gu-gu-life’s blog

2才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

コルクのジョイントマットを使って2年目突入!掃除記録と再レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

わが家では2人目の息子が生れて以来、コルクタイプのジョイントマットをリビング全面に敷いていました。

 

過去2回ほどレビューを書いていますが、最近年末の掃除をして思うことがあったので、使用後2年目にして再レビューしてみます。

 

https://www.instagram.com/p/Bc6NCfzA9ym/

わが家はコルクタイプのジョイントマットです。全面に敷いてるから掃除がちょっと大変。掃除し終わった後は、とにかく満足感です。#コルクマット #ジョイントマット #ジョイントマット問題 #年末掃除

 

インスタ(地味~に)やっています!ちょこちょこ更新中です。

 

 

 

 

1.そもそもなぜジョイントマットを購入したのか?

f:id:gu-gu-life:20171225065327j:plain

①吹き抜けタイプのリビングで寒く、冷っとしたくないから

どこかスッと風が抜ける様な寒さがあって、どうしたものかとずっとリビングの防寒対策に翻弄されています。

リビングにある吹き抜けは冬場はふさいでいますが、やはり窓やほかの部屋から漏れてくるつめたい空気が床を這うようにやってきて、身にしみます。

 

冬はコタツを使っていますが、ラグやコタツ布団を敷いていても底冷えして、家事をしている中、敷いてない部分に行くと冷っとしていました。

f:id:gu-gu-life:20171222053352j:plain


 

わが家はリビングの滞在時間が多いので、全面に「冷っとしない対策」が欲しい!っと思っていました。

 

 

②2人目の息子、ハイハイ期

2人目の息子が生まれたのが2016年6月。

冬にはズリバイ、ハイハイ期を迎えます。

 

1人目の娘の時は季節が真逆だったので、さほど心配はありませんでしたが、真冬のつめたいリビングの床の上を、かわいい息子がズリズリ、ハイハイ・・・。

 

考えただけでも、ちょっと気の毒な気がしていました。

 

 

③使いこなせない床暖

わが家は2013年に一戸建てを購入しています。

えぇ。

ご察しの通り床暖は付いております。

 

しかし私が使い慣れていないことと、床暖のコスト面が経済的に不安なことがあって、なかなかうまく使いこなせていません。

 

基本はコタツとエアコンの暖房機能で冬場をしのいでいます。

 

 

2.実際購入して変わったか?

変わりました。

冬場の冷っと問題は大きく解消されました。

 

①どこに行っても冷っとしない

わが家が購入したのがこちらです。

コルクタイプで45センチの大判タイプ。

中には60センチの超大判タイプもあるようですね。

 

木目調や通常のジョイントマットと悩みましたが、コルクが触った時に一番冷っとしないんじゃないか?と期待してコルクタイプにしました。

 

木目調、今になってちょっと憧れています…

 

少し厚みがあるため、床の底冷えするような冷たさ、他の部屋のドアから来る冷気、ラグのないところが冷っとするといった寒さはかなり解消されました。

 

正直言って、快適です!

 

 

②子供が2人になって目も手も負えなくなった

本当は2人目の息子のズリバイ・ハイハイ期の寒さを心配していたのですが、それはもちろんのことそれ以上によかったのは「安心」を手に入れれたこと。

 

2人目の息子がまーこれがやんちゃやんちゃで動くんです。

 

現在1歳半ですが、とにかく姉に憧れがあり、同じことがしたい息子は、1人目の娘に比べて無茶もするし、行動範囲も広い。

またそれゆえに、どんどん色んな事が出来るようになってしまうんです・・・。

嬉しいことなんですけどね。

と言っもやっぱり4歳の娘と同じようにいかず、悔し泣きをしています。

 

そんなやんちゃで活発な息子に、ダメな母は手も目も追い付いていません。

 

コルクマットを敷いていて心からよかったと思っています。

もちろん過信してはいけませんが・・・

 

 

3.でも掃除は大変!そして久しぶりのコルクマットの下は・・・

コルクマットの下の床掃除以外はとっても毎日が楽なんです。

 

コルクマットの上から掃除機をかけるだけでOKで

食べこぼしもささっと拭ける。

コタツを使っていますが、夜寝る時にコタツ布団を天板にあげておくと換気できるので、湿気も貯まりにくいようです。

 

ほんと、毎日楽で温かくて、とっても重宝しています。

 

でも、半年に1度、床掃除をするようにしていますが、その時はいつも「うげっ」となります。

 

f:id:gu-gu-life:20171222053543j:plain

 

①コルクマット全部をはずして戻すのが大変!

