gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

和風でナチュラルなインテリアが好きな私。もっと家の中で好きな場所を増やしたい。

スポンサーリンク

インテリアと一言で言っても

 

北欧雑貨やアンティーク家具に囲まれたお宅があったり

観葉植物と共に暮らす住まいがあったり

塩系呼ばれるちょっと無骨な色合いの家であったり

 

いろんなテイストのお宅がネットで拝見できます。

 

私もインテリアが好きで色々思うことがあったりしていたのですが、最近、自分の家と趣味嗜好が少しずつ定まってきた様に感じています。

 

 

「和風×ナチュラル」が好きな我が家の好きスポット

洗面所の壁面収納

f:id:gu-gu-life:20190123074222j:plain

 

この時から大体ものの数をキープできています。

www.gu-gu-life.com

 

好きなポイントとしてはこんな感じ。

・他が白いからか、和の花器を置いても子供の作品を置いても馴染む

・ものの数が適量で荒れにくい

・余白があって心地が良い

・植物(フェイクも込み)や小物が飾れる

 

 

トイレのグリーンと芳香剤

f:id:gu-gu-life:20190123074229j:plain

私が多肉植物が好きなのを知っていた義母が私にプレゼントしてくれました。

緑の釉薬の色も好きだし、ほんのり紅葉した多肉も可愛い。

 

春になったら徒長してしまうと思うので、植え替えをしようかな。

 

 芳香剤はこちらを置いています。

www.gu-gu-life.com

 

 

好きなポイントとしてはこんな感じ

・巾木や建具がダークブラウンでその割り合いが少し多めなので、他の場所よりも和を感じられる

・ものの種類が少ないから荒れにくい

・土のもの(多肉の鉢植え)を置いたのがしっくりきている

・余白があってそこに飾っているものの余韻を感じる

 

ちなみにトイレにはこのポストカードを飾っています。

f:id:gu-gu-life:20190123074241j:plain

6年ほど前に京都で知人の個展があった時にお呼ばれした時の案内状です。

この写真がすごく好きてずっと飾っています。

 

 

玄関の飾り棚

現在の飾り棚は節分風です。

f:id:gu-gu-life:20190123074233j:plain

今の雰囲気がこれまで飾った中では一番好きな感じでまとまりました。

 

好きなポイントはこんな感じです。

・季節によって異なる飾りができるので飽きがこない

・余白が十分にあるのでガチャガチャしない

・植物や土との相性がいい

 

カードはこちらの企画展を見に行った時に、ミュージアムに置いてあったものをもらってきました。

www.gu-gu-life.com

 

安洞雅彦さんの豆向付1000客展のDMです。

美濃焼の深い織部も好き。

シンメトリーが好き。


そんな私にとっては、この豆皿がきちんと整列したカードは間違いなくストライクゾーンの写真でした。

 

 

節分が終われば、長女が作ったリースを飾りたいと思っています。

www.gu-gu-life.com

今とは変わってだいぶ華やかになりそう・・・!

 

 

私の好きな場所を集めたら自分の好きが見えてきた 

和風ナチュラルと言ってもやっぱりピンとこず、具体的に何が自分にとって心地がいいのかを箇条書きにしてみると

 

①手のひらに収まる小さな植物

植物は多肉植物が好きな私です。

一般的な観葉植物に手を出したこともありましたが、子育てに追われているうちに、水やりも忘れ、環境の悪い場所に追いやってしまったがために、失敗してしまいました。

 

しかし。

それでも私はどうやら植物と暮らすことを諦められない様で、気がつけば自分の好きな場所には植物がありました。

 

大きな植物は一緒に暮らす上ではきっと手におえない。

小さな植物と愛でる様に暮らして行くのが心地いいみたい。

 

 

②土のものと暮らす

私の食卓は器を語るには味気のないものではありますが、私の「土に癒しを感じる」部分を支えてくれているのは、陶芸が趣味の義父のおかげなのかもしれません。

 

選んでもらった花器はやっぱり好みのもので、色々手放してきた私ですが、こればっかりは大事に保管しています。

 

土があるとなんだか自分的にもしっくりくるんですよね。

 

 

③余白をめいいっぱい作り出す

やっぱり余白がある空間が好きな様で、ミニマリストの精神は続けたいんだと思います。

家族が増え、日々に追われてしまう私だけど、有り余るものと向き合い、少しでも減らしていく試行や、我が家なりのもののあり方を日々模索したい。

そこから生まれる余白はきっと自信にもつながっていく気がする。

 

 

④白で雑音を消す

1年以上前に書いたインテリアのベースは今でも変わりません。 

www.gu-gu-life.com

 

雑音を消してくれる白は我が家のベースカラーなのかもしれません。

「色を足す」というよりも「無色」という扱いかも。

 

HUNTER×HUNTERでいう「絶」の役割。

 

好きなものを一層引き立ててくれる色として活躍してもらいたい。

 

 

もっと自分の好きを集めて人に心から満足できる家にしたい 

おしゃれな建具があるわけでも

自慢できる様な収納スペースがあるわけでも

こだわり抜いた間取りでもないけれど

 

それでもこの先もずっと連れ添う我が家だから、もっと家の至る所を好きで埋め尽くしたい。

 

家の快適さはその機能面だけでなく、デザインでも大きく変わってくるものだから、心から満足できる家になる様に。

 

 

★関連記事

 

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com