gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

幼稚園入園準備②鞄に荷物が溜まりがちな娘。荷物の可視化と動線の確保

スポンサーリンク

3歳1歳の2人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

子どもたちとお出かけする時には、できる限り自分の荷物は自分で持ってもらうように心掛けています。

下の子は1歳過ぎたところでまだ難しいですが、そろそろ4歳になる上の子には、リュックを持たせ、準備や片づけも一緒に行っています。

 

しかし、ちょっと気を抜くと、どうしてもリュックの中が荷物でいっぱいになってしまいます。

f:id:gu-gu-life:20171016081821j:plain

そこで、荷物の中身が可視化できるように工夫をしてみました。

 

 

子どもの帰宅後の持ち物を可視化する方法

 

「何を準備して」

「何を持って帰ってきたか」

 

これを可視化するために、こちらを作りました。

f:id:gu-gu-life:20171016073850j:plain

写真の荷物は今の幼稚園の広場や児童館へ行く時の荷物です。

 

トヨタ式に倣って、パッと見てわかるようにしました。

 

ここの上にリュックの中の荷物を出していけば、必要なものが分かり、かつ不要なものがあぶり出されます。

 

子どもが扱うものなので、分かりやすいようにイラストを添え、黄色のクリアファイルを使っています。

 

 

 

わが家の娘は、ハンカチを洗濯に出さず、何枚も溜めこんでしまう習性があります。

まずはそこが改善されるようになってほしいのが私の願いです。

 

 

加えて動線上に荷物置き場を作る

 わが家では床置きゼロのために、玄関までの廊下や玄関に収納を固めています。

www.gu-gu-life.com

 

この方法で、すっかり荷物動線がよくなったのは事実です。

 

しかし、娘の物はもう少し目も手も届く場所でサポートしつつ覚えてもらえたらと思っています。

 

 

そこでリビングの出入り口の近くに、カラーボックスで娘の棚を作りました。

f:id:gu-gu-life:20171016053633j:plain

 

こちらの2段タイプです。

 

上段に先ほどのカゴを設置しています。

 

下段には娘のおもちゃを入れています。

 

帰宅時の動線は

玄関:ヘルメットを片づける

洗面所:手洗い

リビング:荷物を片づける

 

出発児の動線は

リビング:荷物を準備する

玄関:ヘルメットをかぶる

 

 の流れを考えています。

 

色々やってもらっている物の、まだ3歳の娘。

サポートもしつつ、ゆっくり幼稚園入園に向けてサポートしていければいいなと思います。

 

 

★合わせて読みたい入園準備の記事

振り返って「やってよかった!」と思えるのがこちらです。 

www.gu-gu-life.com