gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

体調のまとめ(妊娠7カ月)後期づわり、里帰り、お腹の張り、出産への不安

スポンサーリンク

おはようございます。

ついに・・・

ついに3人目のマタニティライフも残すところ2ケタとなり、妊娠後期というカテゴリーに入りました。

 

憧れのブロガーさんも3人目をご出産されたとかで、実は最近、ちょっとそわそわしています。

f:id:gu-gu-life:20180521130224j:plain

 

後期つわり

妊娠7カ月と言えば、まだ妊娠中期で安定期とも言われる時期ですが、妊娠7カ月の中盤を過ぎたころから、物理的に胃が圧迫されている様な不快感を感じるようになりました。

 

初期のつわりのわけのわからない不快感とは違い、「これ以上食べると気持ち悪さが残る」と言う感じで、これはまた付き合い方の問題になりそうです。

 

特に昼ご飯を食べた後から夜までが辛いので、夜寝る時はシムス位で寝るようにしています。

ごろ寝マットを縦に丸めて抱きまくらの代わりにしています。

 

 

腰の痛み

娘の幼稚園の送り迎えの時、腰がミシシシと嘲笑ったように聞こえました。

いや、あれは悲鳴だったのでしょうか?

少しずつ出産に向けて骨盤が準備モードに入っているのか、腰の痛みを感じるようになりました。

特にかがんだ時には、股にいつも以上の重力がかかってきて、「おれ、ここにおるよ」と胎ちゃんが主張してくる。

 

 

足のむくみ

夕方になると足のだるさが強く出るようになりました。

さほどむくんでいるわけではないのと思うので、着圧ソックスを寝るまで履いています。

 私が使っているのはこちらの靴下タイプです。

もも側の端が履いているうちにクルンと丸まってしまうのですが…。

だるさにはかないません。

これを購入したのは、2人目の息子の産後でした。

私は2人目の息子の妊娠後期に尿路結石になりました。

産後にむくみを感じることが何度もあったので、循環器系が鈍ってるのかしら?と思い着用するようになりました。

 

寝る前にこの靴下を履くと、やっぱり多少スッキリします。

塩分も、控えよう…。

 

 

貧血、動悸 

日に日に症状が出てき始めました〜。

26週時点で、お腹の胎ちゃんが1000gちょっと。

これから3カ月で3倍もの大きさに成長し、さらには胎盤、羊水など必要なものもそれ相応に成長する時期。

 

そりゃあ血液内の成分が持っていかれるはずだわ。

 

これから暑い時期がやってくるので、幼稚園の送迎でフラッフラにならないよう、肉食獣へと変化しなくては…!

卵がいいのかしら…。

 

もし私が、本当にあのガッチャンなら、鉄くずが大好物で貧血とは無縁のはずなのに……無念。

 

 

お腹の張り

実は今までの妊娠で、お腹が張るという経験をほとんどしないまま出産を迎えていました。

おかげ様でか、子宮口全開でも赤ちゃんは降りてこず、分娩室で絶叫&悶絶。

 

助産師さんも「おかしいわね〜。経産婦さんなら、だいたいもう産まれてるのに〜」って、何度も確認してくれるけど、赤ちゃんの頭の位置が、いつ確認しても遠いらしい。

 

 

しかし、今回は日々の生活がいい運動になっているのでしょうか。

1日に3回程度、お腹の張りを感じています。

切迫早産の気配もなく、心配するほどではないので様子見です。

この運動が安産につながることを願っています・ω・ 

 

じゃなかったら、3回目の出産でも、遠慮なく絶叫しちゃうんだから…。クッ…。

 

 

胎動

相変わらずドンドコ舞な胎ちゃんです。

プクプクしたり、しゃっくりしたり、ジタバタしたり、母ちゃんより忙しいんじゃない?

胎児って、忙しいのね。

この時期はまだ動き回るスペースがあるようで、胎ちゃんはいつも、右腹側をに頭を起き、寝っ転がるようにして遊んでる…。

クルクルゴロンゴロンしてられるのも今のうちよっ…!

