gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

3人目の出産もまた里帰り出産はしない理由と対策

スポンサーリンク

gu-gu-life」のがっちゃんです。

4歳と2歳の2人育児に奮闘しながらも、現在第3子の妊娠9ヶ月です。

 

私の産院でも助産師さんとの出産時の打ち合わせがあり、そろそろバースプランの話も上がってきました。
www.gu-gu-life.com

 

今回の出産は里帰り出産はしない方向です。

 

✔︎実家&義実家が遠方で身内が近くにいない

✔︎3回目の出産

✔︎夫は平日勤務で私は専業主婦

✔︎長女は現在、幼稚園の年中さん

 

そんな我が家の「里帰り出産はしない」ことへの考えをまとめておきます。

 

 

里帰り出産をしない理由【1人目・2人目・3人目】

①1人目の子の決断理由

1人目の妊娠で感じたのは

「夫の近くで新生児期という一番大変な育児を経験しなかったら、夫は出産の大変さも育児の大変さも知らないまま父になるかもしれない」

という不安でした。

 

初めてできた夫婦二人の子供。

まずは親として二人で試行錯誤してみる道を選んでみました。

 

 

②2人目の子の決断理由

実家が共働きで、なんとなく頼りきれなかったからです。

 

実家が共働きでやってきたからこそ、今の自分の人生があるし、働き続けている両親に憧れてきました。

それを邪魔したくない、というのが本音です。

 

 

③3人目の子の決断理由

一番上の子(長女)の幼稚園の運動会シーズンだったからです。

 

里帰りすれば約1〜2ヶ月ほどになります。

私は楽をできるかもしれないけど、長女の初めての運動会をなんとか練習から本番までスムーズにサポートしたいと思ったからです。

 

我が家の子はとってもシャイな性格ですが、幼稚園に入ってから少しずつ成長してくれています。 

www.gu-gu-life.com

 

幼稚園児の親として初めて参加する運動会。 

私だって楽しみと緊張でドキドキしています。

 

 

これまでの「里帰り出産しなかった」時の過ごし方

近くに頼れる身内はいません。

夫が育休をとってくれたわけでもありません。

 

過酷な妊娠&出産を終えたら、すぐに育児生活のゴングは鳴っていました。

 

「もう後戻りはできない」

 

それが私の中にずっとありました。

 

 

①新生児期のタイムスケジュール(一人目)

8:00 起床・授乳・おむつ交換・娘の着替え・私の朝ごはん

10:00 授乳・おむつ交換・沐浴

12:00 授乳・おむつ交換・私のお昼ごはん

14:00 授乳・おむつ交換・夕飯準備・洗濯等の家事

17:00 授乳・おむつ交換・私のお風呂

18:00 授乳・おむつ交換・私の夕飯

19:00 娘寝かしつけ・授乳(夫が間に合う時はミルク)・おむつ交換

22:00 授乳

~日が変わって~

1:00 授乳・おむつ交換

4:00 授乳・おむつ交換

6:00 授乳・おむつ交換

 

※ざっくり書いていますが、寝れない夜も…だいたい夜は細切れ睡眠です。

※夫の夕飯や洗濯掃除はしていましたが、朝ごはんは「無理」と断っていました。

※夫が帰宅した時間や休みの日は極力ミルクで対応して、おむつ交換や寝かしつけ、着替え、沐浴等、夫にも育児に参加できる環境にしていました。

 

 

★ちなみに生後3ヶ月ほどでこんな感じです。

www.gu-gu-life.com

 

 

 

②頼ったもの・活用したもの

サバイバル新生児育児を乗り越えられたのも、やっぱり周りの助けや文明の利器があったからです。

 

・週末に買いだめをして、足りないものは夫に買ってきてもらう

・退院後1~2日は母が手伝いに来てくれた 

・ラインで愚痴る!!!

・子育てブログで癒される  

・楽天で新生児期から使える抱っこひもをゲットした

   

 

子育て期はお金がかかるので貯金をせねば!という思いから、あまりお金を使うことに前向きになれませんでした。

 

 

里帰り出産のよかったこと

①新生児育児を夫婦で共有できた

当初の思い通り、しっかりと新生児の可愛さを夫も堪能でき、おむつ交換や沐浴、お着替えなど、日常的なお世話を体験することができました。

 

②私のスケジュール重視で生活できた

他の人のスケジュールや生活音、育児論に振り回されず、自分と赤ちゃんのペースで生活ができた。

 

 

里帰り出産の辛かったこと

①孤独すぎた

泣くだけの我が子と、初めての密室生活は本当に辛かったです。

誰かが訪ねてきてくれると、大変さはあるもののの、話し相手がいるので、とても嬉しかったです。

 

②「里帰りは親孝行」という言葉が痛かった  

 ネットでえ見てしまったんですよね、これ。

 

 

「里帰り出産しない」方にしてほしいこと

 

だれかと気軽に連絡したり頼れる手段を用意しておくこと。

 

よく寝てくれる子だとしても、日中の孤独な環境は、お母さんの心をつぶしかねないです。

 

もしこれから里帰り出産をしない決断をする方がいるのであれば、旦那さん以外の誰かに頼れる術を用意しておけるといいのかな?

と、個人的には思っています。

 

 

 

 

★臨月までに済ませておきたいのは出産準備

www.gu-gu-life.com