gu-gu-life’s blog

2才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

「50点家事~めまぐるしい毎日でも暮らしが回る~」・・・サチさん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

少し前までエキサイトブログのインテリアカテゴリでは、常に1位2位にランクインしていたIEbiyoriのサチさん。

 

3人のお子さんを持ちながらも、単身赴任の旦那さんを支え、整理収納アドバイザーとして活動され、さらには現在ライブドアで公式ブロガーとしても人気が高い・・・。

 

ここまで激務なのに、ブログに出てくる写真1つ1つが素敵センスの塊で、家事(特にお弁当やご飯記事)も彩り豊かで食卓も華やか。

 

さらに言えば、収納も使いやすそうで見た目もきれい。

 

 

そんなサチさんにあこがれる方も多いはず・・・。

 

それなのに「50点家事」とはどういうこと?

f:id:gu-gu-life:20180518144653j:plain

 

ブログのファンと言うことはもちろんですが、そんな思いにかられて、予約して購入しました。

 

今日はその読書記録です。

 

 

私が目指したい育児「家事で育児をする」の実践

サチさんのお母さんは家事が得意だったそうで、サチさんは家事の手間を知らずに育ったそうです。

「家事はいつの間にか誰かがやってくれるもの」だったとか。

 

だからこそ「家事の手間を体験させることで、自分のことは自分できるようになり『共生の力』を身に付けたい」と考えているようです。

 

それをサチさんの言葉ではグリム童話の「小人の靴屋」にたとえていたところがとっても印象的。

 

 

わが家ももうすぐ3人きょうだいとなり、私は3人の子供のお母ちゃんになる(予定)です。

正直言って、ここから数年は3人の成長も生活もバラバラ。

 

1人1人に手をかけて育ててやることや、甘えさせてやれる自信は全くないのです。

 

 

そして、男であれ女であれ「自分のことは自分でできるようになってほしい」と心から願っています。

特に息子諸君には、旅行先で「お母さん、俺の着替えどこ?歯ブラシは?」とか言うような大人になって欲しくはないのです。

 

 

★関連記事

私が大事にしている子育て論は両親から受け継いだもの。 

 

 そう、そしてわが家でも4歳の娘と1歳の息子に「自分のことは自分で」を実践できるように伝えているところです。

 

 

4歳の娘。幼稚園の仕度&片づけは1人で。

「1人できるための工夫」は収納や時間管理、声かけ等でサポートが必要になりますが、「忘れ物も経験のうち」として1人でやってもらうようにしています。

 

その中でも今娘ががんばっているのが「金曜日の上靴洗い」

f:id:gu-gu-life:20180517125343j:plain

衣類は洗濯機が、食器は食洗機がやってくれますが、上靴を洗うのはこの先10年近く手洗いになります。

今からでも早くはないと思い、洗い方を伝えました。

現在では金曜日に帰宅すると、1人で洗って庭に干しています。

 

 

1歳の息子は「自分の荷物は自分で持つ」

4歳の娘が1歳の誕生日を迎えた時、私たち夫婦からはリュックをプレゼントしました。

歩けるようになって以来、娘は自分の荷物は自分で持つようになりました。

 

 

正直、幼稚園になって、毎日の荷物の多さにびっくりしました。

娘は荷物を持ち歩いたり、管理することに慣れていたこともあって、何食わぬ顔で重そうなリュックを準備して背負って登園しています。

 

これを見て、ちゃんと息子にも「荷物は自分で準備して持つ習慣をつけなくては!」と思いました。

最初はオムツとおしりふき、ハンカチからはじめ・・・。

もう少し成長したらおやつやお茶も持ってもらおうと思います。

 

ちなみに息子のリュックはこちら。

 

 

サチさんは「洗濯物は各人で畳む・しまう」「ゴミは集めずに持ってくる」等を実践されているようです。

 

 

楽家事の実践「作る手間をまとめる」

よく、家事を楽にするために「作り置き」や「常備菜」等のレシピ本が出版されていますね。

 

前日の残り物を食べることはしても、事前に何品も作っておくというのが、私にはどうも合わないようです。

 

しかし「使う量より多めに下ごしらえだけ済ませてストックしておく」というのはたまにやっています。

小さなことですが、ミニトマトを洗いヘタをとっておいたり、キャベツの千切りを多めに切って置いたり。

f:id:gu-gu-life:20180518150024j:plain

 

そんなことが、悩ましい夕飯の献立のヒントになったり、時短につながったりします。

 

この本を読んで以来、もう少し踏み込んで実践するようになりました。

 

 

お弁当は3人分作って何度も炊事しない

ほぼ毎朝、幼稚園に通う娘のためにお弁当を作っています。

f:id:gu-gu-life:20180517131632j:plain

ついでに私と息子の分も作って置きます。

 

★関連記事

お弁当記録はこちらにまとめています。

食-ごはんについて カテゴリーの記事一覧 - gu-gu-life’s blog

 

 

時間があれば、開いたコンロで野菜を蒸したり、とりハムを作ったり、野菜を切って置いたりと、夕飯の1品を作っています。

 

3人分作るのと1人分作るのでは、そこまで手間は変わりません。

何度も何度も炊事場に立たなくていいよう、まとめて作ることで、おひるごはんの場所も迷わず、時間もとりません。

 

息子にとってはカリスマ的存在の姉。

そんな姉と一緒のお弁当と言うことで喜んで食べてくれます。

 

お昼を過ぎてしまうお出かけの時にも、お弁当を持っていけば、ちょっとしたピクニック♪

 

更に夕飯の献立にもとっかかりをつくっておけば、夕方の自分へ少し励ましになります。

 

 

そうか、50点の謎はここにあったんだ!

当初は「こんなに素敵な家事ができるのに50点なんて謙遜だわ。世の中の50点、100点は私が考えているよりももっと高嶺の花だと言うことなのかな!?」と斜めに捉えていました。

 

しかし読んでみると…

 

サチさんのブログに出てくる「憧れるような豊かな食卓やたくましい子育て、センスある生活」は、サチさんが100点分を獲得するのかける労力の半分でやっているんだよ、と言うことだったんですね。

 

この本には、そんな秘訣や考え方がたくさん載っていました。

 

今まで収納やインテリアが注目されてきたIEbiyoriのサチさん。

実際に収納に関する本も出版されるほど。もちろんこっちも読みました…!

 

ほぼ毎日更新され、目の保養にも、収納の学びも、子育てのホッコリした気持ちにもさせてくれる「IEbiyori」。

そんなサチさんが出版された「50点家事~めまぐるしい毎日でも暮らしが回る~」。

 

現在楽天では手に入りづらい状態が続いてるようですが、機会があればお手にとってご覧いただきたい本でした。

 

 

★関連記事

 お母さんとして暖かい印象を与えてくれる1冊でした。