gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

3人子連れの外出を楽にできるようベビーカー用のステップボード「バギーボード」を導入

スポンサーリンク

2018年9月に生まれた次男も、気がつけば生後7ヶ月。

 

長男を追いかけ回したり抱っこする日々の中、だんだん大きく重たくなった次男を、おんぶで長時間外出すると、肩がバッキバキになってきました。

なんとか解決策はないかなと模索しているなかで、ベビーカーにつけるバギーボードというものを購入しました。

 

そこで我が家が購入したバギーボードのレビューをしてみたいと思います。

購入したのは3月のスーパーセールです。 

www.gu-gu-life.com

 

購入の決め手

ステップボードはいくつかの種類があるんですが我が家が購入したのはこちらです。

決め手は1つ。

 

重さです!

 

ラスカルのバギーボードは本体重量約1.5kgで、2〜5歳(耐荷重量20kg)までのお子さんを対象につくられています。

実際にベビーカーに装着すると、奥行きは41㎝でした。

 

ただでさえ2人の子を乗せて歩くのに、その本体が重くては不便すぎる!

我が家は車での持ち運びが多いので、ベビーカーも軽量タイプを選びました。

 

よく比較されるのがこちらのステップボードかな。

本体重量は2.3kgで1歳半〜30kgまで行けるようです。お値段もラスカルのバギーボードとさほど変わりません。

表品ページではボード部分のサイズしか記載されておらず、実際に装着した時のジョイント部分のサイズがわからなかったのでイメージしづらかったです。

 

 

 同じくラスカルの腰掛け付きバギーボード。本体重量約2.5kgで、2〜5歳(耐荷重量20kg)となっていますが、お値段は3倍ほどです。ただ、意外と大きさは腰掛けなしのタイプと変わらないです。 

 

 

基本の形態と収納具合

基本の状態がこちらです。

f:id:gu-gu-life:20190415111352j:plain

 

 

ステップボードを収納するとこんな感じです。

f:id:gu-gu-life:20190415111418j:plain

 

ベビーカーを折りたたんでステップボードを収納するとこんな感じ。

f:id:gu-gu-life:20190415111516j:plain

ベビーカーの向きが反対ですみません汗

 

ベビーカーを折りたたむと立たせておくのが不安定になるので、我が家は基本畳まずに、ステップボードを収納しています。

 

その都度ジョイントしてもいいのですが、毎日使うために広げておきたい場合は、ある程度の収納場所の確保が必要ですね。

 

 

普通の道・上り坂・下り坂・砂利道・段差

普通の道

真ん中に子供が1人増え、大人の足場が狭くなります。

当然、足が曲がったりします。

姿勢もいつもベビーカーを押す姿勢よりも前傾気味になります。

 

加えて、歩いている時の重心が変わります。

f:id:gu-gu-life:20190415111936j:plain

よって、油断すると一番前の車輪が浮いてしまい、ベビーカーに乗っている子供がワッショイされてしまいます。

特に私は身長155㎝と小柄な方なので、前傾角度がきつめです。

 

まぁ、そうは言っても子供を抱っこ紐で抱っこして2歳の長男をベビーカーに乗せて歩くよりは、体に負荷がかからないです。

 

これが基本の状態と踏まえて、歩いてみますと・・・。 

 

上り坂

まぁしんどいですよね。

f:id:gu-gu-life:20190415112105j:plain

 ただでさえ真ん中に子供が入って前傾になるのに、坂の傾斜でさらに前傾になって、お相撲さんとぶつかり稽古してるんじゃないかっていう気持ちになってきます。

(我が家の近辺は急な傾斜の坂ばかり)

 

 

下り道

油断するとベビーカーが下り坂の重力に持っていかれます。 

いつもより前傾姿勢で押しているのに、持ち手の部分の位置が下がるので、さらに微妙な前傾になり、安定しないのです。

私はベビーカーのやや横に立って、持ち手のなるべく両端を持って進むようにしています。

 

砂利道

車輪くらいのサイズの石があると流石にきついですが、小さな砂利程度ならさほど辛くないです。

f:id:gu-gu-life:20190415112629j:plain

というのも、バギーボードの車輪の付け根に、ちゃんとサスペンションが付いているからだと思います。

クッション性があり、想像より楽に進めました。

 

段差

一番きつかったのは段差です。

これくらいの小さな段差なら問題ないのですが・・・。

f:id:gu-gu-life:20190415112825j:plain

歩道に上がる時の段差は厳しいですね。

 

数メートルごとに段差がスロープになっているところでも、そのスロープと道路の境が微妙な段差になっていたりしませんか?

