gu-gu-life’s blog

3児の母が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

4歳娘、雨の日の執念の東京ディズニーリゾートデビュー

スポンサーリンク

先日。

 

娘が東京ディズニーランド&シーに私の両親と行ってきました。

 

娘にとっては初となるディズニー。

・・・がしかし、当日は大雨予報。

 

残念。かと思いきや、なんとか晴れ間を見せてくれ、無事に楽しめる事ができたようです・・・ホッ!!

 

 

ディズニー旅行決行の裏側

私はあまりテーマパークが得意ではなく、ディズニーは高校生の頃行ったっきりで、シーはテレビで見た事しかありません。

 

で。

 

そんな家族環境で育った我が娘が何故にディズニーに行くきっかけになったかと言えば、私の両親のごり押しでした。

 

昨年末に母が友人とディズニー、両親でユニバーサルに行ったのがとても楽しかったようで、孫を是非連れて行きたいと話すようになりました。

 

調べてみると、アナ雪のパレードがやっているとな・・・。

「行くなら今しかないじゃない!!私たちもいつまで元気でいられるか分からないのよ」

と、母の気持ちに押され、ディズニー旅行の話があれよあれよと決まりました。

 ⇒観たい!|東京ディズニーランド「アナとエルサのフローズンファンタジー」|東京ディズニーリゾート

※旅行の日程が決まった時、私はまだ妊婦ではありませんでしたが、両親と話し合い、1歳息子は私とお留守番になりました。

 

 

ディズニーについての下調べ

母も「行きたい!」と名乗りを上げたものの、小さい子供を連れて行った記憶はもう30年ほど前の事。

孫とのディズニー旅行を充実させるため、ガイドブックを購入していました。

 

見比べたわけではありませんのでどれが良いか定かではないですが、我が家はこちらを購入。

どちらかというと乳幼児向けな印象でした。

 

 

一方、娘も気持ちを準備。

プリキュアに浸食されていた気持ちを、アナ雪にリセットするため、新しく出たアナ雪の絵本を購入し、毎晩読み聞かせ。

【アナと雪の女王】全巻揃えたディズニーゴールド絵本 - gu-gu-life-ehon-log

 

 

いざ、ディズニー

予報は大雨。朝方は警報も出てたなぁ。

傘と雨合羽を準備していたものの、なんとも軽装な感じで両親と娘は出発。

 

しかし、あれよあれよという間に雨雲は北上し、昼からは曇り予報。

 

娘たちがディズニーランドに到着した時には小雨になっていたようです。

 

そしてご所望のパレードも最前列で何度も見る事が出来たみたいです。

午前中にあこがれのエルサにご対面。

f:id:gu-gu-life:20180312090403j:plain

 

アナ雪の祭り男、オラフも。

f:id:gu-gu-life:20180312090404j:plain

 

娘ここでまさかの一言。

「いつも見てるエルサと違うね」←おい

 

母はアナ雪のパレードを一緒に見る事が出来て、感動して涙が出そうだったそうです。

 

 

ランド内はアナ雪の装いになっていたようで、各所で写真を撮って送ってくれました。

f:id:gu-gu-life:20180312090406j:plain

下にちょこんと映っているのが娘です。

ヘアゴムもばっちりアナ雪で行きました。

 

平日の大雨予報の日に行った事もあり、ランド内はとっても空いており、乗り物にもたくさんのれ、夜のシンデレラ城に映し出されるショーも見れたようで、大満足だったようです。

 

 

二日目にはシーに行ったようです。

f:id:gu-gu-life:20180312091019j:plain

f:id:gu-gu-life:20180312091041j:plain

 

何か色々行った見たようですが・・・

休日の人の多さと、知らないキャラクターが多かったようで、母は「見所がいまいちわからなかった」と言っていました。

うちの母はディズニーピクサーの映画をほとんど見ていない…。

 

まぁまぁ、それは個人的な母の感想で、ディズニーシーだってきっと夢の世界なんでしょう(*_*;

 

そして。

一方娘は…2日間、朝早くから夜遅くまで歩きっぱなしでテンションあがりっぱなしでしたが、一度も「疲れた」と言わなかったようです。

むしろ、父がトイレ休憩をしたり、ニコチンロスでそわそわしたりと厄介だったとか・・・w

 

 

最後に

今回心残りだったのは、事前準備で「これをお土産にしたい!」と決めていたエルサの人形がすでに売り切れ(生産も終了)で買う事が出来なかったこと。

 

こればかりは仕方がないですね(>_<)

 

 

今度いけるのはいつになるかは分からない夢の国ですが、娘にとっては大きな思い出になったようです。

 

帰宅後、夢から覚めない娘は、数日経った今でもディズニーの事を楽しそうに話します。

 

連れて行ってくれた両親にも感謝です。