gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

大量の人参!消費がてら食卓に彩りを加えてみました!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大量ににんじんをゲットしまして、毎日の料理に少しずつ加えていくことになりました。

f:id:gu-gu-life:20171224201812j:plain

 

にんじん料理は得意ではないのでお見苦しい点が多々ありますが、あ~だこ~だと試行錯誤で日々の料理にとりいれてみました。

 

 

 

1.きんぴら

まずはオーソドックスにしょうゆとお砂糖で味付け。

最後に後まであえておしまい!

f:id:gu-gu-life:20171224164739j:plain

子供受けを狙ってハムを入れてみました。

子供の評価はまずますでした。

4歳娘はかろうじて盛られた分は食べきって、1歳息子はおかわり。

好みが違う子供たちね~・・・。

 

 

2.中華風炒め

鶏がらスープのもととニンニクを少し入れました。

最後にすりごまで和えました。

f:id:gu-gu-life:20171224164910j:plain

こちらも子供受けを狙ってかまぼこを入れました。

4歳娘はきんぴらよりこのんでてべてるけど、おかわりほどではない。

1歳息子は3回おかわり。

よかろう、よかろう・・・。

 

 

3.牛丼

年に1~2回しか買わない牛肉。

存分に使えればいいのですが、ここはにんじんでかさ増しです。

f:id:gu-gu-life:20171224164917j:plain

しょうゆ、砂糖、お酒で味付け。

 

はい、盛り付けが雑~!!

f:id:gu-gu-life:20171224164918j:plain

でもいいんだ・・・

4歳娘も、1歳息子にも大好評で、二人ともお変わり!

母ちゃん、嬉しいです!!

 

 

4.ツナでじっくり弱火で煮たやつ

もはや料理名が何者でもない。

 

白菜、にんじん、ツナ缶に和風のだしのもとを振りかけて低温でゆっくり火を通したやつ。

和風のだしのもとじゃなくても塩のほうが良かったかも。

火加減に失敗し、途中水足し。

f:id:gu-gu-life:20171224164920j:plain

 

こんな感じ。

f:id:gu-gu-life:20171224164921j:plain

夫はポン酢につけて食べました。

白菜と豚肉のミルフィーユ的なもの(決してミルフィーユにはしないが…)が夫が大好きなので、ツナで代用してちょくちょくやっています。

 

人参も入れても行けるんじゃない!?と思って入れました。

 

「THE野菜料理」はわが家では子供受けはいまいちですね~。

 

 

5.イカにんじん

2年前にケンミンショーで見た福島の郷土料理だそうです。

もう少し北に上がると、松前漬になるとかならないとか。

詳しいことはウィキってください。

 ⇒いかにんじん - Wikipedia

f:id:gu-gu-life:20171225180111j:plain

 

色々家庭によって使う材料や味付けもあるそうですが・・・私はエセ関西人。

 

ということでいつも駄菓子のソーメンするめいかを使って作っています。

いい塩梅で、カットする手間も省けます。

 

が、しかし近所のコンビニやスーパーでなぜかソーメンするめいかが売っていなくて、今回はこちらを使いました。

f:id:gu-gu-life:20171225180113j:plain

もう半分カットしている・・・。

 

ほんと、塩分高めなので気をつけてほしいですが、美味しいんです!

 

 

6.ミートローフの飾り

nya222.hatenablog.com

なりこさんの記事を見てたら、私も作りたくなってしまったミートローフ(人生初!)

 

飾りににんじんをと思ってのせてみたのね。

f:id:gu-gu-life:20171225181404j:plain

 

カットしたら最悪だった。

f:id:gu-gu-life:20171225181406j:plain

バラッバラ・・・。

 

こんなこともある。


でも人生初のミートローフは美味しかったので良かった!


ちなみに野菜をお花の型で抜いたのも、人生初。

色々チャレンジして、学んでいこう・・・。


 

最後に

にんじんっていいですよね。

料理をしている時に、火が通った時に潤った感じの鮮やかなオレンジに変わる瞬間。

それを見るのが好きです。

 

にんじん、家庭菜園では失敗しちゃったけど、また育ててみたいなって思います!