gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

むろと廃校水族館に乳幼児3人連れて行ってきたら感動しかなかった!

スポンサーリンク

2018年4月にオープンしたむろと廃校水族館。

その名の通り、「廃校」になってしまった旧椎名小学校を改修して、学校の良さを残したまま、水族館として海の生き物を迎え入れています。

 

 

「水族館が好き」で「もうすぐ子供が小学生」な我が家にとっては、これ以上ない観光スポット!

 

こんなに魅力的なのに、5歳、3歳、0歳の子供達はまさかの入場無料!

大人も一人600円!!

 

これはもう行かないはずがない!!!

 

と言うことで、今回の高知旅行のメインスポットとして行ってまいりました!!

f:id:gu-gu-life:20190811212028j:plain

すでに海の中にいるかのような水色が眩しい

 

学校のような水族館

ブログに紹介しておいて「行けばわかるんですが…」と言う言葉を使うのは、なんとも稚拙だと存じ上げておりますが…。

 

入場してすぐに「懐かしいもの探し」が始まります!

 

行けばわかるんです!!!

 

イカスミで「うみ」と書かれた書き初め。

f:id:gu-gu-life:20190811212237j:plain

 

階段沿いにそそり立つウミガメ。

f:id:gu-gu-life:20190811212242j:plain

 

室戸岬から車で1〜2時間ほど離れたところにウミガメ博物館があります。

そちらもなかなか楽しいニッチな分野の博物館です!

www.gu-gu-life.com

四国は山や海に恵まれ観光資源も多い気もしますが、こうやって「売り」を見出していくのがすごくうまい気がします!

大好きです!! 

 

理科準備室の骨たちも両脇は魚…。

f:id:gu-gu-life:20190811212248j:plain

 

その横の理科室は怪しげな容器が並ぶけど、理科室にこう言うのあったあった!

f:id:gu-gu-life:20190811212255j:plain

大人になっても何が入っているのかはさっぱりわからないけど。

 

卒業して20年以上たってこの机見かけたら、もう座るしかないやん。

f:id:gu-gu-life:20190811212312j:plain

 

しかも本棚をよくみたら、海に関連するものばっかり並んでるし。

f:id:gu-gu-life:20190811212318j:plain

 

こちらのむろと廃校水族館の公式アカウントのTweetも見ていたので、この本もバッチリ探しちゃいました!

 

 

魚たちも、いつもの水族館とはひと味違った角度から楽しめます。

f:id:gu-gu-life:20190811214341j:plain

 

ぜひその目で感動してほしい!これ、跳び箱やん!!!って突っ込みたくなる!

f:id:gu-gu-life:20190811214345j:plain

 

ただ単に「廃校になったから、水槽入れて魚泳がして水族館にしましょ!」ってわけじゃなくて、

学校の良さと水族館の良さを融合して、「学校のような水族館のような場所」を探求している施設なんですよ。

だからこそ、こう行った細かいところまで、見た人が楽しめる場所になっているんだとすごくすごく感じました。

 

 

水族館のお土産の定番といえば…

ぬいぐるみ、ですよね。

 

ここの水族館の場合、くじになっています。

 

え、かわいいいいいいい!!!!

 

1回1000円で、赤いくじはぶり、緑のくじはサバくじになっており、開けた札の中に何等賞か書かれています。

特賞なら、本家Tweetにあるようなビッグなぬいぐるみが♡

 

ちなみに安定してくじ運はツバメ飛行な我が家のキッズたちは、最下位の4等賞で、本家Tweetの右手にある可愛らしいサイズのぶりちゃんを持って帰りましたよ。

 

こちらの本格的なギョサンを買おうと思いましたが、流石にこれを履いて幼稚園にはいけないな…と思い諦め…。

f:id:gu-gu-life:20190811214428j:plain

 

 

ぐるりと回遊してかかった時間や混雑具合

①所要時間

3階建の建物と屋外の水槽(元プール)をぐるりと回って、1時間ほどかかりました。

キッズルームで遊んだり、学校の元備品で遊んだりと、結構遊べました。

 

 

②混雑具合 

f:id:gu-gu-life:20190811214424j:plain

8月のお盆前の13時ごろに行きました。

 

通常午前11時〜15時ごろまでが来場者数のピークのようで、夏休みのこの時期はたくさんの人が来ているようです。

 

しかし、お盆の直前の平日ということもあってか、比較的空いていました。

お子さん連れもたくさん見えましたが、人気のブースが順番待ちということもなく、見たい場所をどんどん見て進める状態でした。

30台ほど駐車できる駐車場も、この日ばかりは十分に余裕がありました。

 

 

乳幼児連れでも安心できる授乳室とキッズルーム

①キッズルーム

何が困るって、どこからアクセスするにも、室戸岬がちょっと遠くて、行くまで時時間がかかるんですね。

だから、こう行ったスペースで体を動かして遊べるのは本当にありがたいです。

f:id:gu-gu-life:20190811214358j:plain

こちらの遊具の向かいには、木琴や鉄筋、ハンドベルやアコーディオン、漫画などがあり、ゆっくり遊べるようになっていました。

 

②授乳室

授乳室は2階にあります。

f:id:gu-gu-life:20190811214353j:plain

中は一人がけの椅子とオムツ交換ができるベビーベッドが置かれていました。

 

館内には、2階と3階にトイレが設置されており、多目的トイレもありました。

エレベータもあり、車椅子で来館されている方もいらっしゃいました。

 

 

施設情報

f:id:gu-gu-life:20190811214414j:plain

住所

高知県室戸市室戸岬町533ー2(TEL.0887ー22ー0815)

※国道55号を徳島方面に北上していくと左手に看板があります。看板を見落としがちなので、ジオパークを通り越したら少し注意して走行してくださいね。ジオパークから3.5㎞のところです。

 

営業

午前9時〜午後6時(10月〜3月は午後5時まで)

年中無休

入館料

高校生以上600円、小・中学生300円、小学生未満無料

 

 

 

★高知旅行計画の全貌はこちら 

www.gu-gu-life.com