PTAを担ってくれているお母さん方は、末っ子を幼稚園に通わせているお母さん方。

色々飲み込んだうえで、大変な作業をしてくださっています。

 

 

そして、現在長女と同じ学年のお友達の中にも、下の子が来年度、幼稚園に入園する年齢の子がたくさんいます。

 

その子たちは聞いている中では、全員「上の子と同じ園」なんです。

 

うん。

波風を建てぬためにも、多様無言なわけです。

 

 

私が後ろめたく感じながらも、1人目と違う幼稚園選びを進める理由は

 

私が2人目の長男を、1人目の長女と違う園にしようと思ったのは、数年先の自分の社会復帰を考えてでした。

www.gu-gu-life.com

 

幼稚園の保育環境やPTAの状況では、役員になった時に仕事との両立は難しそうです。

 

 

それでも、周りのお母さんはやっているわけで、そんな姿を見ていると、どうしても後ろめたくなってしまいます。

 

毎日、長女の幼稚園に通い、そのよさも実感するわけで、私の中では

 

「あぁ、私のわがままなんだろうか。」

 

と、思わずにはいられないのです。

 

 

私の後ろめたさを浄化させてくれたママ友の言葉

そんな後ろめたさを抱えながら過ごしていたある日。

 

ママ友と幼稚園の園庭開放の時に、何気なく来年の話になりました。

 

 

その方は、子供同士の興味が違うため、私たち親同士の親交は少ないものの、入園前から顔見知りで、なんとなく気が置けるママさんでした。

 

だから思い切って

「下の子は違う園にしようと思うんだ」

と打ち明けてみたら

 

「え!?転校するん?」

 

「いやね、ここPTAと仕事の両立難しそうだしね…。3人目は保育園に入れて働くかもしれんやん。そうなると…ね…。」

 

「あ~~~…うん。

…準備だね。そうなるよね。

 

 

 

…あ、そっか準備。

そうなんですよ。

 

 

私の専業主婦の今は「筋トレ」だった

 

私は過去に、今の専業主婦をしている期間を、いずれ社会に出た時の筋トレ期間だと考えている、という話をしました。

 

今は助走みたいな時期だと思ってる!

子育てが一段落した時に何かしたい事ができた時の基礎体力づくりみたいなね。

目標があった方が助走の距離や走り方も違うのかも知れないけど、やっぱり先の未来を今は決められないから、取り敢えず筋トレみたいな期間だと思ってるよ!

 

www.gu-gu-life.com

 

そう、私にとっては、幼稚園選びは社会に出ていく1つの準備なんですね。

 

なんとなく、そんな前向きな言葉が自分の中に腑に落ちて、後ろめたさが解消されました。

 

 

もちろん、幼稚園に通う主体は長男であり、長男にあう幼稚園を選ぶことは前提です。

しかし同じ条件であれば、自分の社会復帰にも良いポイントがある園を選びたい。

 

変わることに自信を持てない。

 

そう、それだけのことなんですよね。

 

 

本のある暮らし」のあやこちゃんも、こちらで転園をした話を綴ってくれています。

 

これは仕事と一緒で、石の上にも3年と言われているから、

何が何でもかじりついてその職場にいなきゃいけない。という時代は古いかなと思っています。

 

自分が何か違うと感じたその「違和感」は正しいと思うのです。

 

そこで、行動する人、行動しない人で人生は大きく変わります。

 

www.genko-library.com

 

ありがとう。 

 

私はやっぱりこのまま進むのは違和感を感じる。

だから、きちんと行動しようと思います。

 

 

これが数年先の未来の準備になることを願って。

 

 

★関連記事

www.gu-gu-life.com