 

 

便秘

快調だった私の腸内環境も、胎ちゃんの成長により圧迫されて、動きが鈍ってきました。

下剤を使うと、お腹を下してしまい、その日の疲労感や脱力感が半端ないので、規則正しくあるために、オリゴ糖に頼ろうと思います。

どうも感覚としては腸内の善玉菌が劣勢な感じ。

注文後すぐに届き、さっそく摂っています。

甘みは少なく、味を邪魔しないので色んな飲み物に溶かして摂っています。

 

マグミットやラキソベロンを飲むりよかは、日常生活がかなり楽です。

 

 

出産への不安吐露

 

出産が日に日にリアルになる

正直ね、何回目の出産だって怖いものは怖いです。

陣痛の痛みで死ぬことはなくても、出産自体はいつだって命がけなわけで。

さらには理性が吹っ飛ぶほど痛いし…。

 

後期に入って出産が近づいてきたからか、出産レポ等をネットで読むようになりました。

 

毎回どんな人でも、何回目の出産でも、安心安全な出産なんてありゃしない。

ましてや痛みのない出産なんて…ブルブル。

早く出産という大仕事を成し遂げたい。

妊娠という不安定な時期を早送りしたい。

 

出産は怖い。

 

瞬きしている間に終わってほしい。

そして早く胎ちゃんに会いたい。

 

 

里帰りはしない。でも今回は母がいる。

今までは母の仕事が忙しくて、出産に関しては頼ることができずにいました。

しかし、母の仕事も、母が定年をこえてからは落ち着き、今回は入院から3~5日程手伝いに来てくれることになりました。

うまく休日に重なってくれると、もう少し孫とのんびりしてもらえるんだけど、そればかりは、いきあたりばったりですね(゚∀゚)

 

里帰り出産をしたことがない私を気遣って

「今まで手伝えなかったから、最後くらいは…!」

と母も今の仕事を休んで来てくれると言ってくれています。

私が母が仕事を続けてきたこと、管理職まで勤め上げたことを、子供として誇りに思っています。

家庭の面で人一倍苦労してきた母が夢にしていた職業を邪魔したくないと思ってしまいます。

 

だからこそ、今まで里帰りはしなかったし、できる限り実家のペースに合わせてきました。

 

しかし、母もまたどうしてたって母であり。

娘の出産を手伝えなかったことに、後ろめたさがあったようです。

 

仕事が一段落ついた今、母の思うように手伝ってもらいたいし、正直私達夫婦では限りがあるので、ここは存分に甘えたいなーと思っています。

 

 

が!!!問題はこっち。

夫は、私が退院すれば、それですべてが日常に戻ると思っているようです。

能天気な奴め。

これでも読みやがれってんだ。

産後だって、母は死にものぐるいで日々の生活に喰らいついてんだ…YO!

 

 

妊婦健診

胎ちゃん、順調に育っており、26週で1,000gちょっと。

成長曲線のど真ん中です。

 

切迫早産や前置胎盤の兆候も見られず、血液検査も貧血気味を除いては問題なし!

心なしか、担当の先生は(毎回選べるけどいつも同じ先生を指名してしまう)いつも淡々としてるけど、少しずつ打ち解けてくれてるのか、マスク越しにニコニコと笑う顔が見えるようになってきた。

 

ごめんね!先生。

妊婦としては今のところ順調な私かもしれないけど、出産の時は多分ものすこーーーく悪態ついちゃうよ!

先に誤っておく…。

ごめんなさい…!

 

 

そうそう。

今回の健診から娘が付き添ってくれる事になりました。

今までは夫が休みの日に子どもたちを預けて受診をしていましたが、試しに娘を誘ったら、すんなり付いて来てくれました。

ランチにくら寿司に誘ったら、どうもそれが気に入ったようで、以降の健診もくら寿司込で付き合ってくれるとか…。

 

くら寿司なら麺類もあるし、私も楽しめる♪

二人目の妊婦健診の時は、当時2歳の娘を連れて行くのは毎回スリリングでしたが、4歳となった今は割と気楽にしていられます。

成長したなぁ…。

 

息子よ。

夫との男子会を思う存分楽しんでくれたまえ。

 

 

 

さてはて。

ヒーコラヒーコラ言いながら淡々粛々と毎日を過ごしてきた妊娠7ヶ月目。

これからさらなるヒーコラ生活が待っているわけですが、座禅でも組んで悟りと骨盤を開くか…←おい

 

 

いや、まぁ。

のらりくらりと過ごしていきたいです♪

 

 

★関連記事

www.gu-gu-life.com

あなたの経験が必ず「どこかで」生きてくる。

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com