gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

換気扇掃除 年末に掃除して以来の2ヶ月でついた汚れ。小まめに掃除で年末大掃除を楽にしたい。

スポンサーリンク

年末に大掃除を行い、その中で取り組んだ換気扇掃除。

最近どうしているかな?と思い、2ヶ月ぶりに換気扇の蓋を開けて掃除してみました。

  

掃除して綺麗になった換気扇はもちろんですが、今回、換気扇掃除の頻度を上げたことで、少し自分なりにつかんだものがあったので、今後も年に数回の頻度でやっていければいいなと思っているところです。

 

さて、そんな手応えのあった換気扇掃除。

 

 

 

以下、汚れた換気扇の写真が出ますのでご注意ください。

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

1年放置した換気扇と2ヶ月放置した換気扇との汚れの比較

前提として、我が家は揚げ物が多く、汚れやすいのかなと思います。

 

まずは1年放置した換気扇の汚れ

f:id:gu-gu-life:20190205054429j:plain

油汚れに埃がつき、またそこに油汚れがつき、さらに埃がつき。

何層にも重なった汚れは、まるで何かの生物のようになっていました。

 

 

続いて2ヶ月放置した換気扇の汚れ

f:id:gu-gu-life:20190205054413j:plain

おぉ!

まだ目を当てられる状態ですね。

 

たしかに油汚れと埃が重なってはいるものの、1年のものと比べると雲泥の差です。

 

 

花王のしつこい油汚れ用マジックリンでつけ置き&拭き掃除

 

以前購入したこちらをまた使います。 

 

こちらの初レビュー感動の嵐でした。

www.gu-gu-life.com

決して花王さん回し者ではございませんが、ずぼらな私としては絶大な感謝をしています。

 

 

①換気扇にシュシュっと吹きかけます

f:id:gu-gu-life:20190205055342j:plain

 

泡がしっかりと密着してくれるので、油汚れがどんどん溶けて流れていってくれます。

f:id:gu-gu-life:20190205055350j:plain

 

 

②その間に他のパーツや天井を拭きます

f:id:gu-gu-life:20190205055401j:plain

1つ1つパーツを拭き上げながら外していきます。

 

天井を拭くにも、泡なら垂れてくる心配も少なく、汚れも落としやすいです。

f:id:gu-gu-life:20190205055409j:plain

 

たった2ヶ月と言えども、やっぱり汚れはたくさんついていました。

f:id:gu-gu-life:20190205055751j:plain

 

 

③20分ほどつけ、洗い流します

つけ置きした直後の様子がこちら。

f:id:gu-gu-life:20190205055431j:plain

泡だけですでに汚れがだいぶ落ちてくれています。

あとは水で流し、ファンの羽の部分を1枚ずつ、雑巾の縁で吹いていくと、残っていた汚れがぬる〜っと取れていきます。

 

 

前回から残っていた油汚れだと思いますが、隅の方には頑固なこべりつきがまだ溶けずに残留しています。

f:id:gu-gu-life:20190205055436j:plain

年に1回の掃除では、多分細かいところすべてを落としきるのは難しいのでしょうね。

綿棒でくるくるっと掻き出しておきました。

 

 

小まめにやることで細部への気配りができるようになる

換気扇が汚れていようが汚れていまいが、正直、料理はできるのでしょう。

外から見ればわからないし、重要度は低い掃除箇所なのでしょう。

 

しかし

何回か頻度を上げてやってみることで、細かいところの汚れや、他の汚れにも気がつけたりします。

また、汚れも洗い流しやすくなり、時間も短くなってくるし、1回ごとの完成度が増してきたりします。

 

多分、ここから先は掃除をこよなく愛する人たちが見てきた光景や、掴み取ってきた手応えなのかな。

掃除を重ねることで、また習慣化に励むことで、自分が今まで感じなかったことや

見えなかったことが、少しずつ見えるのは、掃除以上の爽快感だなと感じています。

 

 

★関連記事

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com