 

なぜかというと

 

コルクマットの膨張

日がたつにつれ、膨らんで少し変形したりします。そこで同じ場所にジョイントできないと、少しずつその膨張がずれになって、最後のほう、うまくパズルがハマらないことも・・・。

 

リビング全面に敷いた故に枚数が多い

ほんと、目に見えて枚数が多いとそれなりに大変です。

 

部分的にカットして使っているので場所合わせが面倒

端っこはリビングの形やサイズに合うようにカットしています。

それがざざ~っとマットをはずして掃除して、いざ戻そうとすると

「はて?こりゃどこの部分だ?」となったりする(←うっかり過ぎる)

 

 

②床の下が結構・・・いや、かなり汚れている

ここから閲覧注意です。

 

お食事中の方、ゴミが出てきますので、気になる方はここでストップするか、またあとでご覧下さい。

 

↓↓↓

 

床のゴミ

f:id:gu-gu-life:20171221042554j:plain

 

コルクマット裏のゴミ

f:id:gu-gu-life:20171221042556j:plain

 

前回掃除したのが夏ごろなので、ちょうど半年ぶり。

半年でも結構ごみやほこりが溜まります。

 

「天然素材のコルク」「EVAで安全素材」「超低アレルゲン」といくらよい品質であっても、実際使ってメンテナンスするとなると、やっぱりマット下の掃除が必要になってきます。

 

しかし週1、月1、で掃除できればいいですが、正直難しい・・・。

そこで結局半年に1回やればいい方になってくる・・・。

 

で、このありさま。

この辺は、掃除のまめさと見えない部分への許容範囲をどこでバランスをとるかになってくると思います。

正直、このありさまを見ると、毎回「今度買う時は違うタイプで」と思えてしまう私です(←じゃあ掃除して)

 

 

その大きな原因はたぶん私のいい加減さも1つだと思います。

ここです。

f:id:gu-gu-life:20171221043320j:plain

まっすぐカットできなかった部分から埃がどんどん入り込んでいきます。

もちろん、ジョイント式なので、ジョイントの部分や、端っこのパーツとなる部分からも入り込んでいると思われます。

 

 

③戻した後で気が付く劣化や膨張

使用日数がたつと膨らんだりして変形するよ~

と前述しましたが、それ以外にも日焼けももちろんします。

 

半年でこの違いです。左上が窓側に置いていたモノです。

f:id:gu-gu-life:20171221043254j:plain

 

離れてみると右側にうっすら白くなっていたり。

f:id:gu-gu-life:20171221043256j:plain

 

それだけ、床の日焼けを防いでくれていたんだと感謝しています。

 

なので、コルクマットを戻す時は、極力マットを循環させるようにしています。

 

 

4.もし買い換えるならリピの可能性は??

ハーフ&ハーフです!

 

f:id:gu-gu-life:20171225065417j:plain

まずはあと3年はこのコルクマットを使用したいです。

 

子供たちの食べこぼしが落ち着いてから、次にわが家のリビング合うテイストを選んでいきたいと思います。

 

というのも、わが家は「青」「白」「茶」の3色でインテリを構成できるように現在整えています。

 

その理由はこちら。

 

わが家の3大カラーと「もっと心地いい暮らし」 - gu-gu-life’s blog

 

さらに座卓が基本の生活です。

なので、もう少し和室によった印象のインテリアのほうがしっくりくるような気がしています。

 

この辺をいつもいいな~♡と見つめています。

 

 

 

▽▼▽

3児のママブロガーのももふみさんも過去に愛用されていたそうです。

www.mamagra.com

 

 

▽▼▽

コルクタイプのジョイントマット 過去のレビューはこちらでも紹介しています。

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

 

 

 

 

座談会企画は本日最終日!是非ご覧ください!

www.ringo-time.com