gu-gu-life’s blog

2才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

お年玉袋の準備。ぽち袋と千円札は余分目に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

皆さんお年玉事情、いかがでしょうか?(ざっくり)

 

私個人としては、お年玉はまぁ小学生か幼稚園の年長さんくらいでいいのかな?とゆるく考えていました。

でもね。

 

やっぱりお年玉って、一家庭のことだけではないので、子供たちがまだ幼い今ですが、準備しとかなきゃなって思っています。

 

www.instagram.com

 

 

 

1.お年玉は私にとっての玉手箱

私、お年玉、大好きでした。

 

特に小さい頃って金額の問題じゃなくって、やっぱりぽち袋に並々ならぬあこがれがあって・・・。

ちょっと渋いおじさんだとティッシュにくるんで渡してくれるんですが、それもまた大人って感じでなんだか嬉しかったです。

 

あの小さな包みはやっぱり私にとっては玉手箱(うちはその場では中は開けれなかった)。

 

すぐにお母さんがカバンにしまっちゃうんだけど、それでも親戚の人たちはみんな優しくて、直接私に手渡ししてくれました。

 

「大事に使えや~」とか言って。

 

親戚中で一番小さい私にも、いとこたちと同じようにしてもらえたことが、とっても嬉しかったです。

 

 

2.お年玉事情はすぐにやってきた

もうそれは結婚した初めてのお正月の時でした。

 

夫の親戚は、新婚当時の私には数え切れないほど多く、また甥っ子姪っ子も把握しきれないほど多かったです。

 

私は自分の親戚の中で一番小さく、今までそういった大人の優しさを受ける一方だったので、夫の家でお正月を過ごして、初めて自分より小さな子たちと過ごしました。

 

少し前は他人の子供といっても、まぁや~~っぱりかわいいもんですよ。

しかしうっかりそんなことも準備できていなかったので、トイレで大慌てでぽち袋にお金を入れて、夫に渡してもらいました。

 

ぽち袋は幸い、別の用途で持ってきていたので、とりあえず新米嫁の面目を保てて、一安心とともに、脇汗がにじむほど焦ったのを覚えています。

f:id:gu-gu-life:20171222055925j:plain

おそらく義両親にはばれちゃってるね笑

 

自分の従姉なら「あは~。ごっめ~ん♡」で済むところ、初めての夫の実家で過ごすお正月ですからね。

初々しいもんです。

 

 

3.今となっては慣れたもんです、と言ってみる

親戚と一言で言っても、父親側、母親側と色々あって・・・。

 

とりあえず大人になって実感したのが

 

「ポチ袋と千円札は多めに持って正月を過ごす」ということでした。

 

さすがに小銭はたくさん持ち歩けないので、とりあえず千円。

甥っ子姪っ子の年齢を見て金額を調整。

 

そんな感じです。

 

お嫁に行くと、自分の親戚事情と違うことなんて多々あります。

 

お年玉を催促する親はさすがにいません。

しかし、お年玉を期待するキラキラした子供の目はやっぱり素直で可愛いです。

「お返しが大変」と財布事情が嘆いても、そこはお互いさまで、みんなで親戚の子供たちを育てている感覚なのでしょう。

遠方でいつもは大事にしてやれないけれど、お正月くらいは喜ばせてあげたいなって。

きっとお互いそんな感じなんだと思います。

 

 

そして以下、来年の私に向けて書いています。

いいか、私よ。

 

ぽち袋と千円札。

ちゃんと準備しておいてね。

あなたのためにも。

 

 

さて。

ここから少し再告知です。

 

いよいよ明日。

いよいよ明日、座談会企画を行います。

 

手始めにまずは私。

勢いをつかせてください。

皆さんの力を貸してくださいっ!(選挙かっ)(いや、選挙ではない)

 

そして面白いなと思ったら、明日はスミちゃんのブログに遊びに行ってみてください。

できたらまた明日、そのまた明日。

 

と、読んでいただけたら幸いです。 

 

 

ではまた明日!

スポンサーリンク