gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

お金の輪を広げる。新年のお賽銭チャレンジ。

スポンサーリンク

つい数年前までの私のお賽銭は最大でも125円。

十二分にご縁がありますようにと願いを込めてお賽銭箱に放り込んでいました。 

 

しかし1年前の2018年の1月。

私の中のお金の価値観も少しずつ変わってきていました。

www.gu-gu-life.com

数年前は小銭すら握りしめて離さなかった私の両手はパンパンで次の一手を出すことすらできなかった。

そんな私からすると、去年のお賽銭は大きな一歩でした。

 

 

お賽銭チャレンジに挑みます

何故だか昨日に限って、私の小銭入れにはたくさんの小銭が入っていました。

でも数えたりましません。

 

神社に向かい、お賽銭箱の前で緊張する私。

そしてガッと小銭をつかみ、お賽銭箱にダンク!!!

 

あ~ドキドキした。

 

 

信仰心も徳もない私ですが

クリスマスにはチキンを食べ

お正月には神社に行く。

 

そんな信仰心もどこ吹く風の私ではありますが、やはり神社の前に立つとどこか神聖な気持ちになるようで、こんなことを願ってきました。

 

2018年は次男を授けて下さりありがとうございました。

トラブルこそありましたが、1年大病もなく元気で過ごすことができました。

2019年も良い年になりますよう精進してまいります。

 

まずは2018年の感謝の気持ちを。

そして2019年への抱負を述べてまいりました。

 

お賽銭を握りしめていたころの私は

「良いご縁がありますように」

「何かいいことがありますように」

とお願いしていました。

 

でもきっと他力本願では「いいこと」は起こらないのです。

 

だから「自分でその努力を積み重ねますよ、良かったら温かく見守ってくださいね。」の気持ちで拝んできました。

 

 

お金の輪は広がる

具体的な実例を話せるほど、お金に徳のある人間ではないのですが、ここ最近少しずつ私の中でつかみかけているものがあります。

 

それは

自分の懐から出ていくお金の先を広げていくことで、めぐりめぐって自分の懐にも「福」が膨らんでやってくるものなのだ。

と言うこと。

 

自分の半径50㎝のところでお金を回していた昔と、少しずつ半径を広げてきた今では、自分の人生観も少しずつ広がってきたように思います。

 

私が思う「お金の輪」はまさにこれなのでしょう。

 

少し前の私ではこんな行動を起こすなんて考えられませんでした。

www.gu-gu-life.com

 

そしてそうやって少しずつアクションを積み重ねてきた結果、今私の中での「買う」と言うスタンスがここまで象られてきました。

www.gu-gu-life.com

 

 

うん、悪くないよ、今の自分。

 

 

花が咲くのは100ある中の1つでいい

こんな立派なことを行動し考えれば、さぞかし立派な人生かと思われるでしょうが、そんなことはないのです。

ね?

人生そううまくは行かないですよ。

 

でも100個の種を植えたなら、1つでも花が咲けば万々歳なのかもしれない。

今はそんな風にも思っています。

 

100個チャレンジした中の1個でも、自分の人生における原石を見つけられたら、それだけで残りの99個も十分価値がある。

2018年ミニマル活動&gu-gu-lifeの総まとめ~5人家族で物と時間におぼれる我が家の歩み~ - gu-gu-life’s blog

 

ゴルバチョフさんではないけれど、収穫に立ち会えなくともできるだけ多くの種をまける花咲か爺さんになりたい。

 

今年はそんな1年になりますように。

 

 

中学生の頃大好きだったイラストレーターさん。

22~23歳の時にこんな言葉がかけるって改めて凄味を感じます。

 

 

★関連記事

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com