gu-gu-life

*ぐぅぐぅらいふ*3児の母が物や家事に追われる生活とさよならすべく奮闘中

忙しい朝でもスムーズな出発のために未就園児の靴の数と子供用の下駄箱スペース

スポンサーリンク

3歳0歳の2人育児に奮闘中の「gu-gu-life(グーグーライフ)」のがっちゃんです。

 

 

わが家の3歳の長女は、1歳半ごろから何でも自分でやりたい意欲がすごく高い子でした。

しかし、小さな子供であるゆえに、「やりたい!」と思っていても上手にできないことも多く…。

さらには遊び始めて前に進まないなんてことも…。

f:id:gu-gu-life:20191022050547j:plain


 

特に忙しい朝の出発時には、親としてはその葛藤が面倒だったりもします…。

 

なんとかスムーズに出発準備ができるようにと、わがやでは靴の管理方法に少し工夫を施しています。

 

 

 

子供の靴の数は少数精鋭。忙しい朝にもう迷わせない。

f:id:gu-gu-life:20170213230412j:plain

 

未就園児の頃は、靴は以下の3足と決めていました。

 

その理由は、朝の靴選びで子供を迷わせないようにするためです。

 

たくさんの靴があればある程、あれもこれも出して、毎朝玄関でファッションショーなんてこともあり得るわが家の長女…。

 

女の子用の靴はかわいいものが多く誘惑も強いのですが、とにかく出発時に子供を惑わせないよう、以下の3足で絞っています。

 

・スニーカー

・長靴

・シーズン用の靴(ブーツORサンダル)

 

毎日出かけているので、スニーカーは2足いるかな? とも思いましたが、洗濯機で脱水して乾かせば、翌朝には乾いているので、未就園時の時期はスニーカーは1速でも大丈夫でした。

 

 

★追記:2019年7月1日

幼稚園の年長さんになり、スニーカーが1足増え、現在は4足で回しています。

 

★子供のものに関しては「服」も同じです 

www.gu-gu-life.com

 


 

 

子供がとりだしやすい下駄箱の工夫

自分でなんでも選びたい、やりたがる年頃なのか、我が家の長女は2歳くらいから靴を自分で選びたがります。

 

そこで、下駄箱の一番低いスペースを子供達用に開放しています。

 

長男の靴も増えたので、100均の板でプチDIYしています。

www.gu-gu-life.com

 

子供たちの手が届きやすい所に置くことで、出発時にスムーズに靴までたどり着けるようにないました。

 

 

ちょっとしたことで、子供の生活はぐっと楽になる 

 

①子供の靴を最小限に抑え、選択肢を減らす

②子供の手の届く所に物を置いてやる

 

大人が楽だなと感じる収納や物の管理方法は、子供のものこそ大きく威力を発揮してくれることがあります。

 

特に他に気が散ってしまったり、上手に靴を履けなかったりするこの幼少期。

それでも「自分でやりたい!」と思う意欲を摘まないためにも、ちょっとした工夫を積み重ねていきたいです。

 

 

下駄箱の収納が小さい場合は、こういったアイテムを使っても便利ですね。

 

 

 

★関連記事

 幼稚園時になった長女が自分で身支度できるよう衣類収納を作りました。

www.gu-gu-life.com