gu-gu-life

3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

【節約】家計を表すのは冷蔵庫だけじゃない!クローゼットで見る家計の乱れ

スポンサーリンク

3歳0歳の2人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

家計の中で大きな出費は何ですか?

食費ですか?

 

意外と、衣類費にもお金がかかっているという方も、多いのではないでしょうか。

 

 

冷蔵庫の中身を見れば、やりくり上手かわかるなんてよく聞きますが、クローゼットも同じようなことが言えるのかなと思います。

 

 

 

ぎゅうぎゅうづめのクローゼットを見ても「今日着る服がない」と嘆く 

独身時代の私はミニマリストとはほど遠く、出勤スタイルがどうであれ、たくさんの服に囲まれて生活をしていました。

収納も備え付けの物では足りず、収納ケースを購入してなんとか詰めている状態でした。

 

今考えると、あの頃は「あ~もう時間ないのに、今日何着よう~!?」とバタバタしていました。

 

同時に、貯金もほとんどできていませんでした。

 

f:id:gu-gu-life:20170511062308j:plain

 

▼私が服を減らそうと思ったきっかけの1冊。 

 

▼子供服目線でレビューしています 

www.gu-gu-life.com

 

 

 

服費がかさむ独身時代

そんな独身時代は、1か月のやりくりなどとはほど遠い生活をしており、外食や洋服代にかけるお金も今の倍以上だったと思います。

 

何にそんなにかけていたのだろう?とふと思い返すと・・・

 

①ストッキングや靴下

何かあるごとにやたら買っていたような気がします。毎日要るものだからと、ストック用にいくつも。

今は枚数を決めているので、それほど買っていません。

 

 

②通販で買う洋服

洋服は通販で買うスタイルでした。今もユニクロ以外では通販で買うことも多いです。でも、通販で買うと現金感覚が緩むので、色違いで買ってみたり、送料合わせで買ったりして、不要なものまで買ってしまったりします。

 

 

③衝動買いの洋服

つい立ち寄ったお店で「安かったから」買ってみたり。

どこかへ買い物に出かけたら「せっかく来たのだから」と買ってしまったり。

 

 

④管理不十分による似たような洋服買い

似たような洋服を買ってしまうことが多かったです。

人の好みはそんなに大きく変わらないですもんね。

あるのに「無い」と思って買ってしまったり、同じような服ばかり買ってしまうことで、合わせる服が足りず着て行く物がなかったりしていました。

 

▼現在は衣類を写真で撮影して管理しています。

www.gu-gu-life.com

 

 

⑤大義名分のつもりで買った衣類

転職するたびに変わる仕事着。

スーツの時もあれば、事務服の時もあるし、私服の時もあった。

 

でもすべての時期において

「スーツの合わせが必要だから、洋服代がかかって仕方ない」

「毎日制服で飽きちゃうから、私服でストレス発散」

「私服出勤だから服がたくさん必要」

と理由をこじつけて、結局いつも服を買っていました。

 

 

⑥ストレス発散のはけ口

仕事のストレスを買い物で発散してしまっていました。

これは自分の中のバランスをとるという意味では、ある意味仕方がないのかもしれませんが、ちょっとそれに偏っていたのかなと今では反省しています。

 

 

⑦安くなると思って買った2着目

よくあるじゃないですか・・・

「2着目は1000円オフ!」

「2着ご購入で10%オフ!!」

とか。

あんな誘い文句でついうっかり買っていました。 

 

 ▼これを辞めて一軍クローゼットを目指しています

www.gu-gu-life.com

 

 

 

こんなんじゃ、水が出しっぱなしの水道代のように、洋服代がかさんでしまいますね。

 

 

クローゼットが整ってから、オシャレも楽しい。家計もまとまった。

クローゼットの中身を整え、自分にとっての適正な枚数を心がけるようになってから、無駄な買い物も減り、好きな洋服が選びやすくなったので、オシャレも楽しくなりました。

 

今では1か月3コーデで着まわしています。

f:id:gu-gu-life:20191027231100j:plain

こんな感じでコーデ記事書いています

 

 

いつもお気に入りの服装で出掛けることができ

無駄な衣類を買うことが減りました。

 

 

▼クローゼット収納には無印良品のPPケースを使っています 

www.gu-gu-life.com

 

 

私の場合、厳密に年間や月間で洋服代をいくらとは決めていませんが、独身時代に洋服代がアホみたいにかかっていたあのころを思うと・・・

今はだいぶまともになったなって、自分をほめてやりたいです♪

 

 

これ、核心。