gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

f:id:gu-gu-life:20200507090606p:plain

f:id:gu-gu-life:20200508062919p:plain

子供の作品を飾るスペースの作り方!カスタマイズできる作品展示ボードならプチ美術館!

スポンサーリンク

5歳3歳0歳の3人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」がっちゃんです。

 

お絵かきや工作が大好きな長女から、作品を飾れるスペースが欲しいとリクエストがありました。 

せっかくなら、子供がジブ運達でカスタマイズできる作品展示スペースを作ろう!と思い、ダンボールや牛乳パックを使用してサウ品展示ボードを作りました。

 

 

完成の様子がこちらです

f:id:gu-gu-life:20190607112026j:plain

 

右下に貼っているブルーとピンクの貼り紙は、幼稚園の支度リストです。

長女のリクエストがあって、これはこのまま掲示しています。

 

▼年長さんバージョン!幼稚園の朝の準備リストwww.gu-gu-life.com

 

 

準備するもの

 使用したものはこちらです。

  • ダンボール1箱
  • 牛乳パック 1本
  • リメイクシート(ダンボールの大きさに合うもの)
  • 粘着フック 8個いり(作品を吊るす為)
  • 画鋲フック 2個(ボードを設置する為)
  • 両面テープ  

 

*道具はハサミを使いました。

*リメイクシートは100均のものを使っています。 布で覆うと粘着フックがつけにくいので、できればリメイクシートがおすすめです。

 

作り方 

  1. ダンボールを好みの大きさにカット
  2. ダンボールにリメイクシートを貼り付ける
  3. ②のダンボールに穴あけパンチでフックを吊るす用の穴を開ける
  4. 牛乳パックを斜めにカットしてくっつける(図1参照)
  5. ④の牛乳パックにリメイクシートを貼り付ける
  6. ③のダンボールに、④の牛乳パックと粘着フックを好きな場所に貼り付ける
  7. 画鋲フックを壁に設置し、⑥を吊るして完成 

 

※ダンボールは柄のない内側の部分が前面になるようにリメイクシートを貼り付けます。

※図1

f:id:gu-gu-life:20190607131244j:plain

注ぎ口のところは切り落とし、斜めにカットした物をつなげています。 

 

作ってよかった作品展示ボードの効果

子供の作品は飾ってあげるといいよとはよく聞くものの、毎日何枚も描く絵を壁に貼っていくのは面倒だし、その枚数分の画鋲を壁に刺すのもちょっと抵抗がありました。

 

しかし作品展示ボードを作ってスペースを区切ることで、「ここは自由にしていいんだ!」という安心感からか、作品やお絵描きのスピードや意欲が上がりました。

 

▼嬉しいことに長女の絵が地域のコンクールで賞をいただきました。

www.gu-gu-life.com

 

粘着フックをつけているので、穴あけパンチで穴を開ければ絵も自由に飾ったり外したりできます。

幼稚園でもらった誕生日や運動会のメダルもここに飾っています。

どこに飾るか?何を飾るか?全ては長女の自由にカスタマイズできる楽しみもあるようです。

 

牛乳パックと段ボールが基盤となっているので、壁に設置しても軽く、石膏ボードの場所でもOKだし、地震の時の落下の不安も少ない!

親としても安心材料が大きい作品展示ボードです。

 

幼稚園で年度末に持ち帰ってくる作品に関してはさすがに飾りきれないので、ルールを設けて保管しています。

www.gu-gu-life.com

 

 

アイロンビーズやアクアビーズなどにも熱心に取り組んでいますが、作ることに楽しみを感じている長女。

できたものを飾って眺められる楽しみも増えたようです。

 

 

★合わせて読みたい子育ての話 

 お絵描き付きの長女の一方で、長男はお絵かきが苦手でした。十人十色。子供に合わせて「好き」を育みたい。

www.gu-gu-life.com

 

 お家を小さな美術館へ。ほめ写で廊下をギャラリー化。

www.gu-gu-life.com

 

スポンサーリンク