gu-gu-life

シンプルにスッキリ生きたいのに遠回り&迷子の日々を送る母のブログ

【無印】4.5畳の子供部屋。幼稚園児と未就園児が喧嘩が少なく遊びやすく片付けやすい収納と家具配置

がっちゃんです。

 

先日新しくした子ども部屋…上の子に喜んでモラタのはとっても良かったのですが、新しくなった遊び場に下の子も遊びに来ることで、揉め事も増えてしまいました。

そうだよね…遊びたいよね…

そこで、子どもたちの喧嘩が減るように、児童館などのキッズスペースを参考に、こんな感じで配置換えをしました。

4.5畳の子供部屋のイメージ図

 

 

さっそく模様替えをした様子がこちらです

真ん中にカラーボックスを3つ置き、左右で子供のおもちゃを振り分けています。

おままごとなど共同で遊べるおもちゃは2段のカラーボックスに配置しました。

子供のおもちゃ収納

ひとまず子供たちの様子を見るために、新しい家具は購入せずに、家にある収納を入れ替えたり、長女が使っていたカラーボックスを使っています。

 

こちらが2歳長男のおもちゃ収納です。

入口に近い方を2歳の長男の領域にしました。

子供のおもちゃ収納

そしてこちらが5歳長女のおもちゃ収納です。

入口から遠い方を5歳の長女の領域にしました。

子供のおもちゃ収納

 

長女のおもちゃは私が子供の頃に遊んでいたおもちゃがたくさんあるので、ちょっと多めです。

子供のおもちゃ収納

長女、いつぞやに作ったエルサの服が今でも気に入ってくれて、この日も1日中着ていました。

www.gu-gu-life.com

 

共同スペースはこちら

子供のおもちゃ収納

3年前に私が作ったカラーボックスのキッチンです。

こちらにおままごととパズルが入っています。

 

配置換えをして1週間

とっても遊びやすいようです!そして片付けやすいようです。

長女と長男のものでエリア分けしていることで、それぞれが遊びやすいようです。また長男のおもちゃが先に目がつく場所にあることで、長男が自分おもちゃのスペースで長くいることが増えたようです。

 

ちなみに…入り替えをした際に、かなりおもちゃも絞ったので、たくさんのおもちゃ?や工作物なども、子どもたちと相談の上、手放すことができました。

おもちゃの断捨離

意外と、カラーボックスの高さが今の子どもたちにはちょうど良いようで、それも遊びやすいと好評の理由の1つでした。

 

今後の希望

本来であれば、まだ子ども部屋が必要なタイミングではありませんが、今は子どもたちが家にいる時間も長いので、ゆっくり楽しく遊んでもらえたらと思って、空いた部屋を子ども部屋にチェンジさせました。

ゆくゆくはそれぞれの部屋として、自分で片付け、必要な生活習慣が身につくように、整えていければいいなと思います。

スポンサーリンク