gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

親が本が苦手でも子供は絵本が好き。5歳の娘が好きな絵本。

スポンサーリンク

絵本の生活に取り入れて早3年。

最近、ちょっと絵本の芽が伸びてきたように思います。

 

 

私、子供の頃、本が嫌いでした。

文字を見る、文字を読む、物語を頭の中でイメージする。

その一連の作業がひどく面倒で、極力本や絵本は避けて生きてきました。

 

そんな私に「本を読みなさい」と勧めてくれたのが、最初に勤めた会社の上司でした。

 

最初に勧められたのが当時爆売れし、小栗旬さんや水川あさみさんでドラマ化されたこちらの本でした。

 

そんな上司の甲斐もあって、仕事にかかわる本や自己啓発本等を読むようになり、現在では家事の本、暮らしの本、子育ての本等、自分の生活に不足するものを本から学ぶようになりました。

 

小説や専門外の本まではさすがに読みませんが、今では「本が好きだ」と言えるようになりました。

 

 

そんな母親に育てられたのが、わが家の子供たちです。

もともと本が嫌いで、文字を読むのが苦手な母親から産み落とされているので、当然、遺伝子的には絵本や本も苦手なのだろうと思っていました。

 

が。

どうやらわが家子たちは絵本が好きなようです。

 

 

絵本が生活に根づいて来たのは、長女が2歳の頃からでした。

それまでは読むことは読むけれど、まぁ手元にあれば遊びの1つとして読むかな、と言うくらい。

 

しかし私が2人目を妊娠して自宅で安静に過ごすことになった時、時間を持て余す私たちを助けてくれたのが絵本でした。

 

そのころから絵本をよく読むようになり、今では生活の一部として根付くようになりました。

 

 

絵本の芽が伸びてきた「絵本なら買ってもらえる」なんて言ってないのに、そう思っているようだ。

そう、長女が最近、図書館で借りた絵本を「お母さん、これ買っておいてくれる?」と言うようになりました。

 

おそらく、「お母さんは絵本なら買ってくれるんだ」と思っているのでしょう。

 

子供の選ぶ絵本はキャラクターに寄りすぎるので、極力選んであげたい部分もあって、直接「絵本ならなんでも買ってあげるよ」なんて言ったことはないのですが…。

 

 

どうやら絵本が子供たちの生活に根付いてきて、少しずつ芽が伸びてきたのかなと感じました。

 

 

ここからどんな花を咲かすのか、それとも花のない芽なのかは期待しない

保育士の親戚に言われた言葉があって、「絵本に成果を期待するとしんどいよ」と。

そうなの、そうなの。

絵本は好きだから続けているだけであって、目標を持ってそれに近づくためのプロセスではないと私も思っている。

 

強いて言えば親子のコミュニケーションツールの1つ。

 

だから、あまりこの先、子供たちがどんなふうに絵本を通じて成長していくのか、また成長しないのかはあまり期待しないことにします。

 

 

それでも、せっかく伸びた芽が枯れないように、水やりは続けたいな。

 

 

最近子供たちがハマっている絵本

物語がいい!というわけではないのですが、どうやらこのキャラクターは子供の心をつかむようです。

親としては「おいおいおいおい!」と突っ込みたくなる1冊です。

 

文字の位置に合わせた音で読むと、それだけで楽しい絵本。

2歳の長男が横でケラケラ笑って聞いています。

 

海外の絵本はイラストが日本のものとはまた違って鮮やかで繊細。

かわいいものが大好きな5歳の娘が毎晩「読んで読んで」と楽しみにしてくれています。 

親としては変わっていくドレスにも愛着を持って「大好き」と言ってくれる女の子が可愛らしい。

 

産まれた時のことははっきり覚えてないけど、周りのみんなが覚えているよ、と言うお話がとっても心にしみる。

愛情と言うものをこんなにも優しく表現できるなんて素敵だ。

3人目が生まれてから長女が気になる絵本の1つです。

 

表紙を見てすぐに分かった。

これはケチャップマンの人の絵本じゃないか!と。

シュールな内容のなぞなぞの絵本ですが、答えがわかっていても思い通りに進められる楽しさからか、何度も「読んで」と言われます。

早口言葉のところが私は好きです。

 

紹介しきれませんが、こんな感じで対象年齢や名作だけにとどまらず、ゆるりと絵本を選んでいます。

 

 

最近、絵本の記録を残すためにやっている楽天ROOM

以前は絵本ブログを立ち上げたり、ここで絵本のレビューをしたりしていたのですが、どうも自分なりにしっくりこなくて、楽天ROOMで絵本のレビューを載せるようにしました。

手軽でメモ書き程度にどんどんアップできる楽しさに、ちょっとハマっています。

f:id:gu-gu-life:20180516074013j:plain

 

次に読みたいと思う絵本があれば、ここに入れるようにして記録しています。

room.rakuten.co.jp

 

最近好きな絵本はここに多いです。

room.rakuten.co.jp

 

パンが好きなので、ついついパンの絵本は読みたくなっちゃったり。

room.rakuten.co.jp

 

等、色々と活用しつつ試行錯誤しながら、絵本の記録を残すようにしています。

 

 

 

今回のお買いものマラソンでも、何か1つ絵本を買い足したいなと思っているところです。

 

 

 

 

★関連記事

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com