gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

ホームベーカリーのシロカ/SHB-512で子供と一緒に遊び心のある食卓を。

スポンサーリンク

遡ること数年前。

親戚のお家を転々として義母の手元にやってきたものの、あまり使っていないと言う話を聞き、「是非とも」と譲ってもらったのが「siroca(SHB-512)」というホームベーカリーでした。

ちょうど1台目のホームベーカリーが壊れ、手放して間もない頃に、タイミング良くわが家にやってきてくれたので、なんとなく「ご縁」を感じています。

 

そんなホームベーカリーがわが家でフル稼働するようになったのは2018年の夏ごろからです。

出産を控え、「毎日の食パンは家で作り、スーパーに行く頻度を落とそう」と思ったのがきっかけです。

 

 

そのホームベーカリー。

出産を終え、自由にスーパーに行けるようになった今でも大活躍しております。

 

 

ピザ生地の作り置きをすれば子供と盛り付けをしてプチピザパーティ

f:id:gu-gu-life:20190103022654j:plain

材料を放り込み、メニューを合わせたら後はピザ生地が出来上がるのを待つだけです。

余分にできたピザ生地は冷凍保存しておくと、休日の朝ごはんがちょっと豪華になります。

 

【★★★】焼きとり缶×マヨ×チーズ×お好みソース

f:id:gu-gu-life:20190103022657j:plain

子供にはこれが一番好評でした。

お好みソースと焼き鳥のたれが合わないかも?と思いましたが、まったく違和感はありませんでした。

 

焼き鳥缶はこちらをストックしているので、炒飯やピザ、ちょっとしたおつまみに使っています。 

 

【★★】ピーマン×ハム×コーン×チーズ×ケチャップ

f:id:gu-gu-life:20190103022706j:plain

やっぱりベターなピザも嬉しいです。

2歳の長男にはものの見事にピーマンをどかされてしまいましたが、コーンがあることで子供たちの食いつきも良かったように思います。

 

 

【★】ブロッコリー×コーン×ハム×チーズ×ケチャップ

f:id:gu-gu-life:20190103022658j:plain

ブロッコリーのインパクトが大きく過ぎて、子供たちに不評でした。

私は好きなんだけど、やっぱり子供にも食べてほしいので、ブロッコリーはなしでもいいかな。

お肉やサラミがなくても、ハムや魚肉ソーセージなどで代用できる点がお家ピザのいいところですね。

 

 

発酵~焼き上げまでをフライパンで済ませるお焼き風あんパン

f:id:gu-gu-life:20190103023605j:plain

中のあんこにはこちらを使いました。

硬めのあんこジャムなので、パン生地で包む時にもたつかず、包みやすかったです。

 

1次発酵までをホームベーカリーがやってくれるので、成形したらフライパンにそのまま並べておき、蓋をして発酵させました。

f:id:gu-gu-life:20190103023607j:plain

発酵後はそのままフライパンで焼き上げたので、両面に焼き色がついたお焼きのようになりました。

 

かわえぇ…。

 

 

お正月にお餅をつく習わしを子供に見せてあげたくて作ったおもち

f:id:gu-gu-life:20190103024802j:plain

お正月は義実家に帰省するため、お節料理やお正月らしいご飯を私がふるまうことはないので、お餅を作りました。

 

もち米と水をホームベーカリーに入れて1時間20分ほどで出来上がり、ちょっと感動しました。

 

私が子供の頃は、朝から祖父母がペッタンペッタンお餅をついてくれて、母たちがそれをどんどん丸め、家の中からかき集めたお盆やお皿の上に、粉化粧したお餅が敷き詰められていました。

できたてのお餅はほっぺたがとろけ落ちたようにやわらかくて、もう1個もう1個と手を伸ばしていました。

 

私が初めて作るお餅は、母たちのように、うまく丸められなかったけど、何度も何度もやっていくうちに上達していければいいな。

 

 

シロカSHB-152、お値段の割には結構優秀です

私にとってホームベーカリーは2台目で、そのどちらも1万円を切る値段のものでした。

しかし、毎日の食卓を彩るには充分活躍してくれていると感じています。

 

食パンも、このシロカで作る食パンを知ってしまったら、スーパーのプライベートブランドの食パンでは味気なく感じるようになりました。

 

実家に3万円ほどのホームベーカリーがありますが、それと比べてしまえば、確かに見劣りはします。

それはメニューの多さ、出来栄えのパンの美味しさです。

やっぱり実家で作る食パンにはかなわない…涙!

 

ただ、騒音や片づけの手間など使う面では変わりはありません。

 

また、機能も多ければいいかと言われれば、そうではありません。

機能が多くても、それを活用できるかは使い手によるものです。

 

私も今回初めてピザやお餅を作り、改めてシロカの魅力を実感することができました。

それと同時に、今まで活用できなかった部分が多かったなと感じました。

 

毎日の食卓を支える相棒として、今後も活躍してもらいたいと思います。