あの段差がベビーカーだけでも、きついなぁって思います。

 

そこを乗り上げる時は、バギーボードの後ろ側を足で踏んで、ベビーカーの前輪を持ち上げて登ります。

 

ベビーカーや車椅子と同じ原理ですね。

前輪が登れれば、残りの車輪はある程度ついてきてくれました。

 

 

そのほかのレビュー

ロックがしづらくなった

我が家のベビーカーはジョイント部分であるベビーカーの後輪のところにベビーカーのロックがあります。

f:id:gu-gu-life:20190415113604j:plain

バギーボードで埋もれてしまうので、今まで足でロックできていたのが、座って指でロックする流れに変わりました。

ちょっとロックがしづらくなりましたね。

 

 

荷物がかけにくい

いつも荷物をかけているところに長男がきました。

f:id:gu-gu-life:20190415113720j:plain

多少の荷物ならかけられると思うのですが、あまり重たいと(牛乳とか)、重心の位置が下がっていることもあり、安定しなくなります。

 

荷物はベビーカー下のかご部分に入れると、重りになるので安定しやすいです。

 

寝かせた状態では使えない&対面式は不安定

我が家のベビーカーは3wayです。

寝かす、座らす、向かい合わせができます。

しかし、向かい合わせにするとバギーボードに乗る子供が掴むところがなくなります。立っている子供が不安定になるので、我が家では対面では使っていません。

 

寝かす状態にすると、バギーボードの場所を侵食してしまい、これもまた難しい。

 

よって、座らす状態のみで使えています。

 

 

設置は意外と簡単だった

f:id:gu-gu-life:20190415114210j:plain

パーツがたくさん来るのですが、

15分ほどあれば基本の設置はできました。

基本の設置ができていれば、使わない場合にはさっと外せるので、思っていたよりかは簡単。

とは言っても、毎日使っているので、基本はつけっぱなしです。

 

 

 

2歳10ヶ月男児を乗せて思うこと

・・・じっと乗っとれよ!!!汗

ということにつきます。

 

 

もう少し大きくなれば、じっと乗っていてくれるんでしょうが、我が家の長男は、このバギーボードの上に座り込もうとしたり、誘惑の強いものが目に入ると勝手に降りようとします。

 

母親の精神衛生的には、長男をベビーカーに乗せて、次男をおんぶするのが

楽といえば楽なのでしょうが…。それもまたしんどい。

 

長男をバギーボードに乗せる時は、長男が持ち手を持っている上から、ぎゅっと私の手で持って固定しています。

 

 

こんなに大変だけど、使う意味あるの?って思うけど、そりゃありますよ!

子育て環境って、どんなに進化してもマンパワーでやっていかなくちゃいけないので、いかに楽できる選択肢を増やすか、いかに体に負担をかけないか、が私にとっては重要…。

 

バギーボードを使ってみての感想は、想定内の大変さはあるものの、私は頼りにしている、ということです。

 

バギーボードを使う良し悪しはお子さんの年齢や住環境(段差)によっても大きく変わってくるのかな〜と思います。

 

我が家は田舎で、家の周りは歩道がある道自体が少なく、段差も少ないので、使いやすい地域かなと思います。

 

ベビーカーのサブグッズみたいなものなので、一時的なものではありますが、頼りにしています!

 

我が家が購入したのはこちらです。

 

こちらのサイトが使用している写真がたくさん載っていてイメージしやすかったです。 

 

ではでは長文失礼いたしました〜。

 

★関連記事

2人の子持ちママ時代の電動アシスト自転車レビュー

www.gu-gu-life.com

 

雨の日には必須のレインカバー!

www.gu-gu-life.com

 

マジックテープのフックのベビーカー以外での活用法!

www.gu-gu-life.com