gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

自分の体調を子供の判断と同じ基準で労ってあげる

スポンサーリンク

GWの寒暖差ですっかり風邪をひいてしまったようで、鼻水がずっと続いていました。

 

鼻水ごときで病院には行けないなぁ、と思っていたら、5月の中頃。

夜寝るときに、目と鼻の周りにズキズキとした痛みと、全身の悪寒が…

f:id:gu-gu-life:20171105150042j:plain

過去記事「【第三章】ついに撃退!胃腸風邪との戦いに終止符。と役に立ったものや今後の装備。 - gu-gu-life’s blog」より引用

 

あ、これやばいやつかも。

と思い、その翌日に耳鼻科に行ってきました。

 

 

黄色信号に気がつけたのはブロ友の経験記事のおかげ

それまでは健康だけが取り柄でひたすら皆勤賞だった私。

「副鼻腔炎」についてよくわかっていなかったんです。

 

しかし、友達が記事にしていたおかげで、その症状をなんとなく知ることができており、自分の症状が「放置したら悪化するやつかも?」ときがつくことができました。

www.8-sumica-8.com

妊婦であっても産後であっても、是非一度目を通してほしい。

すごくわかりやすくまとめてあるから、頭の片隅に「副鼻腔炎」を残してほしい。

 

スミカちゃん!ありがとう!!!何度でもいうよ!!

 

 

困った!その日は長女の参観日。自分の病院は後回しにする?しない?

すんっっっ…ごく迷いました。

f:id:gu-gu-life:20190517050956j:plain

 

痛みに気がついた翌朝は長女の参観日でした。

 

長女は1週間ほど前から、「参観日は野菜を植えるんだよ〜。私はピーマンなんだよ〜。」ってすごく話してくれるし。

 

で、そのために長男を一時保育に預けるべく予約も面談もしてきた。

 

子供が少ないその日こそ、病院に行く絶好のチャンスだし、何よりその日を逃すと、翌日は木曜日で耳鼻科が休診。

 

もちろん夫は仕事で子供の参観日では休めないし、両親は遠方でこれられない…。

 

放置すれば悪化することがわかっていたからこそ、早めに受診なくては…、とすごく悩みました。

 

 

長女に事情を伝え、受診することにした理由

もちろん、自分がどんどんしんどくなって、早く治したいということもありましたが、家族が同じ状況だったら、自分はどんな判断をするのかな?

と、ふと考えました。

 

多分、即決で「受診する」を選ぶと思うんです。

 

 

母だから、親だから。

子供のイベントがあるから。

 

だから、自分の病気を放置していい理由にはならないし、そんな自己犠牲を家族にもして欲しくないなと思い、長女に事情を話し、参観日を諦め、受診することにしました。

 

 

幸い、翌月にも翌々月にも…。

参観日は何度もありますしね…。

 

 

おかげ様で快方に向かっています

早く受診したことが良かったようで、翌日には体もだいぶ楽になりました〜!

授乳中でも飲める薬があるなんてことも、スミカちゃんのブログを読んでいなかったら、思いもしなかった。

 

副鼻腔炎は投薬期間も長く、完治までに時間がかかる病気だそうです。

 

 

親になると、時間があるようで手ぶら出かけられるタイミングはなかなか無いし、自分のために病院に行くのはほんと後回しになってしまう。

けれど、そんな時にでも自分基準ではなく、子供の時ならどうする?と自分に胸を当てて見て、判断できるようにしたいなと実感しました。

 

 

★関連記事

脱ブラック企業な自分

www.gu-gu-life.com