gu-gu-life’s blog

2才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

【ラン活】2020年度入学の娘のランドセル選び~資料請求と行き詰まり感~

スポンサーリンク

ラン活を始めるため、年度はズレますが、少しずつ2019年度版の資料を請求し始めました。

 

その中で気がついたこと、勉強になったことを今日はご紹介したいと思います。

 

あくまでも意識低めのラン活なので、「当たり前!」と思うこと多々かと思います。

「そんなことも知らなかったのか~!」と笑ってお許しください笑

f:id:gu-gu-life:20180521132618j:plain

 

 

資料請求した会社

f:id:gu-gu-life:20180522172203j:plain

写真は送っていただいた資料の一部です。

 

ざっくりですが「ランドセル 資料請求」で検索して表示された会社から請求しました。

(最寄りのところは実物を見がてらもらってきました。)

 

私でもちらっと名前のきくメーカーさんがわらわらと出てきました。

 

ネット上で情報を見比べるというのがとっても苦手なもので、紙媒体で見比べないとどうしても頭に入ってこないアナログ人間です。

資料を送っていただいた会社様、お手数をおかけいたしました。

 

土屋鞄

池田屋

セイバン

HAKURA(羽倉)

フジタ

株式会社シブヤ

平和堂

フィットちゃん

ニトリ

 

他にも現在、何社か請求中です。

 

 

資料請求から学んだこと、考えたこと

①想像以上にランドセルはお高い!「とりあえず」で買おうとすると5万はかかる(私調べ)

3人きょうだいになる予定のわが家。

これからランドセルにかけるお金は3人で10万円に収めるべく、1人3万円で!

と予算だてていました。

 

しかし送っていただいた資料を見る限り、おしゃれで少し高めと言われる「工房系」でなくても5万円そこそこ。

 

夫と「何とな~く買おうと思っていたら、多分、我が家の予算内には収まりきらなかったね」と資料を見ながら話しました。

 

 

②実物を見たくても見れない場所が多い!

私が暮らす地域はとっても田舎。

展示会や店舗を見学しようにも、なかなか出向く距離ではなかったりしました。

 

「実物(ランドセル&会社&スタッフ)を見てから買いたい」と思う私にとっては、この時点で諦める会社もいくつか出てきました。

 

 

③資料請求がすでに終了している会社もあった

私が資料請求したのは5月中ごろ。

そのころには2019年度のランドセル予約の受付を締め切っている会社もあり、自ずと資料請求も終わっている会社も・・・。

どこの会社か忘れてしまいました・・・ごめんなさい

 

「あれ?来年、春からゆっくり動いてて…。もし『これ!』と決めていたランドセルがあったら、私、買えなかったんじゃ…」

と少し焦りました。

 

いつぞやの就職活動のように、徐々に速まりを見せるラン活。

正直、今までは他人事でしたが、ここにきて少しリアルさを感じました。

 

 

④セイバンさんの「ラン活応援BOOK」がラン活初心者には分かりやすい!

実際、ラン活を始めると言っても、正直どこからどうはじめていいかわからない。

 

色々資料請求をしてみたところ、セイバンさんの資料の中に入っていた「ラン活応援BOOK」が私にはわかりやすかったです。

 

こちらから、その一部が確認できます。

はじめてのランドセル選び|ランドセル【天使のはね】セイバン

 

実際に頂いた冊子には、上記サイトよりもう少し細かく書かれており、今までの購入傾向(購入場所、時期、購入相場価格、選ばれる色や素材、等)、「何から手を付けていいかわからない!」と言う方には、ぴったりかなと思います。

 

一度、資料請求をしてみるだけでも、とっても勉強になるのではないかと思います。

 

 

⑤素材見本も頂けるのでラン活ビギナーズには助かる!

こちらは羽倉さんの素材見本。

f:id:gu-gu-life:20180522172431j:plain

 

こちらは池田屋さんの素材見本。

f:id:gu-gu-life:20180522172442j:plain

素材?って・・・。

と最初は思っていました。

 

調べているとクラリーノ、牛革と言うのがよく出てくるではありませんか・・・。

でもね~。

正直、ラン活ビギナーズには何のことかさっぱり。

 

しかし、会社によっては資料を頂き素材見本が頂けることで、その違いを触って見て確認することができます。

おそらく展示会などで実物を見るには敵わないのでしょうが、展示会場や店舗が遠方だったり、タイミングが合わない場合は、こういった部分でカバーできるのではないかと思いました。

 

最近よく聞く素材についてはこの辺が分かりやすかったです。

セイバンさんのサイトは分かりやすい・・・!

 ⇒人工皮革と天然皮革ってどう違う?知っておきたいランドセルの素材のこと| ためになる!ランドセル広場|【天使のはね】セイバン

 

 

最後に

今後はゆっくりと時間をかけて展示会や店舗へ行って、実物を見たりする作業になってくるかなと思います。

 

通常であれば購入の年の5~6月の2カ月間が実物チェックの時期と言われていますが、わが家の場合は、ここから2019年5月くらいまで猶予があるので、気持ちも少しゆっくり。

 

頂いた資料や調べたサイトの情報をもとに、見学に行ってお気に入りのランドセルを見つけられたらいいな~と思います。

 

 

★関連記事

わが家のラン活は家族会議から始まりました!